This website requires JavaScript.
トレンド相場でドカンとゲット。新発想のテクニカル・裁量トレードサインツール・エントリー&エグジットサイン(アラート・メール可)。売買サインロジック解説と、勝ちやすい相場を見分ける分析手法も付属。
売買サインロジック解説と、勝ちやすい相場を見分ける分析手法も付属。
商品情報

販売開始日2017/02/19

バージョン-

更新日時-

レビュー

販売実績

¥24,800(税込)

6
※こちらの商品はWeb認証が必要となります。
DVD配送オプション対応商品
DVDに記録してお届け (+540円) 詳細
お支払い方法
銀行振込
【バージョンアップ情報】 2017.03.04 ver.1.100a マニュアル改訂 これまでに頂いたお問い合わせへの回答のうち、マニュアルに含めるべきもの他を追加しました。プログラムファイルに変更はありません。 2017.03.02 ver.1.100 エントリー条件の見直し 本手法をEA化し、様々な相場で検証を重ねた結果、エントリー条件を若干変更するほうが、トータル利益が増加することが分かりました。 変更の詳細は、「トレードサインのロジック 解説」に記載しました。 【背景】 夜明け前に目が覚めて、ふと思いついたテクニカル手法がベースになっています。 手法自体は非常にシンプルです。テクニカル的には新発想だと思います。 【特徴】 主にデイトレードを意識して開発した順張りのサインツールです。 トレンドの初動と終焉を上手く捉えます。 1. エントリーポイントになると、アラームが鳴り(メールも可)、チャート上に、矢印でエントリーサイン、横線でSLが表示されます。 2. エグジットポイントになると、アラームが鳴り(メールも可)、チャート上に、三角印でエグジットサインが出ます。 これらのトレードサインはロウソク足確定時に出ます。リペイントはありません。 【推奨通貨ペア・銘柄】 大きな相場の動き出しを捉えてエントリーしますので、 デイトレードの場合、動く時間帯がはっきりしている通貨ペアが良いと思います。 ポンドドルやユーロドルなどの欧米通貨ペアであれば、東京時間は閑散としていますが、 ロンドン時間からニューヨーク時間にかけて大きな動きが出やすいので、 お勧めです。特にその国での取引が始まる時間帯が狙い目です。 1時間足以上を用いたスイングトレードなら、時間帯は限定されませんので、どのような通貨ペア・銘柄でもOKです。 日経225への適用例⇒こちら この日経225への適用例が示す通り、本手法は一つのパラメーターを変更することで、様々な通貨ペア・銘柄に対応可能です。 【時間軸】 デイトレードで、ワンショット50pips程度を狙う場合、15分足が適当です。 なお、本手法は時間軸を限定しません。 デイトレードなら、15分足と5分足を同時監視し、勝ちやすい相場が現れた時間軸でトレードするのが合理的です。値幅は小さいですが1分足の同時監視もありです。 スイングトレードなら、1時間足と4時間足の同時監視が良いでしょう。 【トレードサインとアラート】 トレードサインは「OFF/画面表示のみ/画面表示+アラート」から選択できます。 また、アラートは「サウンド・アラートダイアログ・メール送信」を組み合わせて選択できます。 【商品構成】 ●サインツール(下記のチャートで使用している売買サインを出すインジケーター) ●裁量判断を補助するためのテクニカル・インジケーター ●設定方法解説 ●トレードサインのロジック解説+トレードのヒント ●相場とインジケーターの動きに慣れるために(初心者向け) 本商品のマニュアル「トレードのヒント」の中で「勝ちやすい相場を見分ける分析手法」を解説しています。実例を挙げて勝ちやすい相場を説明しています。「裁量判断を補助するためのテクニカル・インジケーター」をチャートに表示しておき、エントリーサインが出そうになったら(テクニカルとローソク足の関係を見ていると一目瞭然です)、直近相場を見て「エントリー/ロットを下げてエントリー/見送り」を選択する方法を解説しています。初心者にもできると思います。 また、「トレードのヒント」の中で、エグジットサインを待たず「早めにエグジット」する方法も解説しています。明確な基準により、相当な利益を確保しつつ早めのエグジットができます。短い時間足でチャートに張り付いて行うトレードスタイルで有効な手法です。
【トレード事例】 2017年2月17日(金) ボンドドル 15分足 1)インジケーターをセットしてチャート見始めました。 fxts05chart1.png 2)買いエントリーサインが出ました。チャート上にはエントリーポイントを示す矢印(買いは青色)とSLを示す横線が表示されました。 fxts05chart2.png 3)エグジットサインが出ました。午前中にポンドドル相場は動かないですね。 (エントリーポイントとエグジットポイントを結ぶ線をマウスカーソルでポイントすると値幅が分かります) fxts05chart3.png 4)欧州時間になり、売りエントリーサイン(赤色矢印)が出ました。 fxts05chart4.png 5)エグジットサインが出ました。   60pipsほど獲れました。   陰線の連続のあと、陽線が確定した付近のレートで裁量判断でクローズしても良かったです(楕円の辺り)。 fxts05chart5.png 6)その後、相場は横向きになりました。25時を過ぎたので終わりです。 fxts05chart6.png 7)その他の事例(過去データ) インジケーターをセットすると、過去相場に対するトレード結果が表示されます。 (値幅を掴みやすいよう、50pips間隔で水平線を引いてあります。) ↓一日を通して小動きでした。大きく負けたりはありませんが、 ↓利益を少しでも伸ばすようエグジットサインの前に裁量でクローズすべきでしょう(「トレードのヒント」に具体的な判断方法を記載)。 fxts05chart9.png ↓この日も一日の値幅はそれほどではないのですが、そこそこ獲れています。 fxts05chart8.png ↓非常にうまくテクニカルがハマりました。 fxts05chart7.png ご覧のように、ポンドドルでは、午前中は相場が小動きなので勝てないのですが、 欧州時間からニューヨーク時間前場にかけてのエントリーでは、 大きな相場を上手に捉えることができています。 デイトレードにおいては、トレードする通貨の動く時間帯に絞って、エントリーサインを待てば、トレンド相場を的確に捉えることができます。
1時間足などを用いたスイングトレードでは、メールによるトレードサイン確認をお勧めします。 スイングトレード事例:ドル円1時間足 (パラメータは日経225と同様の変更を行っています。) fxts05usdjpyh1.png 本サインツールを、そのままEA化した「Trend Surfer EA Mk-II トレンド・サーファーEA Ⅱ型」があります。 2017年に入ってから、ドル円1時間足での約3か月間をこのEAでバックテストした結果です。全くのサイン通りにトレードすればこの成績になります。1月は好調、2月はやや低調、3月に入ってから復調しつつあり、今の相場に合っていると思います。証拠金100万円・10万通貨の固定ロット運用で、約3か月間で50万円以上の利益が出ています。 tsa2017usdjpyh1p10.png tsa2017usdjpyh1a.gif 詳細データ ⇒ TSA2017usdjpyH1.htm ↓こちらもご覧ください。 banartrendsurfer.jpg
6
※こちらの商品はWeb認証が必要となります。
人気商品ランキング(本数-3ヶ月間)
おすすめ商品(キャンペーン商品)
人気商品ランキング(合計額 - 3ヶ月間)

GogoJungleを初めてご利用する方へ商品のご利用まではかんたん3ステップ!

GogoJungleでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。また、商品のご購入は通常会員様に限られさせていただいております。今すぐ会員登録をして、Gogojungleを活用してみませんか!

01
ユーザー情報を入力し会員登録
02
案内に従い購入
03
マイページからダウンロード