金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

バックテスト無料版 超インジロボ☆グレートコンバッタM

バックテスト無料版 超インジロボ☆グレートコンバッタM

バックテスト無料版 超インジロボ☆グレートコンバッタM 自動売買
質問はコチラ(0)
☆彡フォワード好調、22通貨運用対応「いいこと取り」EAのバックテスト無料版をお試しください☆彡
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
チャールズ
登録更新日
-
バージョン情報
-
マイプロフィール
チャールズ
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
106,771円
プロフィットファクター
4.74
リスクリターン率  ?
3.95
平均利益
2,230円
平均損失
-605円
口座残高  ?
1,106,771円
収益率(全期間)?
35.15%
勝率
56.25% (63/112)
最大保有ポジション数  ?
4
最大ドローダウン  ?
7.02% (27,040円)
最大利益
15,045円
最大損失
-2,220円
推奨証拠金  ?
303,741円
含み収益
0円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-

公式運用(収益額)

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2021
2020
2019
2018
2017
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[EUR/JPY] [USD/CHF] [USD/JPY] [USD/CAD] [EUR/GBP] [EUR/AUD] [EUR/CHF] [GBP/CHF] [CAD/JPY] [GBP/JPY] [AUD/CAD] [AUD/CHF] [AUD/JPY] [CHF/JPY] [EUR/NZD] [EUR/CAD] [CAD/CHF] [NZD/JPY] [GBP/AUD] [GBP/NZD] [GBP/CAD]
取引スタイル
[デイトレード] [スイングトレード] [ポジショントレード]
最大ポジション数
4その他: ロング最大2、ショート最大2、両建て
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
0.5その他:  1ポジ0.1ロット ナンピン0.15ロット 両建て
使用時間足
M15
最大ストップロス
50その他: ※50はナンピン発動幅、ナンピン100
テイクプロフィット
0その他: ナンピン90
両建て
あり
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ フォワード好調、22通貨運用対応「いいこと取り」EA ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ この度は、本EAをご覧頂きありがとうございます。 超インジロボ☆グレートコンバッタMのバックテスト無料版です ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 特別限定価格¥19,500で販売中!!出品EAはこちらです。 https://www.gogojungle.co.jp/systemtrade/fx/19894”>超インジロボ☆グレートコンバッタM  コンバッタMのエントリー条件の優位性に 上がればトレイリングストップ、下がればナンピンと エグジット条件を利益率重視に設定、ナンピンも1回に限定し 低ドローダウン志向の投資戦略ツールとして優位性を確立致しました。 ☆彡5種類のマイナーインジケーターを採用☆彡  RVI ==相場のボラティリティを判断  アリゲーター ==トレンドをキャッチ  フラクタル ==ボックスをキャッチ  デマーカー   ==トレンド転換をキャッチ  パラボリック  ==トレンド転換をキャッチ 上記5つのインジをボリンジャーバンドと融合させ優位性を高めています <<安定したフォワード実績>> ☆バックテストの検証☆ バックテストの成績をフォワード実績と 比較検証してみました。 ◆検証期間 フォワード実績 計測期間:2019年8月13日~2021年3月28日 バックテスト 計測期間 :2009年8月1日~2019年8月1日 ◆通貨ペア EURJPY ◆プロフィットファクター フォワードテスト 4.74 バックテスト   1.63 ◆リスクリターン率 フォワードテスト 3.95 バックテスト   4.85 ◆勝率 フォワードテスト 56.25% バックテスト   54.49% ◆最大ドローダウン フォワードテスト 7.04% バックテスト   5.64% ◆取引回数 フォワードテスト 112回 10年換算 フォワードテスト 689回 バックテスト   613回 上記、バックテストでの成績に劣らないフォワード結果を 継続中です。 ◆22通貨ペア対応(10年バックテストPF1.50以上) バックテストPF1.5以上の成績を22通貨ペアで達成! クロスレート3通貨を敢えて同じ設定にて運用する事で リスクコントロールにも対応致しました。 平均PF1.94 平均ドローダウン8.8%(スプレッド20、FXDDで実施) バックテスト通貨別成績表(設定は通貨毎別設定) 22通貨対応表.png EURAUD10年 EURAUD10年.gif EURJPY10年 EURJPY10年.gif GBPNZD10年 GBPNZD10年.gif ◆クロスレートの優位性について クロスレートの重なり合いについて 通貨ペアの価格設定は、ドルストレートとクロスレートがあり、 通貨ペアの分子、分母にドルが無い通貨に関しては 対ドルのペアから逆算した相対値となります。 これをうまく活用すると、ロットとPip数など相対値をすべて 合わせて、下記のようにクロスレートを反対売買でエントリーをすると スワップ、スプレッドなどを無視した場合、 永遠に損益を0に引き分けが続く事になります。 例  GBP/JPY 売りEUR/GBP売りEUR/JPY買い GBP/JPYとEUR/GBPはGBPが分子と分母で反対なので同じポジション(売り) EUR/GBPとEUR/JPYについてはEURが同じ分子なので反対ポジション(売りと買い) 必然的にGBP/JPYとEUR/JPYは反対売買となり、3すくみとなり これを同じボリュームでエントリーすると片方の通貨ペアで負けても、 他の2通貨の総和がプラスとなるのでずっと引き分けとなる理屈となります。 ※基本的に引き分けにするメリットはありませんが、 これをEAに当てはめると、成績が良いクロスレート通貨ペアを 設定が同じ条件、同じEAで運用すると、 長期的に見て優位性を保つ事が出来るのでは、と言う一つの見方が出来ます。 ◆クロスレート別共通設定例(バックテスト) ※バックテストからの設定例 GBPJPY/EURGBP/EURJPY //GBPJPYの推奨条件に合わせた場合// ナンピン発動PIPS = 10 ナンピンTP = 20 ナンピンLC = 190 GBPJPY PF2.14 GBPJPY10年.gif EURGBP PF1.57 EURGBP10年(GBPJPY設定).gif EURJPY PF1.59 EURJPY10年(GBPJPY設定).gif 当EAはこのようなクロスレートによる運用に対応でき、 リスク管理としての幅が広がるかと思います。 ◆パラメーターの説明 パラメータ説明.png ①許容スプレッド 許容したスプレッドより、スプレッドとスリッページを加算した値が 下回らないとエントリー出来ないようになっています。 ②トレイリングストップ用マジックナンバー ナンピン用とロジックが違うので重ならない様に桁を変えて設定してください。 ③ナンピン1用マジックナンバー トレイリングストップ用マジックナンバーと重ならない様に桁を変えて設定してください。 ④取引ロット数 トレイリングストップ用のエントリーの際のロット設定です。 ⑤ナンピンロット数 ナンピン1発動時のロット設定です。 ⑥ナンピン発動pips 最初のエントリーからナンピンが発動するまでの幅を設定します。 設定されたpips数までマイナス方向へ動いた時にナンピンが発動します。 ⑦ナンピン1テイクプロフィット ナンピンポジションの利確値を設定します。ナンピン決済時同時に 最初の同じポジション側エントリーも決済されます。 ⑧ナンピン1ロスカット ナンピンポジションの損切の値を設定します。ナンピン損切と同時に 最初の同じポジション側エントリーも決済されます。 無料のバックテスト版をお試し頂き、ご検討いただいた上で もしよろしければご利用頂けましたら幸いです。
販売開始日: 2021年3月30日 11時04分
利用者数: 9名

価格:無料 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2021年3月30日 11時04分
利用者数: 9名

価格:無料 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。