banners-1
血液型:- │ 職業:- │ 投資スタイル:デイトレード │ 投資歴:1年以上3年未満 │ 投資額:-

(旧ユーザー名:LandscapeGoat) プロフィール画像のナマモノと思考回路が大体一緒の人。 できるだけ社会と関わり合いにならないような方法で収入を得られたらという思いからFXをしています。 最近は自動売買に夢中。

たまごめしさんのレビュー
相場観のある玄人向け
2016年初めの爆益を見て、値上げが実行される直前の8月頃に購入して運用を始めたEAでしたが完全に高値を掴んだ感じです。私が運用を始めた頃から見事に崩れ始めました。ちなみに開発者はEAが崩れ始めた10月~2月までこのEAを停止していたそうです。この開発者の考え方は基本は裁量でEAは補助的な意味合いに見えるので、私みたいな完全EA任せの運用には適さないEAだと思いました。よく見たらスプ25で約10年のバックテストでリスクリワードが10前後なので特段良いリワード率ではないんですね。 このEAは短期の爆発期間の他は長期で横ばい、あるいは微損失を繰り返すEAなのでトレンド発生を読めてこまめにEAをONOFFできる裁量経験者にしかおすすめしにくいEAだと感じました。とにかく初心者向きじゃない感じ。 もしこれから運用しようという方、もしくは運用を続けようという方は開発者のメルマガでEAの稼働時期や停止時期を教えてくれるのでそれらを守ったほうがいい感じです。 あと、確定足でのエントリーのようですがエグジットも足確定なんですかね?他の足確定のEAと比べてブローカー間の差異が大きいのが気になります。それともmt4に保存してあるヒストリー数の影響もあるのかな?
浮き沈みの激しい超ポジポジEA
RSIが下あるいは上に来たときに逆張りでポジションを積み重ね、RSIが反対になったときに一斉決済をひたすら繰り返すEAです。EURUSDも同時稼働でAxioryECNでの2016年8月から運用で今現在までの利益は2800pipsほどです。 スプレッド耐性がほとんど無く、スプ10でもちょっと苦しくなり、15ではほとんど利益は残りません。正直海外ECN口座ではギリギリです。 初期設定では最大20までロットを増加させながらナンピンするEAなのでボラの低いレンジ相場ではすごい勢いで利益を積み重ねますが、ちょっとしたトレンドが発生すると非常に大きなDDが発生します。 そのためトレンドフォローEAとポートフォリオを組むといいかもしれません。 常に取引を続けているので回復は早い方です。私はaddを0にしてナンピンのみの最低ロットで動かしています。これでも日によっては2000pips強のドローダウンが発生することがしばしあります。 さらにEURUSDとは綺麗な負の相関性があるので、できれば同時稼働したほうが成績はより安定します。 (2017年現在の成績ではUSDJPYよりもEURUSDで稼働させたほうがいいです。) 以上をひっくるめて上級者向けのEAですね。面白いEAではありますがかなり扱いづらいEAです。
逃げましたね。
レビューの都合上星をつけなければならないため1つ星をつけていますが、本当は一つの星も付けたくありません。 過去のコミュニティーで1年程度をめどにパターンファイルの更新を行う旨が書かれていたので12月の頭にメッセージを送ったのですが、1ヶ月以上たった今でも返信が来ていません。過去のコミュニティのやり取りで疲れたのかもしれませんが、他人に安くはない金を支払わせている以上最低限の対応はしてもらいたいと思っていました。 今思えばこのEAが出てきたあたりから1分足で動くEAが増えたように思います。開発者の数も増えて活発になることはいいことなのですが同時に責任を取らない開発者も増えたように思います。こういったネット上の販売者は自分のアカウントやメールアドレス、ブログなどを捨ててしまえば容易に雲隠れできてしまうので、結局泣きを見るのはいつも購入者なんですよね。今後はもう少しモラルを持った開発者が増えてくれることを願います。 結局某アフィリエイターが叫んでいた○○EAと呼ぶにふさわしい結末となってしまいました…。 いや、○○なのはEA自体ではなく、開発者の精神なのかもしれません…。 p.s. コミュニティーでとあるアフィリエイターが募っていた龍神様EA強化計画は、アフィリエイターが消えて頓挫いたしました。私は追加口座で参加したので問題ありませんが、あのアフィリエイター経由でA○○ORY口座を開設した人はご愁傷様という他ありません。(A○○ORYはIB乗り換えを一切認めていないので、追加口座でキャッシュバックサイトから開設してもキャッシュバックは不可能です。)
2017年9月以降のサポートは無し
多くの朝スキャに多い極端な高勝率で稼ぐのではなく、勝率をある程度犠牲にして大きく取れるときな取るように作られている朝スキャです。TPSLが同数値でドカンと負けることもありますがドカンと勝つこともあり、コツコツドカンが苦手な方にも扱いやすい朝スキャだと思いました。また、ポジションを取ってもお昼前には強制決済するので長く含み損を抱えていることもありません。更にエントリーと決済を15分足の始値のみで判断しているように感じるので、バックテストとの乖離も少ないです。今年の中盤からは勢いが失速してしまいましたが、最近はまた勢いを取り戻しているようにも見えるので、今後も活躍を期待しております。 9月追記 メルマガで2017年9月以降の販売・サポートを打ち切る旨が通知されました。 fxonでの販売は暫く続けるようですが、肝心のサポートは無くなります。 元からかなりおざなりな対応の開発者でしたが、9月以降は質問にも答えてくれるのか疑問になります。 現在通貨・ロット数限定の格安バージョンが販売されており、成績も好調ですが購入を考えている方はよく考えて購入するようにしてください。 今は低価格でサポートも充実しているEAが多いので、終了間近のこのEAを選ばなくてもいいかもしれません。
フォワードと同じようにはなりません
TickでエントリーするEAの宿命なのか、fxonフォワードと同じような成績にはなりません。 相場の暴騰・暴落に反応して過度にエントリーすることも多く、6月のEU離脱や7月末の日銀関係の暴落では1分間に3~5回もエントリーと決済を連続して行っていました。こちらのフォワードでは7月29日の暴落で大幅にプラスとなっていますが、当方が運用しているAxioryECN口座ではこの日は大幅なマイナスとなっています。 相場のちょっとした動きにも過敏に反応してエントリーするので、fxonフォワードと比べて売買数が多く、無駄なエントリーが増えている印象を受けます。 このEAに限らず、TickでエントリーするスキャルピングEAは、実際の相場では通用しにくいものがほとんどです。 また、バックテストでちょっとスプレッドを増やしただけで大幅に成績が悪くなるEAも多く、 特にfxonのスキャルピングEAは手数料なしでスプレッド1.0pip以下の国内業者での利用を想定したものがほとんどなので、海外業者で利用する方は注意が必要です。(ECN口座は見かけのスプレッドこそ低いものの、手数料を加味するとスタンダード口座とあまり大差ないスプレッドです。) fxonフォワードと同じOANDAでの運用でも、同じような成績が残せるのか疑問です。 OANDAデモのTick更新回数はOANDAリアル口座の半分らしいので、Tickで判断するこのEAが同じようなポジションを取るとは考えづらいです。 フォワードとの乖離を嫌う方は、このEAを使うのは避けたほうがいいでしょう。 そのような方は、5分足以上の確定足の始値でエントリーするタイプのEAを使用したほうがいいと思います。

Copyright © 2020 GogoJungle Inc. All Rights Reserved.