血液型:- │ 職業:- │ 投資スタイル:- │ 投資歴:- │ 投資額:-

catbeeさんのレビュー
概ねここのカレンダーと同じ成績
(追記 2019/11/16) タイトルに「概ねここのカレンダーと同じ成績」としたのは、ここのカレンダーで使用されている「外為ファイネストデモ口座」とスプレッドに大きな差のない国内口座を使用しているからです(購入前はスプレッドロッガーで1週間の時毎のスプレッドを調べはしましたが... 当時はOANDAのデモ環境だった気も... そもそも運用可能会社に海外勢を見た記憶もないが、これは質問を制限する事ではないとも考える)。   ってな訳で、内部ロジックの謎を作者に問う行為は私の関与する範囲ではないと考えますが、私のレビューをきっかけに「〇×ブローカーならカレンダーと同じ成績になるのか?」と作者に尋ねる投稿はお控え頂けると助かります。   以下、初稿(2019年10月1日 23時52分) デイトレ・スキャル系EAの地味に蝕むような不調でEA停止や口座統合を検討する経過で国内1口座200万円に一陽来復(GBPNZD)1本の割り当てを仮決めしたが、過去の一陽来復の最大ドローダウン的にもう一本運用可能と判断し候補を探した。  一陽来復の動きをある程度把握していたので、同作者で似たロジックと考えられる成徳大業(EURCAD)と六韜三略(AUDJPY)が候補として残った。  ある日の各通貨ペアと資金力の関係は 「GBPNZD>EURCAD>AUDJPY」 であったので低資金で運用可能と思われる「六韜三略(AUDJPY)」を選択したいところだが、最近別作者のAUDJPYやNZDJPY,AUDNZDの破綻?と思える成績を見て「オーストラリア系?イギリスに連なる系? GBP/AUD/NZD」は避けようと条件を追加した。  結果、EURも無関係では無いが、評価時に中長期の通貨ペアのベクトルが違う成徳大業(EURCAD)に決定した。  使い始めると同じ作者なのに「成徳大業」には何故TPの設定が無いのだろうか?と気付いた。 ここのカレンダーで使われているデモ環境よりスプレッドが低いブローカーで使っているため、日々カレンダーより成績が良いのだが、環境が良いが為に早々に約定してナンピンを繰り返さないケースも発生し、トータル的で比較するとマイナス(各取引でマイナス決済になっている訳ではない)となる事となった。  具体的には日々数百円成績が良いのだが、早々に約定すると数千円利益が減る(カレンダーは1万数千円の利益だが実績は2千円とか)  サッサッと約定出来るのはデイトレ・スキャル系EAなら無条件で歓迎するところであるが、多少逆行してナンピンをしないと大きな利益が得辛いロジック、こんな事も起きるんだ!と新たな気付きとなった(気付けば当然の結果ではあるのだが...)。  TPの設定があれば微調整出来るのに!、そんな訳で★は1つ減で4と評価した(理不尽な★減であり我儘とは思いますが...)。  追記:チャートに筆で赤や青の絵の具を塗ったような妙な模様が表示されますが、正体は矢印が大量に描画されたものです。 結果、チャートの線が見えなくなります。 チャートのプロパディで「チャートを前面に表示」にチェックすればチャート線は見えるようになります。
概ねここのカレンダーと同じ成績
(追記 2019/11/15) タイトルに「概ねここのカレンダーと同じ成績」としたのは、ここのカレンダーで使用されている「外為ファイネストデモ口座」とスプレッド差が倍程度であり、桁違いではないプレッドの国内口座を使用しているからです(購入前はスプレッドロッガーで1週間の時毎のスプレッドを調べはしましたが... 当時はOANDAのデモ環境だった気も... そもそも運用可能会社に海外勢を見た記憶もないが、これは質問を制限する事ではないとも考える)。   外貨ペア的にマイナーで競争が無いのか国内でも大きな差はあり、PIPS基準でも値動きが激しい通貨ペアだと感じますが、海外プローカーで「概ねここのカレンダーと同じ成績」になるケースは稀ではないか?と思われます(海外の数千、数万のプローカーのスプレッドを完全把握してる人または団体ってあるのかな?)。   ってな訳で、内部ロジックの謎を作者に問う行為は私の関与する範囲ではないと考えますが、私のレビューをきっかけに「〇×ブローカーならカレンダーと同じ成績になるのか?」と作者に尋ねる投稿はお控え頂けると助かります。   以下、初稿(2019年10月10日 20時06分)   勝手に作者の代表作と思っている「ユーロエーン」はRSIが平均より上か下かした見ていないのか?と思える程に早く最初のポジションを持ちますが、このEAはしっかりと場を見て数日動きを見せない事もあります(ユーロエンの話:RSIでは無さそうな印象ですが、長くても5分足の完成で初手を持ちます)。   通貨ペアの特性?(ロジックが賢い?)なのか絶望を感じるような含み損を抱える場面は今のところ少なく、成徳大業(EURCAD)や六韜三略(AUDJPY)と比べてポジションを持つ資金は多く必要ですがポジションの保有時間は短めです(私的な運用体制としては1口座軍資金200万を、このEAと値動きが長期的に逆ベクトルな成徳大業の2本で運用し、片方が長期値戻り待ちとなった時には片方を停止し想定の2倍の資金で長期値戻り待ちに耐える状況を想定しています。 まあ、同時に長期待ちになると倍で耐えるってシナリオも成り立たないのですが... 以降、長期的値戻り待ち状態を私的に「スタック」と表現 自動車がワダチにハマった状態を揶揄)。   使うブローカーで評価は変わると思いますが、私はOANDA Tokyoサーバーで運用していて、若干少ないけど概ねここのカレンダーと同じ成績です。   チャートの長めの上り坂や下り坂で連続的に取引を行う事も多々あり、勝てる波をじっくり待っているのだろうと思える感じです。   マーチンは50%増しですが、10%増しでポジション数10倍や0%増しで20倍ポジションを持つ設計のナンピン・マーチン系(0%はマーチンではない)と比べて安定感や安心感があるように感じます。   ただし、手数が少ない分、大きく逆行する相場にナンピンを打ち尽くして月単位のスタック状態になる可能性は高く、運用資金が含み損に耐えられないと破綻しますので普段が安定していても運用資金には余裕を持たせる必要があると思います(長期待てば戻るって保証もないですが...)。  見かけの資金力を増やすために海外ブローカーを使う際の留意点ですが、スプレッドが広いとポジションを持ちません(マイナーな通貨ペアでブローカー間の競争が無いのか?国内でもかなり差があり、海外は驚くほどに差があります)。 TPを増やすとポジションを持ちますが、TPをデフォルトの2倍とか2.5倍くらいにする必要があるかもしれません。 その場合は利益に至るハードルが高くなるので「概ねこのカレンダーと同じ成績」とはならないと思いますので、ご留意ください。 序でにスタック状態になる可能性も高くなります(これは内部ロジックを知り得る立場に無いのでスプレッドに対してプラス幾つが閾値なのか不明で、海外のデモ環境で使った印象になります。)。 よって、ここの実績集計で使われている「外為ファイネストデモ口座」とのスプレッドの差異を勘案しての検討をおすすめします。  なお、チャートに筆で赤や青の絵の具を塗ったような妙な模様が表示されますが、正体は矢印が大量に描画されたものです。 結果、チャートの線が見えなくなります。 チャートのプロパディで「チャートを前面に表示」にチェックすればチャート線は見えるようになります。

