This website requires JavaScript.
日本語
FX
連勝
質問はコチラ(71)
高勝率デイトレ・スキャルEA 単利・複利どちらでも運用可能
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
toshi
登録更新日
2018年10月25日
バージョン情報
7.00
マイプロフィール
toshi
収益
40,367円
推奨証拠金
1,251,300円
プロフィットファクター
1.04
リスクリターン率
0.22
平均利益
6,674円
平均損失
-14,836円
口座残高
1,040,367円
含み収益
0円
収益率(全期間)
3.23%
勝率
69.78% (127/182)
最大保有ポジション数
2
最大ドローダウン
12.76% (183,378円)
最大利益
36,200円
最大損失
-24,800円
初期額
1,000,000円
通貨
円建て
商品のデータ
商品のコミュニティ
詳細統計(月別)
2019
2018
2017
2016
2015
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
今月のカレンダーを表示
ストラテジーについて
通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[スキャルピング] [デイトレード]
最大ポジション数
1その他: ポジション数1のため状況把握しやすくレバレッジもかけやいです
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
100その他: 使用しているブローカーの上限値となります
使用時間足
M5
最大ストップロス
30その他: 30pips以内でなるべく最小限に設定します
テイクプロフィット
0その他: 独自トレーリングストップを使用しており上限無し
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
ロット数は自由に変更可能。複利機能もあり。 ナンピン、マーチンゲールはしません。ご安心ください。
■■■ お知らせ ■■■ 投資ナビ:EA『段段』のパワーアップ版 EA『段段Boost』販売開始! ■■■ EAバージョンアップ情報■■■ Version6:タイムフィルターの設定にて既存ポジションの強制決済する/しないの選択機能追加      コメントのデフォルト値を変更      売買ロジック変更なし Version7:ポジション管理の強化      売買ロジック変更なし ■■■リアル口座取引■■■ ご参考にリアル口座取引を掲載します。 ★OANDA Japan FX ( 東京サーバー 500K ) ★外為ファイネスト パラメータ設定は単利モードでロット数は残高に合わせて調整して固定としています。 それ以外の設定はデフォルトとしています。 外為ファイネストの方は17/11/6に追加で入金していて残高が 見にくくなってしまっていますがご了承ください。 ・リアル口座EA稼働状況メモ 2017/12/25~2018/1/3 EA稼動停止 2018/12/24~2019/1/3 EA稼動停止 ■■■EA『連勝』とは■■■ EA『連勝』はUSD/JPY 5分足の使用を前提としています。 トレンドを検出すると順張りします。また最もチャンスとなる強いトレンド発生時の 利益を取りこぼしたくないため押し目買い/戻り売りなどは行いません。 利確は独自トレーリングストップにより上限無しです。 損切りは30pips以内でなるべく最小限の損切りポイントを設定します。 ポジションは1つしか持たないため管理がしやすく状況も把握しやすいです。 エントリーの頻度は、あくまで目安ですが2、3日に1回程度です。 (チャートの状況によりますが、たまに1・2週間程度エントリーしないときもあります。 なるべく勝てそうな時にエントリーします。) ポジションを持っている時間もあくまで目安ですが数分から数時間程度です。 24時間稼動します。週末は指定していただいた時刻にポジションをクローズします。 2012年から頭角を現すEAです。2012年より以前の損益推移は横ばいとなります。 2012年以前のマーケットは古いと考え、近年のマーケットに力を注いだ高勝率EAとなります。 また、EAの過剰最適化なども行っておりませんし、ナンピン、マーチンゲールといった ロジックもございませんのでご安心ください。 リアル口座での運用状況も本ページで公開していますのでご参考にしてください。 ■■■トレードの例■■■ 2017/11/9 6:38~7:42 1lotで30900円の利益 20171109_trade3.png ■■■バックテスト条件別■■■ スプレッドや複利機能の条件を変えた場合のバックテスト結果を掲載します。 ヒストリカルデータは信頼性の高いFXDD社のデータを使用しています。 また、フォワードテストとバックテストでなるべく乖離が小さくなるようにEAを開発しておりますが、 あくまでバックテストの結果となりますのでこの結果を過信しすぎないようよろしくお願いいたします。 ★スプレッド = 5のバックテスト結果(単利モード:1Lot) 口座残高の推移:100万円⇒356万円 sp5_20120101_20180117_lot1_ver4.png ★スプレッド = 10のバックテスト結果(単利モード:1Lot) 口座残高の推移:100万円⇒312万円 sp10_20120101_20180117_lot1_ver4.png ★スプレッド = 5のバックテスト結果(複利モード:20倍) 口座残高の推移:100万円⇒1億401万円 sp5_20120101_20180117_rev20_ver4.png ★スプレッド = 10のバックテスト結果(複利モード:20倍) 口座残高の推移:100万円⇒5383万円 sp10_20120101_20180117_rev20_ver4.png ★スプレッド = 5のバックテスト結果(複利モード:10倍) 口座残高の推移:100万円⇒1207万円 sp5_20120101_20180117_rev10_ver4.png ★スプレッド = 10のバックテスト結果(複利モード:10倍) 口座残高の推移:100万円⇒784万円 sp10_20120101_20180117_rev10_ver4.png ■■■パラメータ設定■■■ パラメータ設定はすべて日本語となっています。 パラメータが少なく設定が簡単です。 