金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ふうらんNZD/JPY

ふうらんNZD/JPY 自動売買
質問はコチラ(0)
貯金型EA 心と体にゆとりを 10年で資産が2倍になる予定です
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
登録更新日
-
バージョン情報
-
マイプロフィール
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
-29,101円
プロフィットファクター
0.99
リスクリターン率  ?
-0.11
平均利益
13,418円
平均損失
-6,381円
口座残高  ?
970,899円
収益率(全期間)?
-5.40%
勝率
32.03% (74/231)
最大保有ポジション数  ?
1
最大ドローダウン  ?
35.25% (256,512円)
最大利益
69,890円
最大損失
-21,470円
推奨証拠金  ?
539,024円
含み収益
0円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-
※EAの計測は停止しております。

公式運用(収益額)

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2021
2020
2019
2018
2017
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[NZD/JPY]
取引スタイル
[スイングトレード]
最大ポジション数
-
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
-
最大ストップロス
-
テイクプロフィット
-
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし




自己流の裁量トレードで思うように成果が出なかったので、マーフィーさんの スパンモデルを取り入れて実践したところ利益を出せるところまで行きました。 しかしながら、決めたルール通りにトレードをしない時に、その利益分を 失うようなトレードになり、システム化して設定したテクニカル通りにトレード を行うため、つまり、自分自身のリアル口座トレードのために、ふうらんNZD/JPYを 開発し、頻繁にバージョンアップを繰り返して来ました。 私のリアル口座トレードでは、バックテストやfx-on.comのフォワードテストと同様 年率20%から25%増を実現出来ています。 ※カーブフィッティングを行なっていないからバックテストと近似値で推移していると考えています。 バックテストでは、NZDJPYが最も良い成績ですが、手にとっていただいたお客様には 他の通貨でもお試しいただければ幸いです。 【使用テクニカルとトレードロジック解説】 相場のリズムが変わると特定のシストレロジック(EA)は、有効でなくなるという ことが言われますが、自分のリアル口座トレードで長く使えるEAをと考えた時 トレンドでポジションを持ち、レンジで決済を行うトレンドフォロー型EAしかないと 考えています。 テクニカルでトレンドに入ったことを確認するのは然程難しいとは考えませんが レンジに変わったことを察知するために、ボリンジャーバンド、MAで処理をしています。 この方法が、過去の経験からも長期間、有効に機能してくれています。 【ストップはどのように設定しているのか?】 一般的な動きの相場であれば、ストップはトレンドが終了した時点で入る設定となっています。 レートが大きく動いた時など緊急回避的なストップは、ボリンジャーバンドの2σに設定しています。 【使い方】 私自身、クリスマスも正月も停止しません。 上述のロジックとストップ機能に完全に任せているのが、良い結果を生む と考えているからです。裁量を入れると失敗します。 【証拠金】 円口座30万円(ドル口座2,500$)から使用いただけると考えています。 【推奨条件】 通貨ペア:NZD/JPY 時間足:30分足 BBPeriod1 = 126 tikou = 29 レバレッジ:1.5倍程度 適切運用額は最小単位0.01ロット換算の場合です。 【プログラム概要】 タイプ:スイングトレード / トレンドフォロー型 ポジション:1ポジションのみ きっちり損切りします マジックナンバー:20094040 両建て:なし 搭載パラメータ: ロット / スリッページ / BBPeriod1 / tikou 【パラメータについて】 ・ロット変更時の注意点 シグナル発生時ロットに入力した分発注します。 ただし保有ポジションがある場合は発注しません。 決済シグナル発生時は対象となるマジックナンバー全てを決済します。フラットになるという事です。 ポジション保有中は途中でロット変更をしても次回取引まで自動で調整はしません。 どうしても途中で保有ポジションを増やしたい場合はロット変更後に一度決済して頂くしかありません。その後シグ ナル確認して発注します。 減らしたい場合は途中で保有ポジションの一部を決済しても構いません。決済時は残りの分について決済します。そ して次回発注時はパラメータを変更しない限りパラメータ通りに発注します。 ・カスタマイズについて デフォルトでは30分足を利用しNZD/JPY3時間足の相場を狙っています。 ただし以下のパラメータを変えることにより、自分の狙う相場にカスタマイズすることが可能です。 *注意 メジャーな通貨ペアで試した結果NZD/JPYが一番成績が良かったです。 研究熱心な方はカスタマイズや更なる最適化をお願いします。 BBPeriod1:ボリンジャーバンドの期間です。 tikou:遅行線の期間です。 【説明】 このプログラムはマーフィー氏考案の「スパンモデル」、「スーパーボリンジャー」に基づき私なりに自動売買へ 応用してみたプログラムです。 マーフィー氏の手法をプログラム化した物ではありませんのでご注意ください。 本来の「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」の利用法とは違いますが、ベースとして使用させて頂いています ので本来の利用法を勉強されると分かりやすいと思います。 http://www.span-model.com/ このプログラムには 豊嶋久道氏 著作「FXメタトレーダー実践プログラミング」で紹介されているサンプル プログラムが使われています。 http://forex.toyolab.com/ まだまだ人間が感じる感覚やら気配をプログラムできていませんが、概ね間違ったトレードはしません。 仕掛けるタイミングについては良くも悪くも優秀だと思います。 逃げるタイミングがいまいちなのとレンジ相場への対応が課題となります。 損切りをきっちり行いますので勝率は低くなります。 1往復100pips以上の利益でトレンドに乗れたと判断して評価すると勝率22%です。 大きな波は確実にとらえ利大損小で結果プラスを狙います。 1年間だけでみるとマイナス運用になる年があります。 5~10年単位で考えて頂ければ幸いです。 【自分について】 私は週5日出勤/土日祝休みの会社員です。 残業で1日16時間労働や休出が当たり前になっておりPCを監視しにくい状況です。 そんな自分の為に作ったプログラムです。 短時間での売買を繰り返すようなプログラムでは トラブル発生時対応が遅れると取り返しがつかない可能性が高く リスク回避のために中期的なトレード戦略を採用しています。 ==================================== 私なりにこのプログラムとの付き合い方を書きますので参考にして頂ければ幸いです。 365日放っておいても 10年で2倍になる予定というまったりしたプログラムです。 毎月貯金をするような感覚での運用をオススメします。 最大減益はdealbookで検証したときは1万通貨時おおよそ-3000pipsです。 スワップは全く気にしていません。 3~4時間足のレンジ相場には非常に弱いです。 レンジ相場での損失ですので通常1往復-200pips以内の予定です。 レンジ相場で動きが小さい状態が続きトレンド発生パワーを貯めたと判断した場合 トレンド発生を狙ってポジション量を増やしても良いと思います。 動きが小さい分損失しても少なく トレンドが発生すると大きな利益が得られます。 自宅PCで稼働していますが停電リスクや通信リスク軽減のためにも証券会社様で採用して頂ける事を祈っています。 大震災で数日停電した際には決済もできませんでしたが自分のEA中期トレンドを信じていたので精神的には楽でし た。結局は利益を出せたので自信が持てました。
販売開始日: 2012年12月14日 20時42分
利用者数: 0名

価格:¥36,823 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2012年12月14日 20時42分
利用者数: 0名

価格:¥36,823 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+1,480円)詳細

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。