Languages

ロンドンは午前7時

ロンドンは午前7時 自動売買
質問はコチラ(16)
早朝の欧州時間で東京時間の高値安値を否定する習性を狙ったユーロ/ドルの逆張りスキャルピング
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
まねきねこ
登録更新日
2020年3月12日
バージョン情報
7.0
マイプロフィール
まねきねこ
収益
36,694円
推奨証拠金  ?
73,478円
プロフィットファクター
1.30
リスクリターン率  ?
3.66
平均利益
993円
平均損失
-1,299円
口座残高  ?
1,036,694円
含み収益
0円
収益率(全期間)?
49.94%
勝率
62.99% (160/254)
最大保有ポジション数  ?
1
最大ドローダウン  ?
8.50% (10,026円)
最大利益
5,225円
最大損失
-5,549円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-
商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[EUR/USD]
取引スタイル
[スキャルピング]
最大ポジション数
1その他: ナンピンなし
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
1その他:  10万通貨は1。ロット数はFX業者の最大値まで設定可能
使用時間足
M5
最大ストップロス
50その他: 相場状況により途中で損切りする場合有
テイクプロフィット
12その他: 相場状況により利確。12pipsは平均値
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
2020.03.12の変更点 MT4の「エキスパート」のところで「チケット番号」を表示させていたのですが、なくしました。 ロジック等の変更はございません。 2019.11.07の変更点 ①MT4のターミナルのコメント欄にコメントを記載できる機能を追加。(初期設定は「LONDON7ji」。どのEAが稼働したかがわかりやすくするため) ②逆指値の変更ポイントの変更。ボリンジャーバンド±2σタッチで逆指値(損切り値)を建値に変更するときに、現在値が建値(エントリー値)の±3Pips以上の時に逆指値を建値に変更する。(値幅が狭いときに、建値で撤退しているパターンがあったので、ある程度バッファを持たせた。) 前回の変更点 ①損切り値を建値に変更するタイミング 変更前 ボリンジャーバンド±2σにタッチしたが終値がボリンジャーバンド±2σを越えなかった場合に損切り値を建値(エントリー値)に変更。 変更後 ポジションを保有して1時間未満はボリンジャーバンド±2σにタッチしたが終値がボリンジャーバンド±2σを越えなかった場合でも損切り値を建値に変更しない。ポジションを保有して1時間以上でボリンジャーバンド±2σにタッチしたが終値がボリンジャーバンド±2σを越えなかった場合に損切り値を建値(エントリー値)に変更。 ②エントリー時間を変更 変更前  エントリー時間の終わり9時20分(サーバー時間)(初期設定) 変更後 エントリー時間の終わり9時40分(サーバー時間)(初期設定)   ※パラメータより任意の時間に変更可能  本EAはEUR/USD(ユーロ/米ドル)(5分足)専用の主にロンドンの午前7時(日本時間16時(夏時間15時)付近で東京時間につけた高値、安値付近の逆方向にエントリーする逆張りのEAです。単利あるいは複利での運用が可能です。 本EAには、Lot数、損切り値や単利、複利の変更が設定できます。 ポジションは、1回のトレードで1個しかトレードしません。本EAの保有ポジションが無くなり、エントリーポイントになるとエントリーをします。エントリーして反対に30pips以上動いたら建値(エントリー値)から5pipsの損失で決済するように利確値を変更します。また、スタート時間(パラメータ設定のStartHour1)から3時間15分後に損切りポイントを直近の高値、安値から10pips離れたところに変更します。さらにポジションと反対側に約1時間ほどバンドウォークし25pips以上損失が出ている場合は次の足でポジションをクローズします。ですので損切り値(パラメータ設定のStopLoss1)が初期設定で50pipsですが50pipsの損切りになるのは1年に4回程度です。(2005年から2019年のバックテストの結果より) 利益確定は5分足のボリンジャーバンド2σを足の終値が超えていたら次の足でポジションをクローズします。また、ポジションを保有して1時間以上でボリンジャーバンド±2σにタッチしたが終値がボリンジャーバンド±2σを越えなかった場合は、損切り値を建値(エントリー値)に変更して、終値がボリンジャーバンド±2σを超えるまでポジションを保有します。(ポジションを保有して1時間以内にボリンジャーバンド±2σにタッチした場合は、損切り値は変更しません。) ※エントリー時間の初期設定はサーバー時間がGMT+3(夏時間GMT+2)です。サーバー時間がその他のタイムゾーンだとパラメータで変更可能です。 損切りはパラメータで自由に設定できます。(Pipsで入力) (初期値50pips) 2005年から2019年4月19日までのバックテストでLot数を1.0(10万通貨)の単利で設定した場合の平均の利益額は15,479円。平均の損失額は23,682円。勝率は65.98%。プロフィットファクタ(総利益÷総損失)は1.27。 複利と単利を選択することができます。 複利のリスク%を変更することが出来ます。 許容スリップを設定することが出来ます。 598102.gif
販売開始日: 2019年4月23日 12時26分
利用者数: 49名

価格:¥19,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

バックテスト

ダウンロード

販売開始日: 2019年4月23日 12時26分
利用者数: 49名

価格:¥19,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名

株式会社ゴゴジャン
運営統括責任者

早川忍
郵便番号

〒113-0033
所在地

東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F

お問い合わせ

お問い合わせページよりお願い致します。

電話番号

03-5844-6090

営業日

月曜日~金曜日

営業時間

10:00~19:00

販売商品・サービス

セミナーのリアルタイム動画配信サービス・動画配信サービス、対面式セミナー、電子書籍、ソフトウェア、シグナル配信、セミナーのビデオ



※セミナーのリアルタイム動画配信サービスとは、セミナー実施時に即時弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーの動画配信サービスとは、保存されたセミナー動画を弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーのビデオとは、保存されたセミナー動画をお客様のPCにダウンロードするサービスです。

商品の発送方法、ご提供方法

オンライン上でのダウンロード、または配信

ホームページURL

https://www.gogojungle.co.jp/

商品の発送時期、 ご提供時期

原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。
商品代金以外の必要料金

銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。
ご注文方法

ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法

銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済


ファミリーマートでのお支払い方法


デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法


お支払い期限

お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。
商品注文後のキャンセルについて

1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。

2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。

3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。


ご返金にかかる費用

お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。

カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。


注意点


当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」
「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、
商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf

を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。