This website requires JavaScript.
いろいろ条件でMT4を停止・再開!
スプレッドフィルタ、時間帯フィルタによりEA停止・再開を自動で行います!ポジションの同時決済も可能!
カテゴリ
:
商品情報

販売開始日2016/08/07

バージョン-

更新日時-

レビュー

販売実績

¥3,480(税込)

45
DVD配送オプション対応商品
DVDに記録してお届け (+540円) 詳細
お支払い方法
銀行振込
【スプレッドの拡大や取引停止時間帯を検知して自動的にMT4をストップ!同時に指値解除やポジションの決済も可能!】 ○商品概要○ 本ツールをMT4にセットすると、以下のようなフィルタリング機能によりMT4の運用状況を自動的に変更することが出来ます! ・スプレッド拡大時の自動売買停止、スプレッドが元に戻った時の自動復旧 ・特定の時間帯のみ自動売買を停止(毎日設定、毎週設定、特定時間指定) ・窓開けが発生したときの緊急停止 また、同時に指値設定の解除や、保有ポジションの強制決済などといったこともポジションごとに設定することが出来ます(※窓開けフィルタでは不可)。 マーケットクローズ時の週末ポジション持ち越し回避やロールオーバ時の指値約定回避、窓あけが発生したりスプレッドが拡大するような相場急変時のエントリー回避・指値約定回避といった様々な用途に使用することが出来ます! functionexplanation.jpg
[本ツール起動画面]
○使い方○ ・本ツールを、「¥MQL4¥Experts」フォルダに格納します。  (決済対象のマジックナンバーをCSVで指定する(※後述)場合、対象のCSVファイルを「¥MQL4¥Files」フォルダに格納します。 ※マジックナンバーとは・・・  どのEAを運用しているかを判別するための識別番号です。  販売しているEAは、基本的にマジックナンバーの設定箇所があると思いますので、  フィルタ発動時にポジション決済などの制御をしたいEAで使用しているマジックナンバーを入力してください。 ・任意のチャートに本ツール(☆注意:EA扱いになります☆)をドラッグ&ドロップします。 ・以降に示すパラメータを設定していきます。  ※注意:「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する」のチェックを必ずONにしてください!! ・「Filter ON」になっていればフィルタが機能します!  (ボタン操作により、「Filter ON」⇔「Filter OFF」が切り替わります) ○パラメータの設定方法○ 以下の通り、パラメータを設定してください。(カッコ内はデフォルト設定値) 【基本入力情報】 ■MT4再起動、EA初期化後のフィルタ状態指定(true)  →本設定をtrueにすると、初期設定時にフィルタ機能がONとなります。   MT4の再起動時などにフィルタが機能した状態にしておきたい場合はtrue、   初期状態はOFFとしておきたい場合はfalseに設定してください。 ■外部制御により自動売買の状態が変えられたときの動作(フィルタ機能を無効化する)  →外部制御により自動売買状態が変化した場合は本ツールを停止する動作となっていますが、その後の動作について規定するパラメータです。  ・「フィルタ機能を無効化する」を設定すると、外部制御による自動売買状態が変化すると、ツールを無効化します(再開するには、「Filter OFF」ボタンを押して再度有効化する必要があります)。  ・「元の管理状態に戻ったら、フィルタ機能を再開する」を設定すると、外部制御時にはフィルタを一時停止する動きになります。再度、外部制御によりもとの状態に戻った場合、自動的に本フィルタ動作が再開します。   他ツールとの競合が懸念される場合、こちらの設定をご利用ください。 ■参照元通貨ペア(未指定:チャート上のペア)  →スプレッドフィルタや窓開けフィルタの発動判断を行う通貨ペア名を指定します。   設定しない場合、本ツールを設定しているチャート上の通貨ペアが選択されます。  →指定する通貨ペアは、「USDJPY」などを記載します。   (例えば、FXTFでは「USDJPY-cd」というような指定の仕方でも大丈夫です) ■フィルタにより(逆)指値解除する場合の対象指定(全MagicNoを対象にする)  →フィルタによるEA停止が発動する際、設定されている指値・逆指値の解除対象とするマジックナンバーを指定します。   ・「全MagicNoを対象にする」とした場合は、全指値注文を一律で削除します。   ・「裁量ポジションだけは対象外にする」とした場合は、EAにより設定された指値注文をすべて削除します。裁量トレードにより手動で設定した指値は削除されません。   ・「CSVファイルで決済対象のMagicNoを指定する」とした場合は、裁量で設定した指値注文を含め、指値注文を削除するポジションをCSVファイルにてマジックナンバーで指定します。    (※CSVファイルの設定方法は後述)   ・「全MagicNoを対象外にする」とした場合は、どのフィルタが発動しても、すべてのポジションに対して指値削除処理を行いません。 ■フィルタによりポジションを決済する場合の対象指定(全MagicNoを対象にする)  →フィルタによるEA停止が発動する際、保有しているポジションの決済を行うマジックナンバーを指定します。   ・「全MagicNoを対象にする」とした場合は、全保有ポジションを一律で決済します。   ・「裁量ポジションだけは対象外にする」とした場合は、EAによりエントリーしたポジションをすべて決済します。裁量トレードにより手動で設定した指値は削除されません。   ・「CSVファイルで決済対象のMagicNoを指定する」とした場合は、裁量で設定した指値注文を含め、指値注文を削除するポジションをCSVファイルにてマジックナンバーで指定します。    (※CSVファイルの設定方法は後述)   ・「全MagicNoを対象外にする」とした場合は、どのフィルタが発動しても、すべてのポジションに対して決済処理を行いません。 ■[CSV指定選択時]フィルタ適用時に対象とするマジックナンバーを指定するCSVファイル名(MagicNos_ByFilter.csv)  →指値解除設定またはポジション決済設定にて「CSVファイルで決済対象のMagicNoを指定する」とした場合、参照元となるCSVファイルのファイル名を指定します。   (「CSVファイルで決済対象のMagicNoを指定する」にどちらも指定しない場合、ファイルを作成する必要はありません) ■ポジションが残ってる間は条件を満たしてもEA停止しない(false)  →trueに設定すると、フィルタ条件を満たしてもポジション(指値含む)が残っている場合はフィルタ発動しません。当該ポジションが解消された後、フィルタ条件を満たしたままであればその時点でフィルタが発動します。 ■ポジションがなくなると停止機能(false)  →trueに設定すると、保有ポジションがなくなるとMT4を自動売買停止状態にします。ナンピン系EA等、ポジションがなくなった際に一旦運用を止めるような動作が必要な場合に設定してください。 ■タイムゾーン指定(サーバ時間)  →時間帯フィルタを発動させる際に参照する時間を指定します。   ・「サーバ時間」に設定した場合、業者が設定している時間帯を参照します。(例:OANDA JAPANならEET)   ・「ローカルPC時間」に設定した場合、MT4を起動させているPCの内部時計を参照します。   ・「JST」に設定した場合、日本時間(GMT+9)を参照します。   ・「GMT」に設定した場合、標準時(GMT)を参照します。 【スプレッドフィルタ関連情報】 ※スプレッド拡大時にフィルタ発動させるための条件設定を行います。 ■スプレッドフィルタの有無(false)  →本設定をtrueにすると、スプレッドフィルタ機能をONにします。 ■スプレッドフィルタの閾値(5) ■フィルタ発動保護段数(3) ■フィルタ解除保護段数(10)  →スプレッドフィルタがtrueの場合、上記で指定した通貨ペアで、スプレッドが「スプレッドフィルタの閾値」値を超過した場合にフィルタ判定が発動します。   →「フィルタ発動保護段数」連続でスプレッドが本値を超えて開いた場合、フィルタ発動となり、EAの運用が停止されます。   →「フィルタ解除保護段数」連続でスプレッドが本値以下になった場合、フィルタ解除となり、EA運用が再開します。 ■スプレッドフィルタ発動で指値解除するか(true)  →スプレッドフィルタが発動した際、指値注文を解除するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタにより(逆)指値解除する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが指値解除対象となります。 ■スプレッドフィルタ発動でポジション決済するか(false)  →スプレッドフィルタが発動した際、保有しているポジションを決済するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタによりポジションを決済する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが決済対象となります。 【デイリーフィルタ関連情報】 ※毎日、特定時間にフィルタ発動させるための条件設定を行います。 ■デイリーフィルタの有無(false)  →本設定をtrueにすると、デイリーフィルタ機能をONにします。 ■デイリーフィルタを発動させる時間(時間指定)(0) ■デイリーフィルタを発動させる時間(分指定)(0)  →デイリーフィルタがtrueの場合、毎日『[時間指定]時[分指定]分』にフィルタによりEA停止が行われます。 ■デイリーフィルタを解除させる時間(時間指定)(0) ■デイリーフィルタを解除させる時間(分指定)(0)  →デイリーフィルタがtrueの場合、毎日『[時間指定]時[分指定]分』にフィルタ解除され、EA運用が再開します。 ■デイリーフィルタ発動で指値解除するか(true)  →デイリーフィルタが発動した際、指値注文を解除するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタにより(逆)指値解除する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが指値解除対象となります。 ■デイリーフィルタ発動でポジション決済するか(false)  →デイリーフィルタが発動した際、保有しているポジションを決済するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタによりポジションを決済する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが決済対象となります。 【ウィークリーフィルタ関連情報】 ※毎週、特定時間にフィルタ発動させるための条件設定を行います。 ■ウィークリーフィルタの有無(false)  →本設定をtrueにすると、ウィークリーフィルタ機能をONにします。 ■ウィークリーフィルタを発動させる曜日(日曜日) ■ウィークリーフィルタを発動させる時間(時間指定)(0) ■ウィークリーフィルタを発動させる時間(分指定)(0)  →ウィークリーフィルタがtrueの場合、[曜日指定]で指定した曜日の『[時間指定]時[分指定]分』にフィルタによりEA停止が行われます。 ■ウィークリーフィルタを解除させる曜日(日曜日) ■ウィークリーフィルタを解除させる時間(時間指定)(0) ■ウィークリーフィルタを解除させる時間(分指定)(0)  →ウィークリーフィルタがtrueの場合、[曜日指定]で指定した曜日の『[時間指定]時[分指定]分』にフィルタ解除され、EA運用が再開します。 ■ウィークリーフィルタ発動で指値解除するか(true)  →ウィークリーフィルタが発動した際、指値注文を解除するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタにより(逆)指値解除する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが指値解除対象となります。 ■ウィークリーフィルタ発動でポジション決済するか(false)  →ウィークリーフィルタが発動した際、保有しているポジションを決済するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタによりポジションを決済する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが決済対象となります。 【時間指定フィルタ関連情報】 ※雇用統計など、事前に分かっている特定時間にフィルタ発動させる場合に設定します。 ■特定時間フィルタの有無(false)  →本設定をtrueにすると、特定時間指定フィルタ機能をONにします。 ■特定時間フィルタを発動させる時間(2016.1.1 00:00)  →特定時間フィルタがtrueの場合、ここで設定した時間になった際にフィルタによりEA停止が行われます。 ■特定時間フィルタを解除させる時間(2016.1.1 00:00)  →特定時間フィルタがtrueの場合、ここで設定した時間になった際にフィルタが解除され、EA運用が再開します。 ■特定時間フィルタ発動で指値解除するか(true)  →特定時間フィルタが発動した際、指値注文を解除するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタにより(逆)指値解除する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが指値解除対象となります。 ■特定時間フィルタ発動でポジション決済するか(false)  →特定時間フィルタが発動した際、保有しているポジションを決済するかどうかを指定します。  →trueにした場合、上記「フィルタによりポジションを決済する場合の対象指定」で指定したマジックナンバーが決済対象となります。 ■CSV指定による特定時間フィルタの有無(false)  →特定時間フィルタをCSVファイルで指定できるようにします。本パラメータをtrueにしても、上記のパラメータで指定する特定時間フィルタ設定は有効のままです。  →CSV指定フィルタでの指値解除、ポジション決済の有無は、本項の対象2パラメータ(特定時間フィルタ発動で指値解除するか/特定時間フィルタ発動でポジション決済するか)に依存します。  →設定内容は、本ツール適用時に読み込まれます。その際、「エキスパート」タブに取引停止対象時間が一斉出力されますので、設定に誤りがないか、念のためこちらでご確認下さい。 ■[CSV指定有時]CSV特定時間フィルタを定義するCSVファイル名(TimeFilter_data.csv)  →「CSV指定による特定時間フィルタの有無」パラメータを「true」とした場合、参照元となるCSVファイルのファイル名を指定します。   (「CSV指定による特定時間フィルタの有無」が「false」の場合、ファイルを作成する必要はありません) 【窓開けフィルタ関連情報】 ■窓開けフィルタの有無(false)  →窓開けフィルタがtrueの場合、ここで設定したPips以上の窓が開いた場合に自動売買が停止状態になります(ポジションの決済や指値解除機能はありません)。  →窓開けの設定値が狭い場合、マーケットオープンのみならず、極稀にある相場急変時にもフィルタが発動する可能性がありますが、仕様動作となります。 ■何Pips窓開けたらフィルタ発動するか(50)  →これ以上の窓をあけると、フィルタが発動します(Pips指定)。   デフォルト設定は50Pips(=クロス円なら50銭)です。 ■窓開け判定時、何時間止めるか(6)  →窓開けフィルタ発動時、指定した時間だけ取引をストップします。   デフォルト設定では6時間です。 ○CSVファイルの設定方法○ CSVファイルを外部的に読み込むことにより、フィルタ発動時に指値解除するマジックナンバーとポジション決済するマジックナンバーを指定することが出来ます。 エクセル2003以降をお持ちの方は、添付のデータ出力マクロを用いることで簡単に設定ファイルを作成することが可能です。 <エクセル2003以降をお持ちの方> 添付の『「いろいろ条件でMT4を停止・再開!」用CSV作成マクロ(MagicNo/取引時間指定)』を用いて「MagicNos_ByFilter.csv」および「TimeFilter_data.csv」ファイルを作成します。 ファイルを開き、必要なデータの情報を入力してボタンを押すだけで簡単出力できます。 <エクセル2003以降をお持ちでない方> 添付の「[サンプル] MagicNos_ByFilter.csv」および「[サンプル] TimeFilter_data.csv」を事前にエクセルやテキスト編集ツール等で編集し、「MagicNos_ByFilter.csv」名および「TimeFilter_data.csv」で保存します。 合わせて添付している「[手動作成の手引] MagicNos_ByFilter.csv」および「[手動作成の手引] TimeFilter_data.csv」にかかれている通りにマジックナンバーおよび取引停止時間帯の一覧を作成してください。 ○各種フィルタ値の設定例○ 目的に応じたパラメータ設定例を以下に示します。 ご利用目的に沿った設定を自由に行ってください。 <相場急変時のエントリーを緊急回避するためのスプレッドフィルタ設定例> ■スプレッドフィルタの有無 : true ■スプレッドフィルタの閾値 : 通常時のスプレッド+数pips ■フィルタ発動保護段数 : 2~3程度 ■フィルタ解除保護段数 : 10程度 ■スプレッドフィルタ発動で指値解除するか : true ■スプレッドフィルタ発動でポジション決済するか : true または false ☆設定のポイント  薄商い時も含め、通常時は発動しないようにする必要があるので、閾値は高めに設定しておきます。  相場急変時に俊敏に対応する必要が有るため、発動保護段数は浅めに設定します。  相場急変時にポジションの損失拡大のリスクを防ぎたいような場合は、ポジション決済設定を行うようにします。 <定常的にスプレッドが開く時間帯の取引を回避するためのスプレッドフィルタ設定例> ■スプレッドフィルタの有無 : true ■スプレッドフィルタの閾値 : エントリーさせたくないスプレッド幅 ■フィルタ発動保護段数 : 5~10程度 ■フィルタ解除保護段数 : 5~10程度 ■スプレッドフィルタ発動で指値解除するか : true ■スプレッドフィルタ発動でポジション決済するか : false ☆設定のポイント  時間帯でのスプレッドの開きは大きなものではないので、  正確にスプレッドの開きを判断させるために、判定期間は長めにします。  