banners-1
血液型:- │ 職業:- │ 投資スタイル:- │ 投資歴:- │ 投資額:-

p156acro@gmail.comさんのレビュー
目標達成に向けた実践編
『投資におけるスキーム論』≪上巻≫を読み、自分なりに色々試行錯誤して、トレードを行っていました。 しかし、勝ち続ける事は難しく、自信を持って挑んだトレードでもあっても反対方向に流れると自信が続かず、大きく負けたところで損切りをし、コツコツ貯めた勝ちを打ち消してしまう。 その後、値を戻して損切りしなければ...と言うことが幾度となく続き、トータルで負ける日々でした。 投資の世界で勝ち続けるためには、いかに自分の性格と向き合い、欠落部分を認識し、矯正して前に進んで目標達成する事が必要となります。 ガツンと負けるところは、言わば自分の欠落部分、それを認識していても、矯正できなければ、同じことを繰り返す。 では、どうやって矯正すれば良いでしょうか?『投資におけるスキール論』≪下巻≫のテーマは、「どう鍛え、どう実践し、そして成し遂げるか」です。 ≪上巻≫が基礎編だとしたら、≪下巻≫は実践編です。 本書は、著者眞壁氏が講演会を行い、そこで有志だけを受け入れた投資教室『修養道場』の全てです。 この『修養道場』の課題を通じて、自分の性格と向き合い、欠落部分を認識して、矯正するアドバイスを行っています。※時には叱咤激励。  本書は読み進めると共に、自分でも課題をやっていく(実践する)事をお勧め致します。 まずは、講演会資料から始まりますが、こちらで自分の現状・目標を整理・見直す事が出来ます。 重要な投資で勝つための情報・テクニックも含まれております。 しかし、本題はここではありません。この投資で勝つための情報を活かせる実力を付けるかです。 その実力を付ける為の投資教室『修養道場』ですが、  課題→参加者のレポート→課題の解説→筆者眞壁氏による採点 が計6回分(6ヶ月分)掲載されています。 課題の解説を読む前に、課題に取り組んでみて下さい。 参加者と同様な失敗などが見つかり、自分の気づきへと繋がります。 採点には、その失敗をいかに修正していく為のヒントが書かれています。 後は、いかに自分を修正していけるかです。 また、参加者の様子などが掲載されている為、参加者の心理状態の変化などが伺えます。 社会では良い大人達が、ここでは生徒となり、今まで注意されて来なかった事を、ズバズバと指摘・叱責されていきます。 しかし、それが社会では許されて(見過ごされて)きたが、投資の世界では許されない=敗北を表している修正すべきところなのです。 ここまでが、本書の内容ですが、より実践・投資のテクニックが月刊誌『FX攻略.com』に掲載されております。 『投資におけるスキーム論』≪上下巻≫を読み、こちらの課題に取り組むことで、今までと違った結果を生む事になります。 是非皆さんも本書の課題をやってみて下さい。そして、動いてください。 必ず得るものがあることと、真剣に取り組む事で見えてくるものや、様々な助けがあります。 この感想は、全て私の実体験です。
目標達成に向けたマニュアル
 シグナル系や他人の手法をちょっと真似ては失敗していた日々。他力本願で、楽にFXや日経先物225で勝てないかを考えて、ネットやTwitterを探していました。 著者の眞壁氏のTwitterを見つけたところから、この『投資におけるスキーム論』との出会いが始まります。 『投資におけるスキーム論』は、毎週配信されている『投資家の金融マガジン』の取り纏めたものとありますが、投資家眞壁氏の投資家までの道筋であり、スキーム(計画と方法)のマニュアルそのものです。 本書は投資をベースに書かれていますが、仕事やプライベートでの目標達成にも役立ちます。 さて、どんな内容かと言うと、まず投資に関する事になるので、投資に関する知識を、『投資の世界にいる巨匠たちに学ぶ』で4人の巨匠たちから学んでいきます。 それは、各々が投資の世界で生きていく為の手法を分かりやすく整理されたものです。自分で各巨匠たちの本を読んだとしても、ここまで整理され得られる知識は相当な時間がかかるでしょう。 次に『応用編:3種の値動きを考える』で、知識を実際の市場に目を向けるてみます。これは投資の世界での値動きを学び予想を立てていきます。こちらは、自分で情報を収集し値動きを考えるのも1つやり方ですが、本書のベースとなっている『投資家の金融マガジン』で取りまとめられているのを参考にすることが出来ます、 毎週変化ある情報から中長期的に考えなくてはならない情報まで、幅広く分かりやすく取りまとめられています。 以上で基礎が構築され、続いて投資計画です。 目標に着実につか付く為の、計画を立てていく手法を学びます。これは、無謀な計画を立てるのでなく、実行可能なレベルに落とし込み、繰り返し実行する事で目標を達成させます。 知識をつけ、投資ルールを作り勝てる手法に確率出来たら、それを継続する。 これは投資の世界だけでなく、仕事やプライベートでも同じ事です。 仕事での知識を得て、目標を立て、実行可能なレベルに落とし込みながら、仕事を進めていき、目標を達成する。 その手法・ヒントが本書には随所に盛り込まれております。 あとがき集には、筆者眞壁氏のバックグランドが分かるようになっており、こちらも人生の参考になります。※かなりストイックなので、全てを真似することは難しいですが。。。 さて、これだけで目標達成出来た方は、(上)だけで十分でしょう。 しかし、結果出ない方は(下)を読まれ実践する事をおすすめ致します。 私も(下)を手に取らなければならない一人でしたから(笑)

Copyright © 2019 GogoJungle Inc. All Rights Reserved.