金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

Meta Trader 4 導入マニュアル

この度は自動売買システムをご購入頂きまして誠に有難うございます。自動売買システムをご使用頂くには、Meta Trader4をダウンロードして頂くことが必須となります。
1. Meta Trader4 導入方法
1. メタトレーダーの利用が可能なFX会社の口座を開設します。メタトレーダーを採用しているFX会社は、日本国内に2社ございます。 ODL JAPAN株式会社 121証券株式会社 2. Meta trader4 をダウンロードします。 3.「取引ソフトをダウンロード」をクリックします。 4. ファイルのダウンロード『実行』をクリックします。 ファイルのダウンロード 5. ソフトウェアの『実行』をクリックします。 ソフトウェアの『実行 6. 言語『日本語』を選択し、順に従って進みます。 言語『日本語』 セットアップ セットアップ セットアップ セットアップ 7. 口座の申請画面が表示されましたら、必要事項を記入し、最後にニュースレターの受け取りにチェックを入れ、口座を作成します。 口座作成 口座作成 口座作成 以上で、Meta traderを使用することができます。 8. デモ口座からリアル口座への変更は、メニューバーの「ファイル」を開き、ログインを選択しクリックします。 *「ログインID」「パスワード」「サーバー」を確認しログインボタンを押して下さい。 リアル口座への変更
2. 自動売買設定方法
1. Meta Traderにex4ファイルをコピーします。 C:\Program Files\MetaTrader\experts
(コンピューター>ローカルディスク>Programiles>MetaTrader>experts)
に【ファイル名.ex4】をコピーします。 2. Meta Traderを起動します。 3. 対応するチャートを表示します。 ①メニューの[ファイル] → [新規チャート] → 【対象通過ペアのチャート】 ②メニューの[チャート] → [周期設定]→ 【対象の時間足】 ③メニューの[チャート] → 「ロウソク足」 4. メニューの[ツール]から[オプション]を選択します。「Expert Advisors」のタブをクリックするとポップアップで画面が現れます。 「Expert Advisors」 ○Enabel Expert Advisors ○Disable experts when the account has been changeed ○Disable experts when the profile has been changed ○Allow live trading ○Allow DLL imports ○Allow external experts imports 上記の”○”のついている項目のチェックボックスにチェックを入れます。 5. 画面上部のツールバーにある"Expert Advisors"を有効にします。 ※有効の場合、アイコンに緑色の矢印が出現します。無効の場合、赤色の矢印です。 Expert Advisors 6. ナビゲーターの[Expert Adviser]から使用するシグナル【ご購入頂いた自動売買システム】を選択し右クリック、[チャートに表示]を選択します。 ナビゲーター インストールが正しく行われている場合、Expert Advisorsに【ご購入頂いた自動売買システム】の表記があります。(アイコンは灰色の状態で正常です。) 7. ポップアップが表示されますので、下記の”○”のついている綱目のチェックボックスにチェックを入れます。 ポップアップ タブ:全般 ・Common ○Enable alerts ・Live Trading ○Allow live trading ・Safety ○Allow DLL imports ○Allow import of external experts 8. チャート画面右上端に絵文字が現れます。(初期設定値は顔です。) チャート画面右上端の絵文字 左(笑顔)  :エキスパートが有効で自動売買ができる状態 真中(怒り顔):トレードが許可されていない状態 右(×)    :エキスパートが無効になっている状態 ここまでの作業を行って上図の左のように、チャート画面右上隅にエキスパート名とスマイルマークが表示されていることを確認してください。この状態になって自動売買が行えます。 真中の図のようにスマイルでない場合はトレードが許可されていません。このページの自動売買設定方法4)または7)の”Allow live trading”にチェックされているかご確認ください。 右の図のような状態の場合は、このページの自動売買設定方法5)の[Expert Advisors]をオンにしてスマイルマークを確認します。 以上で自動売買の設定は完了です。
3. パラメーター設定方法
チャート画面右上のスマイルマーク上で、マウスの左ボタンを1回クリックして頂くと「パラメーター入力」の画面が立ち上がります。(「全般」タブ右横の「パラメーター入力」を選択) パラメーター入力 パラメーターの初期設定は、下記の通りとなっております。 パラメーターの初期設定 MagicNumber(マジックナンバー) 同じ通貨ペアで複数のEAを用いる場合に、どのEAが出した注文か識別する番号です。 TradeLeverage(レバレッジ)、Lots(ロット) 固定運用(固定の枚数で運用する場合)の際はレバレッジを0.0、ロット数を任意の数に設定してください。通常は0.1ロットが1万通貨、1.0ロットが10万通貨となります。 レバレッジ運用(レバレッジを用いて運用する場合)の際は、10倍運用は「10.0」、20倍運用は「20.0」などの任意の数に設定し、資金に合わせてロット数を増やしていくことができます。この場合のロット数は初期設定の「0.1」としてください。 Slipage(スリッページ) エントリー時のスリッページを設定します。初期値は「1」(1pips)です。 (※レートの表示数が1桁多いブローカー用EAの初期値は「10」です。例えば5pipsのスリッページを許容する場合は50、10pipsの場合は100と1桁多く入力して下さい。)
ご利用のお客様へ
当社が、投資顧問契約に基づき助言を行う金融商品は、金利・通貨の価格・金融商品市場における相場その他の指標の変動により損失が生じる恐れがあります。したがってお客さまの投資元本は保証されているものではなく、金融商品等の価値の下落により、投資元本を割り込むことがあります。
また、弊社ではシステムの正常な稼働をお約束いたしません。ソフトウェアが正常に動作することやお客様の設定が正しく行われていることをご確認いただくために、特に運用開始当初はお客さまにとってリスクの生じない運用をテスト的に行い、本格運用開始後もお客様の基準による安全且つリスクのない運用をおすすめいたします。
システムトレードの効率的な活用方法と安全な運用をするためのマニュアルが以下にございます。ぜひお読みください。 システムトレードの使い方、ポイント »
4. 使用許諾契約書
(本契約の適用について) 本契約は、本商品を購入した個人、法人(以下お客様と称する)と、本商品の開発や公開等に関わった関係者(以下当社と称する)の間で合意した契約です。お客様は、本商品を受け取った時点でこの契約に同意したこととします。 (著作権について) 本商品の全ての内容は、著作権法によって守られるものであります。許可なく第三者へ公開することはできません。お客様は本商品の転売、譲渡、有償・無償にかかわらず、貸与することやオークションへの出品はできません。 (当社における責任の範囲) 当社は、一切お客様に対して責任を負いません。お客様が、本システムを利用する場合は、自己責任で行っていただく必要がございます。 また、本商品の使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークによって生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関しても一切の責任を負いません。本商品の使用は、お客様の自己責任の範囲でなされるものであり、投資活動の最終判断は自己責任でお願いいたします。 また当社は、提供する商品の正確性と最新性の確保に努めていますが、保証するものではありません。本商品の内容に関するいかなる間違い不備についても一切の責任を負うものではありません。