『複利機能』『レバレッジ [倍]』『ロット数』 などについてはリスクを十分考慮した上でご設定ください。 ★『複利機能』デフォルト:false  false:単利モード  true:複利モード ★『レバレッジ [倍]』デフォルト:10  (複利機能をfalseにした場合は本パラメータは無視されます。)  口座残高に対して何倍の金額でポジションを持つようにするかの設定です。  各ブローカーのレバレッジ上限値をご確認いただき、リスクを十分考慮した上で設定してください。  ロット数の計算は以下の計算式で行われます。  【複利ロット計算式】   ロット数 = 口座残高 ÷ 1ロットあたりの価格 × レバレッジ  設定した値が期待通りのロット数になるかを事前にバックテストでご確認いただくことを推奨します。   ★『ロット数』デフォルト:1  (複利機能をtrueにした場合は本パラメータは無視されます。)  ロット数の指定です。   ★『許容スプレッド数 [point]』デフォルト:20  エントリー時の許容スプレッドを指定します。  指定したスプレッドを超えている場合はエントリーを行いません。  単位はpointとなります。  pointとは、各ブローカーで表示されている提示レートの最小変動単位です。  例えば、USD/JPYの提示レートが120.025円だとすると少数第3位までの表示となるため、0.001円=1pointとなります。 ★『許容スリッページ [point]』デフォルト:10  許容できるスリッページの指定です。  単位はpointとなります。  pointについては『許容スプレッド数』の説明をご覧ください。 ★『マジックナンバー』デフォルト:8319016  EAの識別番号です。  他のEAと識別するための番号ですので他のEAのマジックナンバーと重複しない整数を入れてください。  他のEAを稼動していないのであれば番号は初期設定のまま変える必要はありません。 ★『月曜日取引開始時刻 [時]』デフォルト:2  月曜日の取引開始時刻を指定します。  指定した時刻以降にエントリーポイントを検索し始めます。  MT4のチャートに表示されている時刻を指定してください。  整数を入れてください。 ★『金曜日取引停止時刻 [時]』デフォルト:21  金曜日の取引停止時刻を指定します。  指定した時刻以降は新しいエントリーを行わなくなります。  MT4のチャートに表示されている時刻を指定してください。  整数を入れてください。  『金曜日強制決済時刻 [時]』の方が早い場合は、本パラメータ設定を無視して  『金曜日強制決済時刻 [時]』の時刻以降新しいエントリーを行わなくなります。 ★『金曜日強制決済時刻 [時]』デフォルト:22  金曜日に持っているポジションを週末に持ち越さないように強制決済させる時刻の指定です。  金曜日の指定した時刻にポジションを強制的に決済します。  MT4のチャートに表示されている時刻を指定してください。  整数を入れてください。 ★『タイムフィルター』(version5まで)デフォルト:設定なし  指定した期間の取引を停止します。ポジションを持っている場合は強制決済します。  時刻の指定はブローカーのサーバー時間で指定する必要があります。(MT4のチャートに表示されている時刻のことです)  タイムフィルターの具体的な指定方法は以下のようになります。  <設定例1>:金曜日15:00~16:00の取引停止   5/1500/1600;   第1部(赤色部分):曜日の指定(0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土 7=毎日)   第2部(青色部分):取引停止&強制決済時刻の指定(半角数字4文字を指定。9時などの場合は0900として頭に0をつけてください。)   第3部(緑色部分):取引開始時刻(半角数字4文字を指定。9時などの場合は0900として頭に0をつけてください。)   必ず全て半角で記載し、各部をスラッシュ"/"で区切り、最後にセミコロン";"をつけてください。   半角スペースはご使用いただいて問題ありません。指定可能な時刻は0:00から24:00までとなります。  <設定例2>:毎日0:00~3:00の取引停止   7/0000/0300;  <設定例3>:毎日0:00~3:00、金曜日15:00~16:00の取引停止   7/0000/0300;5/1500/1600;   複数の期間を指定したい場合はこのように続けて記述可能です(256個まで指定可能)。  <設定例4>:毎日23:00~2:00の取引停止   7/2300/2400;7/0000/0200;   日を跨いで設定したい場合は、上記の様に2つに分けて時刻を指定してください。   以下のような24:00を超えるような指定方法は行えません。上記のように2つに分けて指定をお願いいたします。   【この指定方法は不可となります⇒】7/2300/2600; ★『タイムフィルター』(version6以降)デフォルト:設定なし  指定した期間の新規エントリーを停止します。ポジションを持っている場合は強制決済するかどうかを選択できます。  時刻の指定はブローカーのサーバー時間で指定する必要があります。(MT4のチャートに表示されている時刻のことです)  他のGMT基準のブローカーを使用する場合はそれぞれのGMT基準に合わせて値を変更してください。  タイムフィルターの具体的な指定方法は以下のようになります。  <設定例1>:金曜日15:00~16:00の新規エントリー停止(既存ポジション強制決済しない)   0/5/1500/1600;   第1部(紫色部分):既存ポジションの強制決済(0=強制決済しない 1=強制決済する)   第2部(赤色部分):曜日の指定(0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土 7=毎日)   第3部(青色部分):タイムフィルター開始時刻指定(半角数字4文字を指定。9時などの場合は0900として頭に0をつけてください。)   第4部(緑色部分):タイムフィルター終了時刻指定(半角数字4文字を指定。9時などの場合は0900として頭に0をつけてください。)   必ず全て半角で記載し、各部をスラッシュ"/"で区切り、最後にセミコロン";"をつけてください。   半角スペースはご使用いただいて問題ありません。指定可能な時刻は0:00から24:00までとなります。  <設定例2>:金曜日15:00~16:00の新規エントリー停止&既存ポジション強制決済   1/5/1500/1600;  <設定例3>:毎日0:00~3:00の新規エントリー停止&既存ポジション強制決済   1/7/0000/0300;  <設定例3>:毎日0:00~3:00、金曜日15:00~16:00の新規エントリー停止&既存ポジション強制決済   1/7/0000/0300;1/5/1500/1600;   複数の期間を指定したい場合はこのように続けて記述可能です(256個まで指定可能)。  <設定例4>:毎日23:00~2:00の新規エントリー停止&既存ポジション強制決済   1/7/2300/2400;1/7/0000/0200;   日を跨いで設定したい場合は、上記の様に2つに分けて時刻を指定してください。   以下のような24:00を超えるような指定方法は行えません。上記のように2つに分けて指定をお願いいたします。   【この指定方法は不可となります⇒】1/7/2300/2600;  <設定例5>:金曜日13:00~17:00の新規エントリー停止&金曜日14:00~17:00の既存ポジション強制決済   0/5/1300/1700;1/5/1400/1700;   金曜日13時に新規エントリーを停止させ、14時に既存ポジションを決済させる設定です。17時にエントリーポイント検索を再開します。 ★『バックテスト高速化』デフォルト:false  trueにするとバックテストが高速に処理されます。  具体的にはポジションの売買ロジックとは無関係なチャート画面のコメント表示をOFFにして  バックテストには不要となる処理をSkipするようにしています。  本パラメータ設定の違いによってバックテスト結果に差は出てきません。  本パラメータをtrueにしてチャートにEAを適用しますと、チャート画面にコメントが表示されなくなりますのでご注意ください。 ★『コメント』デフォルト:"MA Sample"  オーダーコメントの設定です。デフォルトは"MA Sample"を設定しておりますが、ご自由に変更可能です。 ★『バージョン3ロジック有効化』デフォルト:false  本EAのバージョン4からポジションのエントリーに関しまして微小なロジック修正を行っております。  僅かですがパフォーマンスの向上が期待出来るためです(バックテストで確認)。  しかし、ご購入者様の中には本EAバージョン3時点のロジックを使用したいという方もいるかもしれませんので、  バージョン3時点のロジックを有効にする本パラメータを用意いたしました。  trueにするとバージョン3時点のロジックが使用されます。  falseだとバージョン4の新しいロジックが使用されます。  フォワードテスト/リアル口座トレードは2018/1/19からバージョン4のロジックで稼動しています。  バージョン3とバージョン4の比較のために同一条件下(スプレッド0.5pips 2012.1.1~2018.1.17 Lot1)  でのバックテストを以下に載せます。僅かなロジック修正のため結果に大幅な違いはありませんが、  バージョン4のロジックのほうが全体的にパフォーマンスの向上を確認できます。  【バージョン3のバックテスト結果】 sp5_20120101_20180117_lot1_ver3.png  【バージョン4のバックテスト結果】 sp5_20120101_20180117_lot1_ver4.png ■■■注意事項■■■ ★USD/JPY 5分足のチャートを想定して開発しています。それ以外のチャートは非対応です。  (非対応チャートでもエントリーポイントの検索は行われると思われますが動作確認などはしていません) ★以下の口座に対応しています。それ以外の口座は非対応です。  ・円建て  ・ドル建て  ・ユーロ建て  ・豪ドル建て ★ポジションを持っている状態の時に以下の作業は行わないでください。  ⇒ 本EAのパラメータ設定を開いて『OK』ボタンを押す  ⇒ 本EAをチャートから削除する  ⇒ 本EAを適用しているチャートを閉じる  ⇒ MT4を閉じる  ⇒ 本EAを適用済みのチャートに本EAを適用しなおす  上記作業を行いますと所持しているポジションが本EAの制御下から外れて、  それ以降ポジションに対して注文を出さなくなりますのでご注意ください。  急いで本EAを適用しなおしたりしても同ポジションは本EAで制御されることはありません。  その際は手動で同ポジションを管理していただきますよう宜しくお願いいたします。 ★また、どのEAでも該当することだと思いますが、  ブローカー、インターネット環境、MT4を動かしているクライアント環境などが  人それぞれ違っており、これによって人それぞれ取引結果が乖離してきますのでご承知おきください。  さらに、重要指標が発表されるときなどでスプレッドが大きく開く際は  ストップロスに引っかかりやすくなったり、バックテストとフォワードテストで結果が  乖離しやすくもなるためご注意ください。スプレッドが低く原則固定というだけで  ブローカーを選ぶのではなく、重要指標発表時など一時的にスプレッドが大きく開く際に、  なるべく開きが小さくすぐに元に戻ることも重要だと思われます。  ブローカーが限定されていますが、fxonのスプレッド比較ページも参考になります。  あくまで個人的にはNDD方式のブローカーが良いように感じています。 ★EA『連勝』は連勝を保証するものではございません。為替市場の動き方により連勝せずに負ける場合もございます。  負けた場合のリスクも十分考慮していただいたうえでEA『連勝』をご利用くださいませ。 ★本EAに関して各自の責任で稼働しリスクを十分考慮したうえでご利用ください。  また、本EAを使用したことで生じたいかなる損失に関しても責任を負いかねますのでご了承ください。 ■■■設定チェック機能■■■ MT4やEAの設定ミス防止のために設定チェック機能を搭載しています。 本EAを適用したチャート画面が以下となりますが、設定におかしそうなところがあると、 赤枠で囲った部分で警告メッセージが表示されます。 メッセージにしたがって設定を見直すことを推奨いたします。 バージョン4以前はロット数がレバレッジ上限を超えていないかチェックする機能がありましたが、 使用不可能な口座が存在すため、そのチェック機能だけバージョン4から廃止いたしました。 setup1.png 設定を見直してすべてクリアになると以下表示に切り替わります。 setup2.png
販売開始日: 2017年11月21日 11時02分
利用者数: 113名

