金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

Rhino_USDJPY

Rhino_USDJPY 自動売買
質問はコチラ(13)
極めてシンプルなロジックで相場のスキを突く!逃走モード搭載でローリスク設計!プロフィットモードと勝率モードを切り替えてお好みの性格で運用可能!トレンドフォローのデイトレなサイです。
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
micco
登録更新日
2019年12月9日
バージョン情報
1.1
マイプロフィール
micco
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
10,100円
プロフィットファクター
1.07
リスクリターン率  ?
0.3
平均利益
1,825円
平均損失
-1,285円
口座残高  ?
1,010,100円
収益率(全期間)?
9.26%
勝率
43.01% (83/193)
最大保有ポジション数  ?
1
最大ドローダウン  ?
23.22% (33,730円)
最大利益
4,600円
最大損失
-5,000円
推奨証拠金  ?
109,074円
含み収益
-1,520円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-

公式運用(収益額)

リアル運用(pips)

※スワップと手数料を含めて成績を表示しています

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[デイトレード]
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
10その他:  ブローカーの指定する最大ロット数に依存
使用時間足
H1
最大ストップロス
50その他: ボラティリティに応じて変動、内部ロジックにて早期決済あり
テイクプロフィット
50その他: 勝率モード使用時はテイクプロフィット解除
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
詳細は下記をご参照お願いいたします。

■□□  正確なフォワードをご確認ください  □□■

Gogojungleにてフォワードを実施していただいておりますが、動作が不安定で実際のフォワードとネガティブにズレています
以下にOANDAでの正確なフォワードを掲載いたします。
ぜひ下のURLから詳細をご確認いただけると幸いです。

https://www.myfxbook.com/members/miccofx/rhino-oanda/5805210

 

■□□  ありがとうございます。  □□■

たくさんの方々に Rhino_USDJPYをご紹介いただいており、心より御礼申し上げます。

投資ナビ+
 ちょっと違った切り口でご紹介いただいており、私自身とても参考になりました。

自由な生活を実現するためのFX自動売買libetac様)
 ご紹介記事を拝見すると、商品紹介ページを評価していただいており今後の励みになります!

FX EA検証!!Larry様)
 私がEAに触れ始めた当初から参考にさせていただいてるサイトでして、まさか自分のEAをご紹介していただける日が来るとは思ってもみませんでした。

FX自動売買で副収入日記。HINOTORI様)
 過去の記事を拝見すると「以前ほど魅力的と思えるようなEAに出会わない」と仰られている中での Rhino単独ピックアップ!

W & E の自助努力令和のだぶるいー様)
 言わずと知れたEA界の大先輩、令和のだぶるいーさんにもご紹介いただきました!内容は身に余る思いですがとても嬉しいです^^

ANGEL FXからぶす社長様)
 大ヒットEA「Angel Heart」の生みの親、エンジェル様(からぶす社長様)にもご紹介いただきました!ご紹介記事を拝見すると Rhino_USDJPYの導入を決定していただいた様です!

 

また、Twitterでもたくさんの方からご支援のお言葉をいただき誠に深く感謝いたします。


 

これからも精進します!
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

■□□ バージョンアップ □□■

2019/12/05 ver 1.1
 ・エントリーコメントの不具合を修正
 ・「エントリー時間制限機能」搭載
 ・「エントリー曜日制限機能」搭載

 

■□□ 概要 □□■

  • Rhino (読み:ライノ、意味:サイ)
  • 対象通貨ペアはUSD/JPYです。
  • 1時間足で稼働させるため、短時間足稼働のEAよりも相場のノイズを拾いにくく、長時間足よりもテンポ感のあるトレードをします。
  • トレンドフォローのデイトレードタイプです。
  • 始値でエントリーをすることでバックテストの再現性を重視した設計です。
  • 相場のボラティリティに応じてストップロスが変動し、不必要に大きな損失につながる機会を極力抑える仕様にしました。
  • 最大ポジション数は1ポジション、両建てはしません。
  • 値動きのある相場を得意とし、値動きが比較的穏やかな時間帯はエントリーを控えます。
  • サマータイムの自動切換え機能を搭載しています。
  • ナンピンやマーチンゲールといった、リスクの高いトレードは行いません

 

