公開: 2020/12/28 17:10 更新: 2020/12/28 23:03
icon 連載
注目の商品・サービス
【GogoJungle AWARD2020】EA部門 / 投資ナビ、サロン部門 / インジケーター部門発表!

2020年GogoJungleアワード決定!

各部門において優秀な成績 / 販売実績を収めたタイトルを発表し、「 GogoJungle AWARD 2020」受賞者の皆様の商品アイコン及び
出品者ページにAward獲得の称号(バッジ)を表示させていただきます。






【EA部門】

<2020年 Best Selling EA TOP5 > 


EA名 販売本数 収益額 収益率
1 Premia_Scal_USDJPY_M1 839 211,620円 16.54%
2 NEKONEKO 2 673 1195700円 85%
3 Walkure_01 350 251,580円 13.39%
4 BreakingFX 331 324,267円 21.98%
5 ロンギヌス EURCHF 317 104,624円 42.25%


1位は朝スキャ複数ポジションEAの「Premia_Scal_USDJPY_M1」でした。
後半調子を崩すも、マイナスとはならず約21万円の利益で2020年を終えそうです。
NEKONEKO2は1ポジで1000Pips以上獲得しており、収益率の高さが目立ちました。

ロンギヌスEURCHFは発売から3ヶ月ですが、販売数5位に入賞です。マーチン系ながら取引回数の多さと収益率の高さから人気に火がついたEAです。今後も期待のEAです。


<収益率 TOP10>※ナンピンマーチンを除く


EA名 収益率 最大ポジション数 収益額 期間中最大DD リスク・リターン率
1 Swing_Max_EURAUD
142% 3 613,129 139,000 4.4
2 AMA_EURUSD
89% 9 55,397 6,794 8.2
3 Power_Scal
89% 1 66,767 11,589 5.8
4 Morning_M15_USDJPY

86% 1 664,176 151,200 4.4
5 NEKONEKO 2

85% 1 1,195,700 488,800 2.4
6 YumokinVOL_DayTrade
84% 1 237,311 69,762 3.4
7 虎視眈々FX(GBP/JPY)
82% 3 221,909 49,452 4.5
8 ロンドンは午前7時
77% 1 59,574 10,582 5.6
9

スーパーIchimoku *USD/JPY*

75% 6 242,410 36,200 6.7
10

ユーティリティ・プレーヤー

74% 1 548,235 152,500 3.6


ナンピンマーチンEAを除くと、ポジション数の少ないEAがやはり収益率の高い傾向となりました。
そんな中、2位の「AMA_EURUSD」は9ポジション同時保有するにもかかわらず、年間収益率89%と高く、また、含み益を多く抱えるEAということで異彩を放っています。


<1ポジ獲得Pipsランキング TOP5>

(※獲得Pipsランキングでは、獲得Pipsが最大DDを上回っているEAのみを対象としています。)

EA名 獲得Pips 収益額 期間中最大DD 収益率 リスク・リターン率
1 EA_MakeV7-trend-51(AUDJPY)
2050 205,050 30000 50% 6.8
2 YumokinVOL_DayTrade
1200 235,406 69000 86% 3.4
3 NEKONEKO 2
1190 1,193,600 488000 85% 2.4
4 tagosaku mom USDJPY 1180 118,650 19000 69% 6.2
5

梓弓_USDJPY

1137 117,150 17,000 90% 6.9
番外編 ボイジャーX JPY 
4,891 127,860 40,008 40% 3.2

証拠金の計算も簡単なので人気のある1ポジEAですが、なんと1位はEA_MakeV7-trend-51(AUDJPY)で年間2050pipsも獲得していました。
収益率ランキングや収益額ランキングでは上位に出てこないので隠れていましたが、リスク・リターン率もよく、GBPJPYで大きなトレンドが出てロジックにマッチした年でした。

また、YumokinVOL_DayTradeは同時保有は1ポジですが、0.1、0.2と倍がけでトレードをするタイプのEAになります。そのおかげで、獲得金額が大きくなっています。
4位、5位のtagosaku mom USDJPY梓弓_USDJPY はリスク・リターン率の高さが素晴らしいですね。

番外編としてボイジャーXJPYを挙げていますが、3通貨ペアでロットを可変にしつつ取引を行うEAです。

3通貨ペアとはいえ、年間獲得Pipsが4800pips超えなのは見事としかいいようがありません。



インジケーター・電子書籍部門 

インジケーターランキング(全価格帯)

