日本語

リスク回避継続により、クロス円下落

東京午前のドル円相場は、 序盤からユーロ円の下落に伴って 弱含みで推移しました。 その後は日経平均株価が下落幅を広げ、 リスク回避の円買いが強まったことや 本邦輸出企業からのドル売りによって、 ドル円は一時90.20円台まで値を落とし、 現在も安値圏で小動きとなっています。 一方ユーロは、ユーロ圏の景気悪化や ソブリン債格下げ懸念を背景に、 ユーロ売りが継続した模様で、 ユーロドルは1.2980ドル台の安値を付け、 ユーロ円もユーロドルや 本邦株式市場の下落を受けて、 117.30円台まで値を下げました。 東京前場終値は、 N225 7999.02[-257.83] TOPIX798.06 [-19.67 ] と、8000円を割って終了しています。 ■EUR/USD 15分足チャート■ 15分足システムトレードでは、 ショートサインが出ています。 シグナル通り、1.3334ドル付近で ポジションを保有した場合、 現在1.3004ドル付近まで下落していますので、 330pips程の含み益となっています。 現在は小動きで推移していますが、 この後大きく動く可能性がありますので、 急激な動きには充分ご留意下さい。