This website requires JavaScript.
日本語
ISS~衣笠式スキャルピング手法~
誰がやっても1回のトレードで1.9pips得するスキャルピング手法の全てです。特別な準備は必要なく、読んだその日から実践可能です。
特別限定価格:

2019年1月5日 00時00分 ~ 2019年2月28日 23時59分

カテゴリ
:
出品者
: 衣笠 勇太
商品情報

販売開始日2018/12/13

バージョン-

更新日時-

レビュー

販売実績

参考価格:¥24,800 (税込)

特別限定価格:

¥19,800(税込)

OFF: ¥5,000 (20%)

16
DVD配送オプション対応商品
DVDに記録してお届け (+540円) 詳細
お支払い方法
銀行振込

【重要なお知らせ】

1/5に「おまけ商品」を追加しました。

ISSを購入済みの方は、無料でダウンロード可能になります。

 

商品の内容は、「ISSをより効果的に実践するための相場分析手法」です。

レビュー等でもご指摘いただいている通り、ISSはシンプルで実践がしやすい手法ですが「レンジに弱い」という弱点があります。

逆に言えば、トレンドの出やすいタイミングに絞ってISSを実践することで、より成果を高めることが可能になります。

「今がトレンドか、レンジか?」

「トレンドの出やすい通貨ペアと方向はどうやって見分けるのか?」

という判断は、裁量的な判断が必要になります。

ISSのコンセプトは「誰でも出来る」という点でしたので、商品内には、レンジとトレンドの見極めを入れることはしませんでした。

今回のおまけ商品は、

「誰でも簡単に、トレンドが出やすい通貨ペアと方向を見分ける方法」

をコンセプトに作成致しました。

日足から15分足まで、マルチタイムフレームを用いた分析方法になります。

多少裁量的な部分があるのは否めませんが、可能な限り、誰がやっても同じ結果になるような方法をまとめております。

ISSを実践する上ではもちろんのこと、FXトレードをする上で非常に役に立つ商品になりました!

ぜひ、ご活用ください。

 

おまけ商品の追加に伴い、ISS本体の値上げを致しました。

以前より告知していた通り、おまけ商品の追加に伴い、ISS本体の値上げを行いました。

ただ、告知から値上げまでの期間が短かったため、おまけ商品追加セールを行わせていただきます。

2月末までは、従来通りのISS本体の価格で購入可能です。

ISS本体はもちろんのこと、おまけ商品も、非常に価値のあるものになっておりますので、お値打ちの期間にぜひご検討頂けますと幸いです。

〇ISSの実績

まずは、こちらのデータをご覧ください。

総トレード回数:214回
勝ちトレード数:101回
勝ちpips    :778.55pips
負けトレード数:113回
負けpips    :368.43pips
勝率      :47%

累計の損益 :+410.12pips
1回のトレードで得するpips:1.9pips

214回トレードし、+410.12pipsを獲得しています。

1回のトレードでは、1.9pips得する計算になります。

これは私が、2018年11月21日~12月11日までの3週間、ISSを実践した際のデータです。ちなみに日別のデータは、ブログとツイッターで毎日報告しています。

こちらのデータを見て、どう思われますか?

「なんだ、大したことないな」
「これくらいなら、自分でも出来るな」

そう思われた方には、ISSは不要です。

ぜひ、今使われている手法を続けてほしいと思います。

ただ、
「なかなか安定している手法だな」
「1回のトレードで1.9pips得するって悪くないな」
「自分もこれくらい勝ちたいな」
そう思われた方にとっては、朗報があります。

この手法、誰がやっても同じ結果に収束すると確信しています。

〇ISSの概要

この手法、ISSは、スパンモデルを活用したスキャルピング手法です。
スパンモデルは日本のFX会社であれば、標準搭載されているところも増えてきました。
また、MT4でも簡単に表示することが出来ます。MT4で表示する方法も解説しています。そのため、海外口座をご利用の方でも実践することが可能です。

