日本語

マーケット動向

本日の東京時間の為替相場は、 本邦株式市場が休場となっていることから、 方向感に乏しい展開となりました。 朝方はややドル売りが優勢となり、 小幅に下落する展開となりましたが、 相場を大きく動かすまでには至りませんでした。 その後はポジション調整と見られる動きにより、 ドル円は90.10円台から90.40円台まで 小反発する場面も見られましたが、 勢いは限定的となった模様です。 それから午後に入ったものの、 ドル円は閑散とした取引が続き、 しばらく90.30円台で膠着状態となりました。 その後も同水準でもみ合いとなりましたが、 欧州勢参入後はややドル売りが見られ、 現在は90.20円台で推移しています。 一方、その他主要クロス円も、 ドル円同様に薄商いとなっており、 限定的な値動きとなりました。 今後の動きに注目しましょう。