■□□ 特徴 □□■

【極めてシンプルなロジック設計】

Rhino はできる限りシンプルなロジック設計になるようにこだわりました。
コアロジックは、EAにはあまり採用されていない「RCI」を使用しています。
また、長時間軸の方向性を確認することで、環境認識を備えたエントリーロジックとなっています。

 

 

【他のEAとの相関関係】

Rhino は前述のとおりコアロジックにRCI を採用しています。RCI の正式名称は “Rank Correlation Index” で、日本語で「順位相関係数」といいます。時間と価格に順位を付け、その相関関係を指数化したもので、直近の値動きに比重を置いたインジケーターとなります。
RCI はEAのロジックに採用されることが少なく、このRCI をコアロジックに採用しているRhino のトレードは既に稼働させている他のEAとの相関関係が低くなりやすくポートフォリオの向上に期待できます。

そこで、Gogojungle で販売されている(販売されていた)他のEAを任意のカテゴリー別に分け、Rhino と各EAの月単位での損益の相関関係をQuant Analyzer を使って月単位での損益相関について確認してみました。(画像クリックで大きな画像が表示されます)

  • シストレ売れ筋ランキングTOP20(2019/09/03時点)
    比較EA一覧・・・Swing_Max_GBPUSD, NEO_Sca_Morning_USDJPY, TurtleMagic_GY, Pips_miner_EA, 一本勝ち, Jellyfish_Forex, レバレッジセオリー, デュアル・キャスト, Beatrice DELTA4, メガ・ストラテジー, Prospect_FX_AUDNZD, コペルニクス・ベーシックUSDJPY版, ユーロエーン EURJPY, Pips_miner_EA_EURAUD, LEGALO, EA-HANA-Dev.Edition, Scal_System_EURUSD, Avail -USDJPY-, 3本の矢, 雷神EA(2019/09/03時点のランキング順)

    Quant Analyzer では「0.4以下」が相関が低いとされています。
    画像のとおりRhino はGogojungleのシストレFXランキングTOP20の全てのEAとの損益相関が「0.3」を超えるものは無く相関関係は低いことが確認でき、ポートフォリオの向上に期待できます。


  • 同じ通貨ペアのEAとの相関
    比較EA一覧・・・Angel Heart Lono, AngelHeart, Bee_3_USDJPY, Color Your Life V2, EGOIST (USDJPY), Hornet USDJPY, MB-TradingSystem, MultiLogicShot_EA, NEO_Sca_Morning_USDJ, Ririy&Racco's Hippo, SilverCoyote, White Bear Z USDJPY, YellowBicycleScalper, オンリーワン(スタンダート), ギガガルーラUSDJPY, スキャルピングドラゴン, ブレイクスキャルシステム, ホワイトフェニックス, 梓弓_USDJPY, 一本勝ち, 上がり3ハロン, 勢いに乗るっす(昇順)

    Rhino と同じUSD/JPYの通貨ペアで稼働させるタイプのEAとの損益相関を確認しました。こちらも全体的に相関は低く、半数以上が「0.1以下」で、全てのEAとの相関が「0.3以下」であり、同じ通貨ペアのEAであっても相関が低い事が確認できました。


  • 人気EAとの相関
    比較EA一覧・・・3本の矢, Angel Heart Lono, AngelHeart, Beatrice DELTA2, Beatrice-07, Beatrice-ADX01, BlackPanther USDJPY, Color Your Life V2, EA_final_max_5pair, EA_final_max_w_mix, EA-HANA-Dev.Edition, EGOIST (USDJPY), Estoc, Flashes_v8_for_EURUSD, Forex Racco V2, Forex Solid, Forex_SnowLeopard_EU, Hornet USDJPY, InstaFX, InstaFX Evolution, MB-TradingSystem, MultiLogicShot_EA, MultiLogicShot_T2, NEO_Sca_Morning_USDJPY, Pips_miner_EA, Pips_miner_EA_EURAUD, Ririy&Racco's Hippo, Spiral_M1AUDCAD, White Bear Z USDJPY, YellowBicycleScalper, オンリーワン(スタンダート), ギガガルーラ_EURUSD, ギガガルーラUSDJPY, スキャルピングゼウス, スキャルピングドラゴン, ブレイクスキャルシステム, ホワイトフェニックス, ユーロエーン EURJPY, 一本勝ち, 上がり3ハロン, 勢いに乗るっす, 百花繚乱_EURUSD, 粉雪(利用者数250人以上のEA:昇順)

