This website requires JavaScript.
クリプトシグナル:どうやら仮想通貨マーケットが本気出してきた
トレスト
仮想通貨トレードが熱すぎる!3年後にどれだけ大きな市場に成長しているのか!?モリモリと着実に活気を帯びてきている仮想通貨マーケット。FXトレーダーの視点から仮想通貨トレードで勝てる策を掘り起こしていきます。 ビットコインやイーサリアムなど主要通貨ペアからNEMなど注目度が高い通貨ペアまで、メイン通貨20銘柄の売買シグナルやテクニカルチャート解説。海外発の仮想通貨の和訳情報なども織り交ぜてお届けします!配信本数:10本~/月 ※1…購読終了しなければ。 ※本連載に掲載の本文(購入者さまのみ閲覧可能部分)の無断転載及び引用は一切禁止させていただきます。 ※売買の方法やツールの利用方法、ICOの参加方法など個別のサポートは行っておりません。 ※過去記事の一部は一定期間経過後に非表示にする場合があります。 ※補足情報や追記情報などはTwitterで配信することありますのでフォローしてください。@TrendStream
[和訳]「価格のことは忘れましょう。イーサリアムの普及は急速に進んでいます。」~ジョセフ・ルービン氏
ほとんどあらゆる分野で、世界最大のスマートコントラクト・ブロックチェーンプロトコルであるイーサリアムは、急速に成長しているように感じます。 イーサリアムの共同開発者で、ニューヨークに拠点を置く1000人の開発者を抱えるブロックチェーンソフトウェア開発スタジオであるConsenSysの創業者ジョセフ・ルービン氏は次のように言います。
2018年12月16日 00:23公開
[和訳]ロシアのマーケットプレイスでは暗号通貨による価格表示で販売が可能
ユーザーが商品やサービスを暗号通貨で価格を設定して売買することのできる、新しいロシアのオンラインマーケットプレイスがここ数か月で急速に拡大しています。Mentalmarketのウェブサイトは「暗号通貨産業」から「不動産」にいたるまで、10以上のカテゴリーに数多くの広告を出してきました。
2018年12月13日 11:04公開
財団選挙結果が迫るNEM(XEM)相場、ジリジリと快方に向かってるんですが…:仮想通貨チャートウォッチング
NEM財団選挙結果を14日に控え、XEM相場の方はだいぶ良くなってるんですがさてどうなるか。ちょっとお診察してみますよ。
2018年12月11日 14:14公開
[和訳]ブロックチェーンは重要な技術、しかしビットコインは避けるべきポンジスキーム
イスラエル前首相のイェフ・バラク氏は、ブロックチェーンを重要な技術として称賛する一方で、ビットコインは避けるべきポンジスキームであると考えています。 1999年から2001年まで首相を務めたバラク氏は、イスラエルのアビブで開催されたGlobes Most Promising Startupsというイベントにおいて、上記のコメントをしました。 バラク氏は最近、医療用大麻の会社InterCure Ltdに投資を行い、同社の役員となっています。彼は、医療用大麻はビットコインと同様にバブルではないか、と問われた際に「そうではない」と返答しました。
2018年12月10日 12:00公開
第43回「移動平均線は語る?その2」暗号通貨投資家・トレーダーに寄せた、初心者からのテクニカル分析講座
2018年12月9日 17:50公開
[和訳]次の大きな暗号通貨市場とは?スウェーデンでは現金が急速に減少
New York Timesの報道によれば、スウェーデンの小売店の半数が、同国では2025年の終わりまでに現金の受け入れが停止されると予想しています。 リクスバンク、つまりスウェーデン国立銀行はe-kronaと呼ばれるデジタル通貨をすでに試験しています。スウェーデンにおける現金の使用機会の減少は、潜在的な暗号通貨市場の開拓につながるのでしょうか?
2018年12月9日 13:41公開
第42回「移動平均線は語る?その1」暗号通貨投資家・トレーダーに寄せた、初心者からのテクニカル分析講座
2018年12月5日 23:27公開
[和訳]IoT…分散化の未来
私たちは技術主導の世界に生きており、ブロックチェーン技術、人工知能、デジタルツイン、IoT(モノのインターネット)などの革新的な技術が日々世界を変革し続けています。 この記事では、私たちは賛否両論のあるIoT技術について扱っていきます。IoTが誕生してからしばらくたちますが、最近では、IoTがいかにして様々な産業に革命をもたらすかについて、メディアで議論されることが多くなっています。
2018年12月4日 14:17公開
[和訳]ブロックチェーン上にデジタルツインを作成することで、いかにしてブランドが保護されるか?
企業やブランドが常に抱いている最大の懸念の一つは、自社製品の偽造に関するものです。あらゆる場所でテクノロジーに容易にアクセスできるため、レプリカを作成して、それを本物として販売することも簡単です。 そのため、正当なブランドはビジネス機会を奪われ、その過程でブランドの評判も傷つけられてしまいます。デジタルツインの作成は、そうした懸念事項に対する解決策となるかもしれません。 デジタルツインとは、そのまま「デジタルの双子」を意味します。 フィジカル空間の情報をIoTなどを活用して、ほぼリアルタイムでサイバー空間に送り、サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現します。 このサイバー空間上に
2018年12月3日 00:03公開
[和訳]自分の身は自分で守ろう!オンライン上でどうやってデータを保護すればいいのか
インターネットはショッピングといった何気ない日々の活動から投票などのより高度なものまで、私たちの生活のあらゆる分野に革命をもたらしました。多くの必要不可欠な要素がインターネットに依存しており、オンライン上に保存しているあらゆるデータを保護する必要性があります。 そして、そうしたデータの保護は多くの企業、組織、一般の人々にとって大きな悩みの種となっています。2018年のCyberthreat Defenseのレポートによると、2018年には77%の組織が一度もしくは複数回、サイバー攻撃の被害にあっているとのことです。 そうした攻撃に対抗するためには、常に改善を行い、脅威を把握しておく必
2018年11月30日 10:04公開