金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ボイジャー USDJPY

ボイジャー USDJPY 自動売買
質問はコチラ(2)
金融プロの取引手法をここに再現! 1ポジで低リスク高収益を狙うロジックを搭載!
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
シストレクラウド(STC)
登録更新日
2019年7月12日
バージョン情報
3.01
マイプロフィール
シストレクラウド(STC)
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
23,094円
プロフィットファクター
1.19
リスクリターン率  ?
1.76
平均利益
683円
平均損失
-678円
口座残高  ?
1,023,094円
収益率(全期間)?
16.10%
勝率
54.07% (226/418)
最大保有ポジション数  ?
4
最大ドローダウン  ?
7.63% (13,089円)
最大利益
6,250円
最大損失
-3,000円
推奨証拠金  ?
143,451円
含み収益
0円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-

公式運用(収益額)

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[デイトレード] [スイングトレード]
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
5
使用時間足
H1
最大ストップロス
50その他: パラメータにより変更可能。内部ロジックにより損切り。
テイクプロフィット
0その他: 内部ロジックにより利確。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし

概要

このEAは、ロジックの設計を金融取引の第一線で活躍するプロ(ファンドマネージャー、ディーラー)と協働で行い、ドローダウンを抑えながらも、中長期的に右肩上がりの収益を実現するように設計開発した本格派のデイトレ型EAです。 エントリーロジック、決済ロジック共にプロのノウハウが詰まった仕様となっています。

ロジック

「相場の動き出し」を狙ってエントリーするロジックを搭載しています。 【エントリーロジック】 ボリンジャーバンドを利用したトレンドフォロー型のロジックで、相場が大きく動く時にその強さを発揮します。 【決済ロジック】 比較的早い段階で最低限の利益を確保するブレイクイーブンと、トレールのハイブリット機能等を搭載 相場と反対方向に動いた場合は、比較的浅い損切を行います。 相場が膠着または反転する兆しが表れた場合は、部分決済で一定の利益を確保/損失を限定します。 ※部分決済の機能を有しているため、0.1ロットのポジションを保有した場合、0.05ロット、0.03ロット、0.02ロットでの決済となる場合があります。 ※商品ページの最大保有ポジション数が「3」と表示されますが、実際に保有するのは「1」ポジションのみです。

セイフティー機能

シストレがはじめての方でも安心してご利用頂けるように、最大ポジション数1・金曜日までに保有ポジションを クローズする設計としております。 相場が荒れる、月曜日の朝や、金曜日の夜以降には取引を行いません。

具体的な取引例

具体的な取引の例1: Voyager_USDJPY_trade1_2018-301.png ボリンジャーバンドの2σラインを突破し、方向性を持って動き出すことが予想された場合にエントリし、相場の反転やトレーリングストップなどにより決済を行います。 取引頻度は週2~3回のことが多いようです。過去10年間のバックテストでは、取引回数が2600回程度、1年あたりで約260回程度の取引が行われました。 上のチャートでは、2018年3月1日(木)20時頃にボリンジャーバンドの2σラインを下抜けしたタイミングでエントリし、その後3月2日(金)21時に金曜夜のリスク抑制ルール適用によりエグジット(利確)しています。 次は、翌週の3月5日(月)16時頃にボリンジャーバンドの2σラインを上抜けしたタイミングでエントリし、3月6日(火)4時頃の高値から下落し、陰線(下向きの棒線)が連続したことでエグジット(利確)しています。これらはエントリの予想通りに動き、利益が出た例です。 具体的な取引の例2: Voyager_USDJPY_trade2_2018-301.png このチャートでは、2018年5月7日(月)10時頃に、ボリンジャーバンドの2σラインを上抜けしたタイミングで買いをエントリしましたが、その後は思ったように上昇せず、同日17時以降は陰線が連続、ボリンジャーバンドの2σラインを下抜けしたあたりでエグジット(損切り)しています。 次は、翌日5月8日(火)21時頃にボリンジャーバンドの2σラインを下抜けしたタイミングで売りをエントリしましたが、長い下髭の十字線(棒線の実体が短く、ヒゲが長い)となり、その後は横ばいから上昇、5月9日(水)4時にボリンジャーバンドの2σラインの上で引けたことによりエグジット(損切り)しています。これらはエントリの予想通りに相場が動かず、損失が出た例です。

バックテスト結果

backtest_img_Voyager_USDJPY_2016.jpg データで2016年~2019年5月まで(直近の3年半)のバックテストを行った結果、全体的になだらかな右肩上がりの収益曲線となりました。 3年半の利益1,496.30ドルに対し、必要となる証拠金は最大DD(104.41ドル)と取引証拠金(400ドル)の合計で504.41ドルとなります。この結果、必要最小限の証拠金で運用した場合の限界利回りは、1,496.30(ドル) ÷ 3.5(年)÷ 504.41(ドル)= 84.8% となります。年間84.8%の利回りです。 最小証拠金で運用した場合の最大DD(%)は、104.41(最大DD)÷504.41(必要証拠金)=20.7%です。 backtest_img_Voyager_USDJPY_2014.jpg 2014年~2019年5月まで(直近の5年半)のバックテストを行った結果、22015年頃まで横ばい、2015年以降はなだらかな右肩上がりの収益曲線となりました。 5年半の利益1,823.50ドルに対し、必要となる証拠金は最大DD(140.82ドル)と取引証拠金(400ドル)の合計で540.82ドルとなります。この結果、必要最小限の証拠金で運用した場合の限界利回りは、1,823.50(ドル) ÷ 5.5(年)÷ 540.82(ドル)= 61.3% となります。年間61.3%の利回りです。 最小証拠金で運用した場合の最大DD(%)は、140.82(最大DD)÷540.82(必要証拠金)=26.0%です。

パラメータ

ボイジャーのパラメータは以下の通りです。デフォルトでは1万通貨の取引となっていますので、取引数量の変更をご希望の場合は、ロット数を変更してご利用ください。 ロット ロット数(0.1は1万通貨) マジックナンバー ストップロス幅 最大ストップロス(ポイント) 最大スプレッド 最大スプレッド(ポイント) サーバー時間 バックテスト用サーバー時間設定(GMT) ボイジャーUSDJPYの利用について: FX業者のデモ口座を利用したフォワードテストを実施し、バックテストの結果と比較することを推奨してます。フォワードテストの結果を確認することで、ボイジャーUSDJPYの収益性をご判断ください。 ボイジャー USDJPYを開発したGFIT社が提供する、MT4の運用サービス「シストレクラウド」のページでも、ボイジャー USDJPYや、シストレクラウドで取り扱うEAをご紹介しています。  https://systrade-cloud.com/ また、GFIT社が運営するシストレ情報サイト「FXカフェ」でもEAのフォワードテスト結果を週次で公開していますので、ぜひご参照ください。  https://fx-cafe.jp/ ファイルの説明: Voyager_USDJPY_v2_10.ex4 --- 実行ファイル 更新履歴 V3_0: エントリ、エグジット判定に相場のダイバージェンス判定機能を追加(2019年7月)
販売開始日: 2019年5月20日 11時21分
利用者数: 0名

価格:¥14,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2019年5月20日 11時21分
利用者数: 0名

価格:¥14,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。