金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

逃げ切りの刃

逃げ切りの刃 自動売買
質問はコチラ(0)
USD/JPY専用!価格が長期的なレンジを抜ける前に小刻みに取引を行い逃げ切りを狙います。
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
るなまる
登録更新日
2021年2月17日
バージョン情報
1.0
マイプロフィール
るなまる
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
7,519円
プロフィットファクター
-
リスクリターン率  ?
0.59
平均利益
200円
平均損失
0円
口座残高  ?
1,007,519円
収益率(全期間)?
10.40%
勝率
100.00% (38/38)
最大保有ポジション数  ?
11
最大ドローダウン  ?
16.00% (12,705円)
最大利益
209円
最大損失
0円
推奨証拠金  ?
72,289円
含み収益
-11,970円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-
外為ファイネスト MT4-ZERO口座開設

公式運用(収益額)

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2021
2020
2019
2018
2017
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[スキャルピング] [デイトレード] [スイングトレード] [ポジショントレード]
最大ポジション数
201
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
99その他:  指定はありません。各業者に合わせてください。
使用時間足
M1
最大ストップロス
-
テイクプロフィット
20
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
こんにちは、るなまるです。 普段はビッグデータの分析を行っているエンジニアです。 いわゆる「データサイエンティスト」という業種ですね。 職業柄データを分析することが得意なため、FXについても様々な角度から検証しています。 過去にテクニカル分析を中心としたEAをいくつか自作してきましたが、今回はいつもと違ったベクトルからEA制作を行いました。 目的は、9割のトレーダーが負けている現実があり、その原因を過去データから推察し改善策をシステム化することです。

【9割のトレーダーが負けている理由】

  • 資金管理がうまくできず、大きなロスカット
  • スプレッドが積み重なり証拠金を減らしていく
  • 手法が定まっていない、勝てる手法ではない
  • メンタルのコントロールが出来ていない
各トレーダーによって様々ですが、これらが主要な原因となっているのではないでしょうか。 この原因を突き詰めると全て「損切りをしたから」に収束します。 つまり極論を言えば「損切りをしなければ負けない」と言い換えることができます。 着目した点は、年単位のマクロな視点で見るとどの通貨もレンジ相場である」ということです。 例を出すと、2014年から2020年までの7年間でドル円は99円から126円で推移しています。 つまりドル円では99円から126円の取引のほとんどが救われたということですね。 ※直近3年間では101円から114円で推移 よって、90円から130円までの間でポジションを持たせ損切りを一切しなければ勝てる」という仮説を立てました。 「莫大な資金が必要なのでは?」と疑問が出てきますね。 ご認識の通り、この手法で最も大切なことは適切な資金量と適切なロット数です。 そこで「必要な資金はいくらなのか」についても合わせて検証しています。

【「逃げ切りの刃」のロジック】

基本的な構成を列挙します。
  • 長期保有型のEAであり、ドル円の価格が90円から130円の間に収まることを想定しています。
  • 売買ロジックはロングとショートそれぞれ201パターン、合計402パターンで構成されています。
  • それぞれの売買ロジックを独立させているため、1つのロジックは複数のポジションを持ちません。
  • 最大保有ポジション数は201です。
  • 取引回数が非常に多く、細かく利益を積み上げるスタイルです。
  • TP(利確)はパラメーター化しているので変更できますが、デフォルトは20pipsで設定しています。
  • 20pipsの利益確定をするまでポジションを持ち続けます。(損切りをしない、週末持ち越し有り)
  • 利益確定をするとそのポジションは精算され、再度条件を満たすと新たにポジションを持つ仕様です。
ドル円の価格が90円から130円の間に収まる限り、上記の動作を繰り返し続けます

【「逃げ切りの刃」の解説】

複利運用、ピラミッディングはリスクが増大するため行いません。 リスクを最小限にとどめ、安定感を重視しています。 また、最適化、カーブフィッテイングを行っていません。 想定しているレンジを超えた場合の救済措置として、指定している価格内以外での新規ポジションを持たないロジックを組み込んでいます。 つまり、ドル円では90円未満、130円以上では新規エントリーを行わず利益確定の決済のみを行います。

【「逃げ切りの刃」の使い方】

価格が長期的なレンジを抜ける前に小刻みに取引を行い、逃げ切りを狙います。 <安定型> 証拠金△△万スタート → レンジを抜ける前に△△万を増やし出金 → 残り△△万で長期的なレンジを抜けるまで利益を上げ続ける <チャレンジ型> → 半年、1年後に大きな価格変動がないと読むならばロット数を上げ△△万を増やし出金 → 残り△△万で長期的なレンジを抜けるまで利益を上げ続ける

【バックテスト結果】

取引期間:2014年2月1日~2021年1月31日(7年間) 通貨ペア:ドル円 スプレッド:1pips スリッページ:2pips 時間足:1分足 テイクプロフィット:20pips ストップロス:無し ロット数0.01ロット 初期証拠金:200万円 nigekirinoyaiba_USDJPY90_130_7年TP20.gif

【結果報告】

総取引回数は12831回、証拠金最大減少額は105万、残高が212万増えて純利益は459,425円でした。 バックテストの結果はゆるやかな右肩上がりで、仮説通りの結果となりました。