再評価★5→3   私自身は金融的に影響が大きい指針又は結果の発表が予定されている日及び前後は「EA停止」が基本方針なので、私的停止期間に興味半分で動かした1回(このEAの2敗目)は裁量で負けを少しだけ中和し、他の3敗はEA停止状態だったのでトータルでは損はしてませんが「欧米バカンス?及び日本お盆リスク?(私的に7中~8中 バカンスでFX人口(扱いのパイ)が減って普段は小さな取引で影響は軽微だがこの期間だけ跳ねるように値動きして予測が困難)」辺りから「ここのカレンダー上」の実績はボロボロですね。   しかも、4敗目も「2019/9/6 米雇用統計」「2019/9/12 ECB政策金利」「2019/9/17 FOMC政策金利」があるので、私的にEA停止とした9/5PM~9/19AMの期間でした。   EAを停止していたので私は負けてはいいませんが、市場のリズムを乱す様なイベントがあると弱い気がしますね(そんな気がするだけで数字的裏付けはありません)。   かつ、EAに期間での停止設定も無いので「フルタイムで動かす事が前提のEAである」と切り捨てれば、残念なEAに分類されても仕方がないでしょうね。 てな訳で評価を下げました。   私の「危険な期間はEA停止」な基本方針とマッチして損はしていないので中間の★3としました(楽天でポジションを持てない障害の為に使えない期間に稼げてれば★4だったなか?と思います 停止しない方針の方は★0にしたいけど0は入れられない 仕方なく★1そんな感じだと思います)。