順位 商品名
1 MT4 チャート検証用インジケーター【ShiftChart】
2 MT4ラインオートコピー+ChangeObject
3 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケータ
4 ReviewCandleChart for MT4 トリセツ&ライセンスキー
5 MT5ShiftChart


インジケーター部門では「Shift Chart」がダントツの1位を獲得しました。複数チャートを同期させて過去検証が行えるツールなのですが、
3位以外はどれもチャート検証に使うツールが上位を占めました。

FXを始めた人が、過去検証やチャート分析を重視している傾向とも取れますね。


インジケーターランキング(5000円以上)

順位 商品名
1 今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター
2 MT4プライスアクションインジケーター「Candle-Priceaction」待望のローソク足検知ツール
3 天底ナナパタFX
4 【異国のベスト平均足】
5 MT4インジケーター「SwingHL-mesen」
6 MT4『RCIパーフェクト』インジケーターという手法|矢印サイン・メール・アラート・MAフィルター・誰でも簡単カスタマイズ
7 MT4 ダウ理論トレンドモニター
8 SyncSyncSync
9 ハーモニックパターンMT4インジケーター!「Harmonic Analytics」裁量型PRZ分析ツール
10 RCIとの組み合わせで威力を発揮するインジケーター【BODSOR・mBDSR】


さて5000円以上のインジケーターに絞ってみると、サインが出るタイプのインジケーターが人気となりました。

「今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター」は、販売開始は2017年ですが、販売開始3年目でも1位を獲得するという圧倒的な人気ぶりを見せつけてくれました。

その他、「プライスアクション」「ハーモニックパターン」「ダウ理論」「RCI」といったワードが人気の的となりました。

初心者から一歩進んで、さらに優位性を手法に求めようという方から支持を得ました。


<高評価レビューランキング>

1位:【世界初!】MT4連動ポイント&フィギュア(ポイントアンドフィギュア)(P&F)チャート自動作成ツール(ソフト)



2位:FX原理原則



3位:ProEX





高評価レビューは学習系コンテンツの他、ツール系が上位を占めました。

費用対効果が良いと思われるものが、高評価になるポイントでもあります。


投資サロン・サロン部門 


順位 商品名
1 荒野浩の『テクニカル・ルームから』
2 江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー        
1 おしりトレーダーの極み
2 ULTRA EA cafe


投資サロンは助言を含むメールマガジンです。日々専門家の市場分析が送られて来ますので、トレードの根拠を後押しする心の支えとしている方も多いのではないでしょうか。

1位は荒野浩先生の「荒野浩の『テクニカル・ルームから』」で、毎週配信される動画コンテンツでも多くの視聴者さんから支持を得られています。

2位の江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー    は江守哲先生の日本一長いとも言われるグローバル・マクロによる市場分析メールマガジンです。とにかく情報が多く、これを毎日読んでいれば世界経済のことは凡そ網羅できるでしょう。


サロンは投資助言資格のないメールマガジンですが、個人投資家であるおしりトレーダーさんの人気がそのまま販売数の高さに結びついたサロンです。
ULTRA EA cafeはEA運用ノウハウが詰まったサロンで、オリジナルEAやGogoJungleの人気EAが月額で利用できるのも人気の所以です。



投資ナビ部門 



順位 商品名
1 マネーアップ
2 ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート
3 クリプトシグナル:どうやら暗号通貨マーケットが本気出してきた        



1位はFX攻略.comの「マネーアップ」でした。

圧倒的なコンテンツ量の多さを誇り、トレーダーインタビューや手法紹介などがあります。
お目当てのコンテンツがあれば、月額980円なので気軽に買えるのも魅力です。

2位はえれさんの「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」で、ライントレード分析に加えてファンダメンタル分析も学べるのが人気の理由となっています。

3位は今年再び投資業界で賑わいを見せた仮想通貨の銘柄ウォッチ記事です。2016年から続く老舗コンテンツでもあり、業界に精通したトレストさんが運営されています。



2020年はコロナに始まり、米大統領選、英国Brexit問題などもあり波乱の年でしたね。

GogoJungleにある優秀なコンテンツ、自動売買を活用して、2021年のトレード収益アップにお役立てくだされば幸いです。




Written By Tera Gogojungle Marketing.

×
コメント
この記事の作者