ISSは、勝率よりも、損小利大に重きを置いた手法です。

冒頭のデータ通り、勝率は47%程度です。

損小利大を徹底することで、利益を残す仕組みとなっています。

利が乗ったポジションを可能な限り大きく伸ばすので、一つのポジションを、数十分保持することもあります。

そういった意味では、超短期売買を繰り返すという一般的なスキャルピングのイメージとは一線を画したものになっています。

〇ISSの優れているところ

ISSを開発する上で、何よりも重要視した点があります。

それは、再現性が高いこと。

誰がやっても同じ結果に収束するためには、再現性が極めて高い必要性があります。

そのためISSは、以下の2点に徹底的にこだわりました。

①シンプルな手法であること

②エントリータイミングとエグジットタイミングが、視覚的に分かりやすく、間違えようがないこと。

これによって、誰がやっても同じタイミングでエントリーし、同じタイミングでエグジットする手法を実現することが出来ました。

もちろん、FXを始めたばかりの初心者の方でも、同じ結果に収束すると確信しています。

誰がやっても、1回のトレードで1.9pips得すると確信しています。

〇ISSの全てがここに

ISSを間違いなく実践してもらうため、今回、電子書籍を作成しました。

全75ページに渡る書籍です。

読んだその日から、ISSを実践することが可能です。特別な準備は必要ありません。

最後に、もう一度だけ。

ISSは、誰がやっても1回のトレードで1.9pips得するスキャルピング手法だと確信しています。

興味がある方だけで構いません。

ぜひ、購入のご検討いただけましたら幸いです。

ISSについてQ&A

ISS発表後に頂いた質問等についてまとめています。

Q1.

スキャルピングということで、スプレッドの狭い国内業者のほうがいいでしょうか?

A1.

一般的なスキャルピングと比べると、海外業者でも勝ちやすいです。一般的なスキャルピングと比べると、エントリー回数が少ないためです。

(平均的に、1つの通貨ペアを1時間監視すると、エントリーチャンスは1~3回程度)

ただ、スプレッドが取引コストである以上は、海外業者より、国内業者の方が、pipsで見た場合の成績は良くなります。

一方で、金額で見た場合の成績は、海外口座の方がよくなる可能性もあります。

【具体的に】

国内業者:1回のトレードで2.0pips得する

海外業者:1回のトレードで1.0pips得する

という条件のもと200回トレードを行うと、

国内業者:+400pips

海外業者:+200pips

となります。

獲得pipsは2倍程度ですから、国内業者のレバレッジよりも2倍以上大きなレバレッジで取引をすれば、金額的には海外業者の方が勝ることになります。

そのため必ずしも、スプレッドの狭い国内業者方がいいとは限りません。

 

Q2.

1日にエントリーチャンスは何回ありますか?

A2.

1つの通貨ペアを1時間監視すると、平均的には、1回~3回のトレードチャンスがあります。

もちろんその時々の流動性によって、平均より多くなる時も、少なくなる時もあります。

 

Q3.

どの通貨ペアで取引をしますか?

A3.

基本的には、どの通貨ペアでも取引が可能です。

ただ、出来るだけ流動性が高く、トレンドの出やすい通貨ペアがオススメです。

私自身は、

ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円、ユーロポンドの6つの通貨ぺを監視しています。

 

Q4.

取引をする時間帯を教えてください。

A4.

東京時間からNY時間まで、どの時間帯でも取引が可能です。

出来るだけ値動きが活発な方がいいので、株式市場が休場の日や、重要な指標を控えて値動きが閑散としている時間帯は、取引に不向きです。

また、1日に1時間~2時間程度、まとまってチャートを監視できる時間があると、ISSをより実践しやすくなります。

 

Q5.

何分足を使用しますか?

A5.

1分足のみ使用します。

再現性の高い、シンプルな手法にこだわったので、1分足のみでエントリーからエグジットまで完了するようになっています。

Q6.

MT4で実践することは可能ですか?

A6.

可能です。書籍をダウンロードする際、ISSのテンプレートも同時にダウンロードして頂くことが可能です。

こちらのテンプレートをMT4に表示させることで、さっそくISSを実践することが可能になります。

 

今後も、ご質問を頂いた場合はこちらに追加予定です。

16
人気商品ランキング(本数-3ヶ月間)
おすすめ商品(キャンペーン商品)
人気商品ランキング(合計額 - 3ヶ月間)

GogoJungleを初めてご利用する方へ商品のご利用まではかんたん3ステップ!

GogoJungleでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。また、商品のご購入は通常会員様に限られさせていただいております。今すぐ会員登録をして、Gogojungleを活用してみませんか!

01
ユーザー情報を入力し会員登録
02
案内に従い購入
03
マイページからダウンロード