Languages
商品のレビュー
(1 件) 1.0
2020/08/08 12:04
シストレFX
成徳大業 EURCAD
ター

概ねここのカレンダーと同じ成績(だけど軍資金100万だと危険)

(追記 2020/08/01) 既に販売中止EAですけど...その後を... 年スパンで戻ると信じて、意地で今年の利益の半分近くを追加投入しました! どうにも損切りどころを見失ってスタートロット0.1と0.01の2本のサイクル?が含み損で500万の軍資金を活用出来ない事態になってますし、全てを失う事もあるんだろうな!と覚悟を決めたところです(軍資金は500ですけど、ポジションを持つ資金で既にかなり消費してますので絶命まで僅かです)。 同作者のEAの多くで逆に走って辛い状態または、その状態からここのデモ環境は出金をしないので運良く稼いだ利益で大きなDDから復帰したのが現状と思われます。 同作者と思われる別名の作者のEAも良い状態と思われず警戒が必要と思われます。 まあ、コロナの影響なのか?安定して稼いでいるEAを探すは困難ですけど?(って言うかEA任せで本当に稼げるのか?って原点に返ってますねw) (追記 2020/06/18) ここの実績としては元本を取り戻しましたね。 私は軍資金290万位だったので未だに耐えてますw まあ、この耐える生活も3か月を超えました。 逆走して戻してマイナス50万前後の場面が何度かありましたので、その近辺で損切して軍資金の有効活用に移行したいところですね。 (追記 2020/03/27) ここのデモ環境は03/18にロスカットが発動したのでしょうか? -1,277,083で決済したようです。 私は保証金290万突っ込んでましたので、未だに取引が続いており、おなかが痛い状態ですw で、EAは「販売中止」になったようですね。 (追記 2020/03/06) 軍資金ギリギリな方は溶けてそうな状況ですね。 私は耐えてますが、100万前後の軍資金での運用は無理かな?と考え、評価を下げました。 (追記 2019/11/16) タイトルに「概ねここのカレンダーと同じ成績」としたのは、ここのカレンダーで使用されている「外為ファイネストデモ口座」とスプレッドに大きな差のない国内口座を使用しているからです(購入前はスプレッドロッガーで1週間の時毎のスプレッドを調べはしましたが... 当時はOANDAのデモ環境だった気も... そもそも運用可能会社に海外勢を見た記憶もないが、これは質問を制限する事ではないとも考える)。 ってな訳で、内部ロジックの謎を作者に問う行為は私の関与する範囲ではないと考えますが、私のレビューをきっかけに「〇×ブローカーならカレンダーと同じ成績になるのか?」と作者に尋ねる投稿はお控え頂けると助かります。 以下、初稿(2019年10月1日 23時52分) デイトレ・スキャル系EAの地味に蝕むような不調でEA停止や口座統合を検討する経過で国内1口座200万円に一陽来復(GBPNZD)1本の割り当てを仮決めしたが、過去の一陽来復の最大ドローダウン的にもう一本運用可能と判断し候補を探した。 一陽来復の動きをある程度把握していたので、同作者で似たロジックと考えられる成徳大業(EURCAD)と六韜三略(AUDJPY)が候補として残った。 ある日の各通貨ペアと資金力の関係は 「GBPNZD>EURCAD>AUDJPY」 であったので低資金で運用可能と思われる「六韜三略(AUDJPY)」を選択したいところだが、最近別作者のAUDJPYやNZDJPY,AUDNZDの破綻?と思える成績を見て「オーストラリア系?イギリスに連なる系? GBP/AUD/NZD」は避けようと条件を追加した。 結果、EURも無関係では無いが、評価時に中長期の通貨ペアのベクトルが違う成徳大業(EURCAD)に決定した。 使い始めると同じ作者なのに「成徳大業」には何故TPの設定が無いのだろうか?と気付いた。 ここのカレンダーで使われているデモ環境よりスプレッドが低いブローカーで使っているため、日々カレンダーより成績が良いのだが、環境が良いが為に早々に約定してナンピンを繰り返さないケースも発生し、トータル的で比較するとマイナス(各取引でマイナス決済になっている訳ではない)となる事となった。 具体的には日々数百円成績が良いのだが、早々に約定すると数千円利益が減る(カレンダーは1万数千円の利益だが実績は2千円とか) サッサッと約定出来るのはデイトレ・スキャル系EAなら無条件で歓迎するところであるが、多少逆行してナンピンをしないと大きな利益が得辛いロジック、こんな事も起きるんだ!と新たな気付きとなった(気付けば当然の結果ではあるのだが...)。 TPの設定があれば微調整出来るのに!、そんな訳で★は1つ減で4と評価した(理不尽な★減であり我儘とは思いますが...)。 追記:チャートに筆で赤や青の絵の具を塗ったような妙な模様が表示されますが、正体は矢印が大量に描画されたものです。 結果、チャートの線が見えなくなります。 チャートのプロパディで「チャートを前面に表示」にチェックすればチャート線は見えるようになります。

catbee 2020/08/02 00:02
シストレFX
販売開始日: 2019年1月24日 11時17分
利用者数: 39名

価格:¥19,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法