価格:¥19,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+540円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

フォワードテスト
外為ファイネストデモ口座
[実績は証券会社の状況やお客様の操作環境により異なる]場合があります。]
約定
日時
通貨
ペア
買/売
レート
ストップ
リミット
決済
日時
決済レート
ロット
手数料
税金
スワップ
結果
損益
02/14 15:30USD/JPY110.905110.630-02/14 16:05110.6301.00---27,50040,367
02/14 05:50USD/JPY111.080111.099-02/14 09:25111.0991.00---1,90012,867
02/13 13:58USD/JPY110.592110.711-02/13 14:44110.7111.00----11,90010,967
02/13 05:21USD/JPY110.701110.725-02/13 10:22110.7251.00---2,40022,867
02/12 01:04USD/JPY110.469110.475-02/12 02:50110.4751.00---60020,467
02/07 10:21USD/JPY110.064109.893-02/07 12:14109.8931.00----17,10019,867
02/05 15:38USD/JPY109.804109.981-02/05 18:56109.9811.00----17,70036,967
02/04 02:02USD/JPY109.550109.560-02/04 04:56109.5601.00---1,00054,667
02/01 15:30USD/JPY109.082109.115-02/01 16:58109.1151.00---3,30053,667
01/30 21:00USD/JPY109.440109.141-01/30 21:30109.1411.00---29,90050,367
01/24 15:34USD/JPY109.617109.583-01/24 16:01109.5831.00---3,40020,467
01/22 04:49USD/JPY109.523109.464-01/22 05:51109.4641.00---5,90017,067
01/15 07:16USD/JPY108.647108.712-01/15 07:35108.7121.00---6,50011,167
01/11 15:38USD/JPY108.206108.193-01/11 15:50108.1931.00---1,3004,667
01/11 08:16USD/JPY108.410108.255-01/11 10:34108.2551.00----15,5003,367
約定
日時
通貨
ペア
買/売
レート
ストップ
リミット
決済
日時
決済レート
ロット
手数料
税金
スワップ
結果
損益
01/10 08:49USD/JPY107.779107.966-01/10 10:39107.9661.00----18,70018,867
01/09 09:13USD/JPY108.946108.813-01/09 10:10108.8131.00----13,30037,567
01/07 12:42USD/JPY108.310108.343-01/07 13:01108.3431.00---3,30050,867
01/04 15:19USD/JPY108.125108.347-01/04 15:54108.3471.00---22,20047,567
12/25 02:18USD/JPY110.290110.267-12/25 02:36110.2671.00---2,30025,367
12/24 14:19USD/JPY110.985110.920-12/24 15:20110.9201.00---6,50023,067
12/18 02:34USD/JPY112.687112.563-12/18 05:29112.5631.00---12,40016,567
12/17 15:34USD/JPY113.153113.138-12/17 15:56113.1381.00---1,5004,167
12/12 19:57USD/JPY113.174113.301-12/13 02:01113.3011.00---2,549-12,7002,667
12/12 02:03USD/JPY113.314113.449-12/12 02:33113.4491.00----13,50017,916
12/11 15:36USD/JPY113.251113.271-12/11 16:25113.2711.00---2,00031,416
12/06 01:02USD/JPY113.037113.025-12/06 01:45113.0251.00---1,20029,416
12/03 06:08USD/JPY113.456113.403-12/04 03:28113.3991.00---8845,70028,216
11/27 09:33USD/JPY113.603113.634-11/27 11:25113.6341.00---3,10023,400
11/22 09:33USD/JPY112.939113.078-11/22 09:45113.0781.00----13,90020,300
バックテスト

