金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

Flashes for USDJPY

Flashes for USDJPY 自動売買
質問はコチラ(369)
FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!8年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
Trader Kaibe
登録更新日
2020年1月31日
バージョン情報
10
マイプロフィール
Trader Kaibe
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
374,800円
プロフィットファクター
1.14
リスクリターン率  ?
1.02
平均利益
6,426円
平均損失
-9,098円
口座残高  ?
1,374,800円
収益率(全期間)?
32.63%
勝率
61.74% (476/771)
最大保有ポジション数  ?
1
最大ドローダウン  ?
19.46% (366,200円)
最大利益
35,200円
最大損失
-100,100円
推奨証拠金  ?
1,148,560円
含み収益
0円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-

公式運用(収益額)

リアル運用(pips)

※スワップと手数料を含めて成績を表示しています

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[デイトレード] [スキャルピング]
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
100その他:  証券会社の設定による
使用時間足
M1
最大ストップロス
100その他: 可変
テイクプロフィット
100その他: 可変
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
10月2日15:27~10月4日10:17の間、フォワードテスト計測が停止いたしておりました。 期間内の取引につきまして掲載ができず誠に申し訳ございません。 株式会社ゴゴジャン

WTC0228-2.png





【EA概要】
トレードタイプ:スキャルピング
通貨ペア:ドル円
時間足:1分足
ポジション保有時間:数十分~数時間程度


【きわめてシンプルなロジック】
MT4標準のインジケーターのみ使用しているシンプルなロジックです。
王道のトレード手法で過度な最適化を行っていないため、長期間通用します。
また非常に軽い作りであり、EAの動作がトレードに影響する事はありません。


【8年以上右肩上がりの収益】
1日1~3回程度の高頻度トレードにも関わらず、勝率は7割、
また収益は、8年以上の長期で右肩上がり
を続けています。
(※大きな指標時や要人発言の急変動も込みの結果です。)

nenkanpips.jpg

hukuri.jpg



【優位な押し目買い、戻り売りを徹底的に狙う】
ドル円は相場の7割がレンジ相場、3割がトレンド相場と言われています。

このロジックは
レンジ相場と緩やかなトレンド相場を得意としています。
相場の8~9割が得意な状況となります。
なるべく直近の底値で買って高値で決済する、または高値で売って底値で決済する、
を繰り返します。

oshime2.jpg


残りの1~2割のトレンド相場にて発生する急激なトレンド転換で
損切して損失を最小限に抑え、また得意な相場状況になるまでじっと待ちます。

指値、逆指値の設定値はありますが、あまりかかる事はなく、
自動的にポジションを解消します。

スキャルピングなので、スプレッドがなるべく小さい証券会社をお勧めします。


大抵のスキャルピングEAと同様、大きな指標時や要人発言の急変動は得意ではありません。
従って、大きな指標時や要人発言の時は停止すると、パフォーマンスは更に向上します。


直近20~30分間の値幅が数pips程度の時、閑散相場の場合はスプレッド損となりやすく、
またボラティリティが大きい中の収束相場の場合はトレンド転換しやすいので、
あまりエントリーしません。

直近20~30分間の値幅が40~50pips以上の時、ボラティリティが大きく、
逆指値にひっかかりやすくなったりトレンド転換しやすいので、
この時もあまりエントリーしません。


【設定値】
EA_Name:トレード履歴に残るEAコメントの設定です。Flashes以外に変更する事が可能です。
MagicNumber:マジックナンバーの設定です。
Lots:ロット設定です。多くの証券会社は1.0lot=10万通貨で設定されていると思います。
StopLoss:逆指値です。初期設定は100で、-100pipsとなります。
TakeProfit:指値です。初期設定は100で、+100pipsとなります。
TrailingStop:トレール注文です。1で1pipsの設定になります。0で使用しない設定になります。
Slippage:注文を出して証券会社に届くまでに提示価格からこのポイント数滑ったら注文を取り消します。初期設定は3です。
MaxSpread:スプレッドフィルターです。point数で設定します。初期設定値は15で、(プライスが小数点以下3桁の証券会社の場合)1.5pips以上になるとエントリーしません。クローズには関係しません。

BUY_Sensitive:買いエントリーの相場感度を高めます。値を大きくするとトレード頻度が多くなります。初期設定は340です。320~360がお勧めです。
SELL_Sensitive:売りエントリーの相場感度を高めます。値を大きくするとトレード頻度が多くなります。初期設定は350です。330~370がお勧めです。