    利用者数が多く、かつ成績がプラス推移しているEAを対象にRhino との相関を確認しました。
    相関が0.2以上になるEAはわずか2つで、それでも0.3以下です。また、これだけの数のEAとの相関を確認しても、その半数以上が0.1以下という相関の低さが確認でき、ポートフォリオの向上に期待できます。

 

 

【逃走モード搭載でローリスク設計】

Rhino にはエントリー後、値動きがポジションと反対方向に動いた際に発動する「逃走モード①と「逃走モード②」を搭載しました。パラメータ設定でON/OFFを切り替えることができます。

  • 逃走モード①
    ポジションと反対方向に動きそうな兆候を察知すると、ストップロスまで待たずにポジションを決済して痛手を負う前に逃走します。

  • 逃走モード②
    エントリー後、値動きがポジションと反対方向の急騰急落の兆候を察知できた場合にポジションを決済して逃走します。

逃走モードをONにすることでポジションを素早く手仕舞い、損失を最小限に抑えて次のエントリーチャンスに備えます。

バックテストより、逃走モードがONの場合に損失になったトレードの内、約85%以上が最大ストップロスより少ない損失での逃走に成功している事が確認できました。

 

 

【相場のボラティリティに応じてストップロスが変動】

どの様な相場でもストップロスが固定値であればリスク管理がしやすいというメリットがあります。しかし、相場のボラティリティによっては設定したストップロスが大きすぎる、または小さすぎるという事が起こり得ます。
Rhino相場のボラティリティに応じてストップロスを変動させるロジックを搭載しました。
ただし、単純に全てのボラティリティに応じて変動させてると、ある局面では数百pipsという大きなストップロス設定になってしまう場面にも遭遇する可能性に備え、パラメータ設定で許容する最大ストップロスを設定できるようにしました。

 

 

【「プロフィットモード」と「勝率モード」】

Rhino はトレイリングストップ機能を搭載しています。
このトレイリングストップ機能のON/OFFを切り替えることで Rhino性格を変えることができます

  • プロフィットモード
    トレイリングストップ機能をOFFにすると「プロフィットモード」です。
    勝率を抑える代わりにリスクリワード(RR)が 上がります。勝率が抑えられる分負けトレードも増えますが、リスクリワードが1.2を超えているため、1度の損失以上の利益を1度の勝ちトレードで獲るので早いリカバリーに期待できます。損小利大タイプとなり安定的に利益を積み重ねます
    勝率:51.70% RR:1.23 RF:15.31 純益:$7,230 MAXDD:$472

 

  • 勝率モード
    トレイリングストップ機能をONにすると「勝率モード」です。
    リスクリワードを抑える代わりに勝率が上がります。エントリー後に値動きが安定してプラス方向に動いた際に、まずテイクプロフィット(TP)を解除し、次にその値動きの勢いが衰えるまでとことん追従して利益の取りこぼしを防ぎます
    勝率:59.44% RR:0.91 RF:17.13 純益:$6,474 MAXDD:$377

 

 

【充実した時間制御系の設定を搭載】

Rhino には時間制御に関する様々な機能を搭載することで、ポジションがリスクに曝される機会を抑制できる仕様にしました。

  • ポジション保有時間制限
    デフォルト設定ではポジション保有時間を最大23時間に設定し、ポジションがリスクに曝される機会を制限できるようにしました。

  • 週末ポジション強制決済
    週末に有事が起こることが多いため、週末にポジションを持ち越さない設定ができるようにしました。

  • 年末年始のエントリーを制限
    年末年始は世界的に相場参加者が少なくなり値動きが荒れやすいため、相場が安定するまで年末年始のエントリーを制限できるようにしました。

  • サマータイム自動補正
    パラメータ設定でGMTと、サマータイムタイプに米国式サマータイム、もしくは英国式サマータイムかを設定するだけで、それぞれのサマータイム時期にGMTが自動的に補正されます。

  • ロールオーバー時間の考慮
    ほとんどのブローカーでロールオーバー時間前後は注文を受け付けません。そのタイミングにエントリー、もしくは決済のフラグが立った場合にロールオーバー時間が経過するまで発注を遅延させることでエントリーや決済の機会を逃さない仕様にしています。

