日本語

22日のNY時間の動き 今日の重要ポイント

■NYダウ→8519.93[-59.18] ナスダック→1532.35[-31.97] で終了■ 22日のNY時間のドル円相場は、 荒い値動きとなりました。 90.00円付近でNY時間を迎えましたが 序盤は主な経済指標発表がなかったため、 方向感に乏しい展開となりました。 その後、米株価が下落幅を広げ始めると、 ドル円は小幅ながらも値を下げ、 89.50円台まで下落しました。 ですがその後はショートカバーの動きが強まり、 ストップロスを巻き込んで、 一時90.40円台まで反発しました。 終値は90.24-29円と、 前週末の終値:89.28円と比べて 96銭程度のドル高水準となりました。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:45 (仏) 11月消費者支出 17:30 (香港) 第3四半期経常収支 18:00 (ユーロ圏) 10月経常収支 18:30 (英) 第3四半期GDP・確報値 18:30 (英) 第3四半期経常収支 22:30 (米) 第3四半期GDP・確報値 22:30 (米) 第3四半期個人消費・確報値 23:55 (米) 12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 24:00 (米) 12月リッチモンド連銀製造業指数 24:00 (米) 10月住宅価格指数 24:00 (米) 11月中古住宅販売件数 24:00 (米) 11月新築住宅販売件数 特に、 23:55 (米) 12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 24:00 (米) 12月リッチモンド連銀製造業指数 24:00 (米) 11月中古住宅販売件数 24:00 (米) 11月新築住宅販売件数 に注目したいと思います。