【取引結果の分析】

取引開始時の価格は102.15円、期間中の最高値は125.90円、最安値が98.80円 取引終了時は104.72円となっています。 7年間で45万の利益は少なく感じますが、純利益はロット数に依存するため0.02ロットなら90万、0.1ロットなら450万の純利益になりますね。 続いて、期待値を見ていきましょう。 取引回数が12831回、勝率96%なので12316回が勝ち取引です。 市場が開いているのは年間でおよそ260日、7年間で1820日とすると 1日平均は 12316 ÷ 1820 = 6.76回の勝ち取引となります。 つまり20pipsの利確を6.76回、1日当たり135pipsを取っている計算になります。 よって、(開始日からの日数 × 135pips) ー 含み損 = 損益となるため、長期的な運用が適しています。 「逃げ切りの刃」は「取引開始時の価格と期間中の最高値」また「取引開始時の価格と期間中の最安値」のそれぞれの乖離が小さいほど利益を積み上げやすい(含み損が少ない)特徴があります。 今回の開始時から終了時の価格の変動幅は 102.15 - 125.90 = 23.75円 102.15 - 98.80 = 3.35円 つまり、約27円の大きな値動きでは証拠金の最大減少額は105万円というデータが取れました。

【直近3年間のバックテスト結果】

ドル円3年TP20pips.gif 取引期間:2018年1月2日~2020年12月31日(3年間) 総取引回数は4016回、証拠金の最大減少額は10万、残高が68万増えて純利益は27万円でした。 直近3年間での開始時から終了時の価格の変動幅は 114.57 - 112.60 = 1.97円 112.60 - 101.09 = 11.51円 つまり、約13円の値動きでは証拠金の最大減少額は10万円というデータが取れました。 この2つのデータから必要な証拠金を算出すると、13円の値動きで10万円、27円の値動きでは105万円が最低でも必要になってくることがわかります。 この基準値を参考に、半年、1年後の値動きが大きいと読むならばロット数を抑えめに、 もしくは値動きが5~10円程度と予測するならロット数を増やす、などの選択肢も取れるでしょう。

【考察】

「逃げ切りの刃」は長期的に運用することにより、冒頭で述べた9割が負けている原因の大部分を解決しています。 資金管理がうまくできず、大きなロスカット ・・・事前に想定される損益がある程度わかっているため、EA設定時に適切なロット数にすれば解決するでしょう。「逃げ切りの刃」は含み損を必ず抱える仕様であるため初期証拠金を下回ることもありますが、少しずつ残高を積み上げていく結果がでています。 スプレッドが積み重なり証拠金を減らしていく ・・・スプレッドの値に関わらず、96%の取引はポジション毎に20pipsの利幅で決済しています(7年間のバックテストより) そのため、他の手法に比べてスプレッドの影響は小さくなります。 手法が定まっていない、勝てる手法ではない ・・・長期的なレンジをブレイクしない限り、残高を積み上げる結果がでています。 メンタルのコントロールが出来ない ・・・24時間自動売買のため、メンタルが取引に影響することはありません。しかし、含み損を抱え続ける仕様のため含み損への理解は必要です。

【デメリット】

細かく利益を積み上げていくEAのため、短期間で大きく稼ぐことは出来ない ・・・小刻みに取引を行うため、1取引の利益は少ないです。長期的な手法となります。 想定している長期のレンジをブレイクした場合は退場リスクがある ・・・ドル円が150円になる。もしくは50円になるなど、想定外の価格になった場合は資金が足りずに退場してしまう可能性が高まります。 救済措置として90円以下、130円以上では新規エントリーを行わないロジックを組み込んでいますが、レンジ内に価格が戻ってこない限り厳しい結果になりかねません。 逆にとらえると、想定している長期のレンジ内に価格が収まっている限り永続的に利益を生み続ける可能性が高まります。 この点については、長期的に想定しているレンジ内に留まるかどうかの不確定要素をどのように捉えるかで「逃げ切りの刃」の評価が変わってくるでしょう。 必要資金が大きい ・・・検証の結果、直近3年間で利益を上げるためには最低10万円、7年間では最低100万円が必要でした。

【まとめ】

FXは投資ではなく投機であると言われています。 一般的なテクニカル分析を利用したFX取引では株式などに比べてギャンブル要素が強いためですね。 「逃げ切りの刃」は資金管理を軸にした手法であり、利益を積み上げつつリスクを最小限に抑えた手法です。 最大の長所は、想定したレンジ内であれば半永久的に利益を積み上げていく可能性があることです。

【対応業者】

特に指定はありませんが、最大ポジション数(201)が可能な業者でお願いします。

【パラメーター】

逃げ切りの刃ドル円パラメーター.png Lots・・・ロット数。デフォルトは0.01ロット StopLoss・・・ストップロス 損切りを行わないため、0.0を指定 TakeProfit・・・利益確定のpip数 Slippage・・・スリッページ マジックナンバー・・・1~402を使用しています。 ※他のEAと併用する際はマジックナンバーが重複しないようにして下さい。 時間足は1分足に対応しています。 ご覧いただきありがとうございました。 投資家の皆様のお役に立てれば幸いです。
販売開始日: 2021年2月21日 16時59分
利用者数: 0名

価格:¥27,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2021年2月21日 16時59分
利用者数: 0名

価格:¥27,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。