  • 瞬間的な注文エラーへの対応
    裁量トレードをされた事がある方であれば経験があるかと思いますが、EAのフォワード運用でも同様に瞬間的に注文が通らない事があります。そういった場合に、数百ミリ秒後に注文をリトライすることで対応(最大リトライ回数 3回)し、エントリーや決済の機会を逃さない仕様にしています。

  • その他の注文エラーへの対応
    通信途絶等の数秒~数分間程度の通信障害や、その他何らかの原因で注文エラーがあった場合に備え、注文エラーから数分後にリトライする仕様にしています。

 

■□□ その他 □□■

  • バックテストについて
    Rhino のゴゴジャンでのデモフォワードのブローカーはOANDA で稼働させるため、Tcik Data Suiteの変動スプレッドをOANDA のライブ口座のスプレッド環境にできる限り合わせました。ライブ口座で実計測した直近半年間の平均最大スプレッド、平均最小スプレッド、平均スプレッドの生データを参考にしてバックテストを実施しました。
    円建て・ドル建て、どちらの口座でも稼働します。ここに掲載しているバックテストのレポート結果は全てドル建て口座の結果です。円建て口座をご利用の方は掲載されているレポート結果に108円(2019/10/14現在)を掛けた数値を目安にご覧ください。

  • Rhino について
    Rhino のロジックは Dukascopyのティックデータを使用し、2006年~2016年の間の値動きを基に開発しました。その開発したロジックをそのまま2017年~2019年の期間でアウトサンプルテスト(バックフォワードテスト)を行いました。
    アウトサンプルテストの期間に直近3年分は欲しいと考え、またロジックの優位性を確認するためのバックテストの期間に10年間分のデータが欲しいと考えていた結果、現在から逆算したところ 2006年~2016年をロジック開発の期間に、そして直近3年間の 2017年~2019年をアウトサンプルテストの期間に採用することとなりました。

ロジック開発に使用した 2006/8/1~2016/7/31 までの期間(インサンプル)を直近から3年ごとに区切ったバックテストをQuantAnalyaer で表示したものを掲載します。3年ごとに区切る都合上、2006/8/1~2007/7/31 の1年間は省いています。

主だった項目を表にしました。


2016/8/1~2019/7/31 の成績と他の期間の成績を比較してみると、概ね同等の成績であり、むしろアウトサンプルの方が良い成績になっていることがわかります。


これらの期間をQuantAnalyzerで合成した損益グラフが下図です。


この損益グラフを見ても、ロジックの開発に使用したインサンプル期間以降のアウトサンプル期間もそのままの成績で推移していることが視覚的にも確認できました。

以上ことからこのロジックは実運用に耐えられるロジックであると判断しました。

これらの結果を踏まえ、各パラメータをチューニングし Rhino が誕生しました。

チューニング後のRhino 成績は以下のとおりです。

 

■ プロフィットモード


■ 勝率モード

 

 

【正確なフォワード状況確認のススメ】

現在の Rhinoのフォワード状況をご確認していただける様に Myfxbook ウィジェットを貼らせていただきます。是非ウィジェットをクリックして詳細をご覧ください。
下のウィジェットをクリックすると、Rhinoのフォワード状況を反映させたMyfxbook のページに飛びます。そこで各トレードやその他詳細をご確認いただけます。

ゴゴジャンでもフォワードを計測をしていただいていますが、動作が不安定で、私が同じブローカー(OANDA)でフォワードを計測しているものと成績が異なります。
そのため、私が手元でフォワードを計測している正確な成績を参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

【バックテストの再現性について】

9月から OANDAにてフォワードテストを実施していました。

↓各モードはこんな感じで推移しています。(2019/10/11 現在)

 

■ プロフィットモード(フォワード)


プロフィットモードの現在のフォワード成績は上のとおりです。プロフィットモードのトレードの傾向は、勝率が抑えられる代わりにリスクリワード(ペイオフレシオ)が高くなります。

前述のバックテストのレポート結果と比較してみると、勝率については現在のフォワードの方がやや低いですが、リスクリワードおよびプロフィットファクターについては大きく上回る結果が出ています。

 

■ 勝率モード(フォワード)


