Languages

山紫水明~SANSI-SUIMEI~

山紫水明~SANSI-SUIMEI~ 自動売買
質問はコチラ(28)
リスクリターン率:20、勝率:80%、PF:2.36、直線的に伸びる12年間の資産曲線、 疑似フォワードテストでカーブフィッティグでないこと確認、他の通貨ペアでロジックの有効性確認。
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
EA名人
登録更新日
2020年2月12日
バージョン情報
1.6
マイプロフィール
EA名人
収益
152,288円
推奨証拠金  ?
371,359円
プロフィットファクター
2.18
リスクリターン率  ?
4.99
平均利益
1,607円
平均損失
-1,792円
口座残高  ?
1,152,288円
含み収益
0円
収益率(全期間)?
41.01%
勝率
70.85% (175/247)
最大保有ポジション数  ?
4
最大ドローダウン  ?
6.73% (30,496円)
最大利益
4,544円
最大損失
-13,552円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-
商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[EUR/JPY]
取引スタイル
[スキャルピング] [デイトレード]
最大ポジション数
4その他: 4(1~8)の範囲で変更可能
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
40その他:  40(FXブロカーの定める最大ロット数)
使用時間足
M5
最大ストップロス
130
テイクプロフィット
120
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
(バージョンアップ情報) Version.1.4 「SanshiSuimei4」トレード頻度を上げるパラメータ追加 Version.1.5 「SanshiSuimei5」複利のロット計算を余剰証拠金ベースと                残高ベースで選択できるようにしました。 Version.1.6 「SanshiSuimei6」決済時のスプレッドフィルタを追加しました。 ■ 概要  MT4標準のテクニカル指標を使い、上位時間軸のトレンド方向をチェックし、その方向と逆方向に  オシレータ系の指標が動くとエントリしているシンプルな押し目買い・戻し売り手法で、ローソク足  の始値でエントリ、決済をしてます。 ■ 特長 ①リスクリターン率が高い---> 20  リスクリターン率 = 通算損益(25,946)÷最大ドローダウン(1,140) ② 疑似フォワードテストにより、ストラテジテスタによる最適化が  カーブフィッティングでないことを確認してます。 ③トレイリングストップを使って利益を伸ばしています。 ④ 資産曲線が直線的に伸びている ⑤ 損切値が利確値に比べて大きくない。 ⑥ 内部定数等一切変えず、USDJPYでのバックテストでも良好な結果を得ていて、  ロジックの有効性を確認してます。 ■ トレードロジック RSI、移動平均線、ボリバン、MACDを利用したシンプルな押し目買い・戻し売り手法 ローソク足の始値でエントリ、決済をしてます。  ■ 週末決済 週のポジションの持越しをしないよう、週末決済してます。  ■ EAのコメント 買いも売りもコメントは「SanshiSuimei」です。 ■ 疑似フォワードテスト 過去12年のうち最初の10年でストラテジテスタにより最適化後、同じパラメータであとの2年を ストラテジテスタにより性能確認し、ほとんど落ちてないことを確認しました。 注記:ローソク足の始値でエントリ、決済をしてますので、以下のデータはストラテジテスタの 始値でモデルで計測したため、全ティックデータの結果と微妙にデータが違います。  <10年間のバックテスト> ・期間:2006.10.01 - 2016.10.01 ・スプレッド:2.0pips ・ロット数:0.16 ・最大ポジション数:4 ・純益:21,512 ・最大ドローダウン: 948 ・プロフィットファクタ 2.46 ・勝率 80.79% ・総取引数:2051 StrategyTester10.gif <2年間のフォワードテスト> ・期間:2006.10.01 - 2016.10.01 ・スプレッド:2.0pips ・ロット数:0.16 ・最大ポジション数:4 ・純益:1,824 ・最大ドローダウン: 919 ・プロフィットファクタ 1.75 ・勝率 74.46% ・総取引数:325 StrategyTester02.gif ■ USDJPYのバックテスト 内部定数等一切変えず、USDJPYでのバックテスト ・期間:2006.10.01 - 2016.10.01 ・スプレッド:1.5pips ・ロット数:0.16 ・最大ポジション数:4 ・純益:9,185 ・最大ドローダウン: 1,082 ・プロフィットファクタ 1.72 ・勝率 74.66% ・総取引数:1701 StrategyTesterUSDJPY.gif ■ 最大ポジション数(MaxPos)を変えた時の各数値 下図の中でどれを選択しますか? 私はリスクリターン率の一番高い、4がお勧めです。 maxpostable.PNG ■ ロット数を変えた時の各数値 下図をみてください。 ロット数を上げると年収益率が高くなり、最大ドローダウンが大きくなっているのが分かると思います。 しかし、変わらないのはPF、勝率、リスクリターン率です。 Lottable.PNG ■ ロット数の決め方 初期証拠金が10000$で、MaxPos=4を選択した場合、ロット0.1で最大ドローダウンが590$です。 もし、最大ドローダウン3000$まで許容できるとすると 0.1×3000÷590=0.5を設定すれば、よいことになります。 ■ パラメータの説明と初期値 ・MagicNumber = 151991  マジック番号、本EAのマジック番号です。   ・EntryMaxSpread = 4.0  エントリ時の最大許容スプレッド(pips)   ・CloseMaxSpread = 4.0  決済時の最大許容スプレッド(pips) ・Lots = 0.16  ロット数  ブローカによっては最小ロット数、ロットの変化幅が違います。  ロットの変化幅が0.1の時は0.1単位でロット数を設定ください。  私が出品してます「MT4マーケット情報表示インジケータ」(無料)を利用すると  これらの値がすぐに分かります。  https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/15545 ・MaxPos   = 4  最大ポジション数 ・TakeProfit = 120  利確(pips) ・StopLoss = 130  損切(pips) ・SeasonTime = true  夏時間GMT+3、冬時間GMT+2の時間を採用されているブローカで使われる時は  この値をtrueにしてください。それ例外はfalseです。 ・ServerGMT = 0  SeasonTimeがfalseの時のサーバの時間帯を入れてください。  例.GMT+9の場合は9となります。 ・StartTime = 21.4  トレードスタート時間 ・EndTime = 2.5  トレード終了時間  上記の2つのパラメータに関する注記  (1) 少数点以下を60倍すると分になります。    例) 21.4は21時24分、2.5は2時30分  (2) EndTimeがStartTimeより小さい時は翌日と見なします。  (3) 時間はSeasonTimeがtrueのサーバの時間です。  (4) 初期値のままでお使いになることをお勧めします。 ・MoneyManage = false  複利計算をする場合はtrue、固定ロットの場合はfalse ・RiskRate = 20  複利計算をする時、余剰証拠金のRiskRate%が必要証拠金になるようロット数  を決めます。 ・MoneyCalcMode = FreeMarginの時、余剰証拠金ベース計算          = Blanceの時、残高ベース計算 ・RSILevel = 15  感度、この値を下げるとトレード回数が増えます。      この値を上げるとPFが増え、ドローダウンが小さくなります。 ■ バージョンアップ情報  V1.0: 初期バージョン  V1.1: SeasonTime=falseの時、時間計算に誤差があったのを修正  V1.2: 利確(TakeProfit)と損切(StopLoss)をユーザで変更できるようにしました。  V1.3: トレードスタート時間(StartTime)とトレード終了時間(EndTime)をユーザで     変更できるようにしました。  V1.4 トレード頻度を上げるパラメータ(RSILevel)を追加  V1.5 複利のロット計算を余剰証拠金ベースと残高ベースで選択できるようにしました。  V1.6 決済時のスプレッドフィルタを追加しました。   (バージョンアップ情報) ■ トレード頻度調整用パラメータ追加 ボラティリティが低い時はあまりエントリしないので、感度調整用パラメータ(RSILevel)を 追加しました。 従来のEAではこの値は24.5固定でしたが、バージョンアップしたEA「SanshiSuimei4」からは RSILevelを10~25の範囲で変えることが出来ます。この値を小さくするとトレード回数は 飛躍的に増えます。 バックテスト結果では、RSILevelを下げて、トレード頻度を上げても高い勝率やPF、 資産曲線の傾向(右上がり)を維持してます。 ・RSILevelを変えた時のバックテスト結果 RTable.PNG ・RSILevelを変えた時の資産曲線の違い  *RSILevel=25の時 TesterGraph25.gif  *RSILevel=20の時 TesterGraph20.gif  *RSILevel=15の時 TesterGraph15.gif  *RSILevel=10の時 TesterGraph10.gif 以上。
販売開始日: 2018年11月15日 21時46分
利用者数: 91名