MaximumRisk:複利設定です。余剰証拠金額×MaximumRisk値÷1,000,000で計算されます。1.0だと100万円で1.0lotトレードします。使用しない場合は0にして下さい。
Account_Balance:複利設定での計算を残高でするかどうかです。trueにすると計算式の「余剰証拠金額」が「残高」になります。
MaxLot:お使いの証券会社の取引条件をご確認頂き、最大注文数量を記載下さい。※複利モードでなくても設定頂く事を推奨します。
MinLot:お使いの証券会社の取引条件をご確認頂き、最小注文数量を記載下さい。複利設定での計算値が最小注文数量を下回る場合は、Lotsの数値で発注されます。

WeekendExitHour:持越ししないため、金曜日の夜に決済する時間です。(※サーバー時間) 初期設定は22で、22時となります。
WeekendExitMinute:上のパラメータの分単位の設定です。初期設定は0で、0分となります。
JPTime:サーバー時間が日本時間かどうかの設定です。日本時間の場合はtrueにして下さい。
EntryStopTime:金曜日の夜に強制決済する時間から何分前に新規エントリーを停止するかの設定です。初期設定は30で、30分前となります。
従って初期設定ではサーバー時間21時30分に新規エントリーを停止し、22時にポジションを決済する設定となります。

NoEntryStart1~7:エントリーを停止する時間帯の始まり時間です。01:23を入力するとサーバー時間1時23分からエントリーしなくなります。
NoEntryStop1~7:エントリーを停止する時間帯の終わり時間です。02:34を入力するとサーバー時間2時34分になるまでエントリーしません。
時間帯は7つ設定できます。使用しない場合はNoEntryStartとNoEntryStopの数値を両方00:00にしてください。初期設定はNoEntryStop7以外全て00:00にしてあります。NoEntryStop7はロールオーバー対策により00:30にしています。(変更可能です。)
※サーバー時間0時をまたいで停止する場合は別々に設定ください。
例:23時~1時まで止める場合、NoEntryStart1に23:00、NoEntryStop1に24:00、NoEntryStart2に00:00、NoEntryStop2に01:00と設定



report_v5.gif

販売開始日: 2017年9月26日 10時40分
利用者数: 1,143名

価格:¥39,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2017年9月26日 10時40分
利用者数: 1,143名

価格:¥39,800 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名株式会社ゴゴジャン

金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号

加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
運営統括責任者早川忍
所在地〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
お問い合わせお問い合わせページよりお願い致します。
営業時間月曜日~金曜日
10:00~19:00
電話番号03-5844-6090
販売商品・サービスソフトウェア、電子書籍、動画配信サービス、対面セミナー
商品の発送方法、ご提供方法オンライン上でのダウンロード、または配信
ホームページURLhttps://www.gogojungle.co.jp/
商品の発送時期、 ご提供時期原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。

商品代金以外の必要料金
銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。

ご注文方法
ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済
ファミリーマートでのお支払い方法
デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法
お支払い期限お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。

商品注文後のキャンセルについて
1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。
2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。
3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。
ご返金にかかる費用お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。
カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。
プライバシーポリシー株式会社ゴゴジャンは、お客様の個人情報につきまして、適切に保護することが社会的責務として重要と考えます。
https://www.gogojungle.co.jp/terms/privacy
投資に係るリスクについて株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失が発生する可能性を有しています。

外国為替保証金取引、(株価指数)CFD取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。また、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。

指数先物取引は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。

暗号資産関連取引は、取引対象である暗号資産等の価格変動により損失が生じることがあります。暗号資産の価格は、需給バランスの変化や、物価、法定通貨、他の市場の動向、天災地変、戦争、政変、法令・規制の変更、暗号資産に係る状況の変化、その他の予期せぬ事象や特殊な事象等による影響により、急激に変動、下落する可能性があり、価格がゼロとなる可能性があります。

これら金融商品は、元本及び利益が保証されるものではありません。
お取引を始めるにあたっては、ご利用の金融機関が発行する「契約締結前交付書面」等を熟読し、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお取引くださるようお願い致します。
当社の苦情処理措置、紛争解決措置について金融商品取引業等に関する内閣府令第115条の2(金融商品取引業等業務に関する苦情処理措置及び紛争解決措置)第1項第1号に掲げる投資助言・代理業務に関する苦情処理の措置を講じ、真摯に、また迅速に対応しています。
注意点当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf
を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。