勝率モードの現在のフォワード成績は上のとおりです。勝率モードのトレードの傾向は、勝率が上がる代わりにリスクリワード(ペイオフレシオ)がやや抑えられます。

前述のバックテストのレポート結果と比較してみると、現在のフォワード成績では勝率モードの傾向があまり出ていませんが、リスクリワードとプロフィットファクターの成績は期待値以上になっています。まだ取引回数が少ないので今後、本来勝率モードが持つトレードの傾向に成績は集約されていくと考えています。

 

ご覧いただいたとおり、どちらのモードも勝ったり負けたりしながらフォワードでもしっかりと利益を残すトレードができています。

そこで、このフォワードと同じ期間を Tick Data Suiteを使ってバックテストして再現性を確認してみます。

 

■ プロフィットモード(フォワード期間バックテスト)

 

■ 勝率モード(フォワード期間バックテスト)

 

こんな感じですが、このままでは比較し辛いので、このバックテストのレポート結果を Myfxbookに読ませて、前述したフォワードの成績と同じフォーマットで表示させました。

それを並べたものが下図です。

 

■ プロフィットモード(上:フォワード、下:バックテスト)


並べて比較するとわかりやすいですね。ほぼ同じ曲線を描いています。


プロフィットモードの比較については、損益グラフを含め、獲得pips、平均勝ちトレード額、平均負けトレード額、勝率、プロフィットファクター等、ほぼ同様のトレード結果であることが見て取れます。

 

■ 勝率モード(上:フォワード、下:バックテスト)


次に、勝率モードの比較です。
こちらは損益グラフに若干の違いが見えますが、良く似た形状でプラス方向に進んでいます

成績の方は、バックテストの方が取引回数が多いですが、全体的な成績としてはフォワードの方が良い成績となっています。

以上の比較から、若干の違いはあるものの、概ね同様のトレードがされていると考えられます。

 

上記期間のプロフィットモード、勝率モードそれぞれのバックテストのレポート結果を Myfxbookにインポートしたものの詳細は下記リンクからご覧いただけます。

プロフィットモード (2019/9/16~2019/10/10)

→ 勝率モード (2019/9/16~2019/10/10)

 

以上より、・・・と結論付けるには少し早いとは思いまが、現時点での結果を基に述べさせていただくと、どちらのモードもバックテストとフォワードの乖離が少ないことが確認できており、再現性の高さを十分に期待できると考えています。

 

 

【スプレッド耐性について】

Rhino がどの程度のスプレッドに耐えられるか確認してみました。

バックテストの際に設定するスプレッド値を 1.5pips~ 3.0pipsの範囲で段階的に設定し、固定スプレッドでバックテストを実施しました。

 

■プロフィットモード

スプレッド 1.5pips

スプレッド 2.0pips

スプレッド 2.5pips スプレッド 3.0pips

 

■勝率モード

スプレッド 1.5pips

スプレッド 2.0pips

スプレッド 2.5pips スプレッド 3.0pips

 

どちらのモードでも、固定スプレッドが 3.0pipsのバックテストでは最終的にマイナスとなり、2.5pipsのバックテストはマイナスにならずとも苦戦している様子が損益グラフに表れています。2.0pipsのバックテストは 1.5pipsに比べてやや勢いが弱い印象ですが、概ね使用可能範囲だと考えます。

以上より、Rhinoの推奨スプレッド上限は 2.0pipsとなります。

 

 

【直近までのバックテストの結果】

月単位で直近(2019/9/30)までの期間をバックテストしてみました。ロットは0.1Lotです。

参考になれば幸いです。

■ プロフィットモード

 

■ 勝率モード

 

 

【さいごに】

Rhino はハイリスク・ハイリターンを追いかける方には少し物足りないロジックかもしれませんが、ローリスク・ミドルリターン以上をお求めの方には可愛がっていただけると思います^^

Rhino が皆様の投資のお役に立てれば幸いに思います。
お気付きの点やご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください^^

今後、 Rhinoについて何かと発信することがあると思いますので、よろしければ私の Twitterアカウントのフォローをお願いいたします。


また、私のサイトの方でも何かしらの発信をさせていただくこともあると思いますので、ぜひサイトをブックマークに登録していただけると幸いです。
MT4でEAを使いたおす!https://miccoz.com/

 

それでは、宜しくお願いいたします^^

 

 

■□□ パラメータ設定 □□■

販売開始日: 2019年10月15日 14時57分
利用者数: 51名

価格:¥26,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2019年10月15日 14時57分
利用者数: 51名

価格:¥26,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。