評価を★3→5に変更しました。 大荒れの3週間に「自作AUDUSD」だけは長~ぃ下り坂で安定的にマイナス無く稼ぎました。  前回評価は「デフォルト設定じゃないし...」と控え目にしましたが、道具は使いようで使い方に自由度が無ければ良い成績は残せなかった訳で「控え目にする必要なし」と修正しました(カスタマイズ出来ない人(または時間的な制約のある方)には「え~!」って評価でしょうけど)。   【以下初稿:2019-07-21 18:13】 このタイミングでレビュー入れるのは酷だと思いますが、今日は時間があったので各EAの実績確認をしました。  その中で感じた評価です。  私は添付された設定ファイルを殆ど使っていませんので、今日この段階での他の方の評価とはかなり違うのではないかと思います。   このEAは設定の自由度が高く手間を惜しまなければ通貨ペアを増やせるので特定通貨ペアの暴騰暴落の緩衝役を増やせます。  そんな訳でガリガリと通貨ペアを増やしました。 その自由度も評価すべき点であると思います。   我が家では自作の「GBPUSD」と「AUDJPY」がそこそこ頑張っている事と、他の通貨ペアは様子がおかしいと思った時にデモ機に移動させたのでリアルでは利益が出ています。  ですが、デフォルトの成績を見ると高評価も変な話なので、★3としました(4でもいいかな?と個人的に思いますが設定の殆どが自作で「ヤバイ?」と思ってデモ機へ移動とか私が相当介入しているので自由度だけなら5ですが控え目です)。  復活を期待しています。

私が運用するEAで一番稼ぎますね。  普通に値動きしていれば逆に走った時の中和の買い増しも多くて3~9回程度なので大きな問題は無いと思います。  運用前テストで把握したこのEAのヤバイ動きとしては逆方向に走り始めると設定したロットの110%(丸めの値で不明瞭ですが)で追加注文し、更に走り続けると前回の110%で追加注文します。  確認出来た範囲では逆に走り続け中和する為に徐々にロットを増やし初回を含め43回、約18ロット一時的に持ちました。  私にはこの強力な資金力が無いので海外の高レバレッジで対応、大きなDDは60万程度の保証金で済ませられるよう適度に手作業で損切り全決済で対応しています。  適度にメンテすればかなり稼ぎます。 メンテを怠って全部溶けても追証の無い海外なら元本を失うだけで済みます(そんな考えでいいのか?とは思うけど)。  今ではDDの連撃が無ければ放置しても良さそうなほど利益が出ましたが、欲張りなので同じ口座で2多重、3多重と立ち上げて適度にメンテをしています(悲しい未来しか見えません)。  気になる点としては中和がひと段落で一気に決済する時に買った順に精算する事ですね。 逆に利益の方を先に精算してくれると精神衛生上いいかな?と思います。  修正:今日は暇だったので、各EAの実績を確認していました。 その時にこのレビューの誤りを確認しました。 「中和の買い増しも多くて3~5回程度なので」とあった所を「中和の買い増しも多くて3~9回程度なので」としました(閾値をどう考えるかにもよりますが、かなり違うので)。 と「おすすめはしません」を「悲しい未来しか見えません」に変えましたw  そもそもナンピン系「含み損を持ちきれない」「含み損を抱えて長期的に回復しない」と破綻する仕組みですしね。  被害も相当な事になりますので、追証の無い口座でこのEAは単独運用しています(有事に他のEAの利益を食い潰れないように分けてます)。  午前中の修正に追記:持っている含み損も相場が動いて評価損が増えればロスカットが発動するので「下落した日本の株を塩漬けにする」的な話にはなりませんのでご注意下さい(参考サイト:https://min-fx.jp/lineup/fx/service/losscut/)。  海外の高レバレッジ頼りに大きく勝負すると「ドッカドッカ」と動くと思うので更にヤバイ事になります。 ご注意を(自分もね)

Copyright © 2019 GogoJungle Inc. All Rights Reserved.