価格:¥16,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

バックテスト

ダウンロード

販売開始日: 2018年11月15日 21時46分
利用者数: 91名

価格:¥16,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名

株式会社ゴゴジャン
運営統括責任者

早川忍
郵便番号

〒113-0033
所在地

東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F

お問い合わせ

お問い合わせページよりお願い致します。

電話番号

03-5844-6090

営業日

月曜日~金曜日

営業時間

10:00~19:00

販売商品・サービス

セミナーのリアルタイム動画配信サービス・動画配信サービス、対面式セミナー、電子書籍、ソフトウェア、シグナル配信、セミナーのビデオ



※セミナーのリアルタイム動画配信サービスとは、セミナー実施時に即時弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーの動画配信サービスとは、保存されたセミナー動画を弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーのビデオとは、保存されたセミナー動画をお客様のPCにダウンロードするサービスです。

商品の発送方法、ご提供方法

オンライン上でのダウンロード、または配信

ホームページURL

https://www.gogojungle.co.jp/

商品の発送時期、 ご提供時期

原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。
商品代金以外の必要料金

銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。
ご注文方法

ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法

銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済


ファミリーマートでのお支払い方法


デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法


お支払い期限

お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。
商品注文後のキャンセルについて

1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。

2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。

3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。


ご返金にかかる費用

お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。

カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。


注意点


当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」
「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、
商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf

を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。