This website requires JavaScript.
日本語

証券会社・FX会社システム接続用のEA開発に使えるコードの書き方

証券会社・FX会社システム接続用のEA開発に使えるコードの書き方をご案内します。 最終更新日:2013/11/26


【通貨毎に固有のパラメータ設定する方法】
EAをチャートに適用の際、通貨毎のパラメータを設定しなくても、 EAのロジックで内部的にパラメータを変更(上書き設定)することが可能です。 以下にEAを適用したチャートが「USDJPY」「EURJPY」の場合に、 パラメータを変更するサンプルコードを記載します。 各通貨に適した値を設定することで、より多くの通貨に対応したEAが開発できるかと思います。 参考になれば幸いです。 int TakeProfit = 250; int StopLoss   = 150; string _symbol; int init() {     _symbol=Symbol();     set_parameter();     return; } void set_parameter() {     if(StringFind(_symbol,"USDJPY",0)>=0){         TakeProfit = 230;         StopLoss   = 120;         return;     }     if(StringFind(_symbol,"EURJPY",0)>=0){         TakeProfit = 240;         StopLoss   = 130;         return;     }     return; }
以上です。 優秀なEAのご出品を心からお待ちしております。