スイングトレードのポジションを決済しては困るので、フィルタ発動しても決済は行わないようにします。 <ロールオーバー時のデイリーフィルタ設定例> ■デイリーフィルタの有無 : true ■デイリーフィルタを発動させる時間(時間指定) : JSTなら5(夏時間)または6(冬時間)、EET利用業者ならば23 ■デイリーフィルタを発動させる時間(分指定) : 30~50程度(※業者のトレード休止時間に従う) ■デイリーフィルタを解除させる時間(時間指定) : JSTなら6(夏時間)または7(冬時間)、EET利用業者ならば0 ■デイリーフィルタを解除させる時間(分指定) : 10程度(※業者のトレード休止時間に従う) ■デイリーフィルタ発動で指値解除するか : true ■デイリーフィルタ発動でポジション決済するか : false ☆設定のポイント  ロールオーバ時に注文が入らなくなる業者などで使うと良い設定例。  注文が入らない時間帯に指値約定してしまうことを回避します。 <週末にポジションを持ち越さないための設定例> ■ウィークリーフィルタの有無 : true ■ウィークリーフィルタを発動させる曜日(日曜日) : JSTなら土曜日、EET利用業者ならば金曜日 ■ウィークリーフィルタを発動させる時間(時間指定) : JSTなら5(夏時間)または6(冬時間)、EET利用業者ならば23 ■ウィークリーフィルタを発動させる時間(分指定) : 30~50程度(※業者のトレード終了時間に従う) ■ウィークリーフィルタを解除させる曜日(日曜日) : 月曜日 ■ウィークリーフィルタを解除させる時間(時間指定) : 週明けにトレードを開始させたい時間帯 ■ウィークリーフィルタを解除させる時間(分指定) : 週明けにトレードを開始させたい時間帯 ■ウィークリーフィルタ発動で指値解除するか : true ■ウィークリーフィルタ発動でポジション決済するか : true ☆設定のポイント  ポジションを持ち越さないようにするので、すべてのポジションを決済する設定にします。  ポジションをすべて決済した上で指値注文を含め以降の注文が入らなくなりますので、週をまたいでのポジションの持ち越しはなくなります。 ○[参考] フィルタ発動時のポジション解除例○ パラメータの設定により、スプレッドフィルタ発動時にどのような挙動をするか、以下に例示します。 example1.jpg example2.jpg ○その他の留意点○ ・デフォルト設定かつ、手動作業などの外部要因により「自動売買」の状態が変更された場合、自動的に「Filter OFF」状態に移行します。再度フィルタを設定したい場合は、チャート上のボタン押下により「Filter ON」状態に遷移させてください。 ・本ツールを複数起動すると、上記の競合処理が走ってしまうため正常に動きません。  (先にフィルタ発動した方の設定が残り、フィルタ発動しなかった方は「Filter OFF」状態に遷移します)  複数フィルタを管理させたい場合は、MT4を複数起動するなどで対応してください。 ・本ツールのフィルタ発動はOR条件となります。  スプレッドフィルタ、デイリーフィルタ、ウィークリーフィルタ、特定時間フィルタのどれかの条件に合致する場合にフィルタ発動となり、すべての条件が外れた際にフィルタ解除となります。 ・フィルタ発動時に他のフィルタ条件にかかり、その際にポジション決済などが入る場合には瞬間的に「自動売買ON」の状態になります。  この際に特定EAのエントリー条件を満たした場合に、エントリー即決済という状況が発生する可能性があります。極稀にしか発生しないと考えられますので、本仕様による動作については制約事項としてご容赦ください。  (各フィルタの指値解除条件および決済条件が同じ場合には、この事象は発生しません) ○その他○ 使用可能業者の確認やパラメータ設定例の検討など、ご依頼いただければ実施いたしますのでコミュニティにてどしどしご質問ください!
以上     
45
人気商品ランキング(本数-3ヶ月間)
おすすめ商品(キャンペーン商品)
人気商品ランキング(合計額 - 3ヶ月間)

GogoJungleを初めてご利用する方へ商品のご利用まではかんたん3ステップ!

GogoJungleでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。また、商品のご購入は通常会員様に限られさせていただいております。今すぐ会員登録をして、Gogojungleを活用してみませんか!

01
ユーザー情報を入力し会員登録
02
案内に従い購入
03
マイページからダウンロード

会員(ユーザー)


Copyright © 2018 GogoJungle Inc. All Rights Reserved.