販売開始日: 2017年11月21日 11時02分
利用者数: 113名

価格:¥19,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+540円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示
会社名

株式会社ゴゴジャン
運営統括責任者

早川忍
郵便番号

〒113-0033
所在地

東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせ

お問い合わせページよりお願い致します。

営業日

月曜日~金曜日
営業時間

10:00~19:00
販売商品・サービス

セミナーのリアルタイム動画配信サービス・動画配信サービス、対面式セミナー、電子書籍、ソフトウェア、シグナル配信、セミナーのビデオ



※セミナーのリアルタイム動画配信サービスとは、セミナー実施時に即時弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーの動画配信サービスとは、保存されたセミナー動画を弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーのビデオとは、保存されたセミナー動画をお客様のPCにダウンロードするサービスです。

商品の発送方法、ご提供方法

オンライン上でのダウンロード、または配信

ホームページURL

https://www.gogojungle.co.jp

商品の発送時期、 ご提供時期

原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。
商品代金以外の必要料金

銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。
ご注文方法

ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法

銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済


ファミリーマートでのお支払い方法


デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法


お支払い期限

お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。
商品注文後のキャンセルについて

1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。

2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。

3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。


ご返金にかかる費用

お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。

カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。


注意点


当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」
「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、
商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」

http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/consumer/tokutei/pdf/auctionguideline.pdf

を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。