日本語

カスタム・インディケーターを使いこなす

MT4には豊富なインディケーターが装備されています。 基本的なインディケーターはどの証券会社でも標準で装備されています。 しかし、MT4がユーザーから人気の理由は、なんと言っても「カスタム・インディケーター」(Custom Indicators)が利用 できるという点。 カスタム・インディケーターを使用することでトレードの幅がグッと広がり利便性がアップ。 トレード上級者は自分なりのテクニカル指標を用いています。 カスタム・インディケーターはトレード力向上の強い味方になってくれるはず。 そしてMT4ではMQL4というプログラミング言語を用いて、 インディケーターを自作することが出来ます。 もちろんプログラムに馴染みがなくても問題なし。 開発者が多くのインディケーターを無料で公開しているのでそのまま使用できます。 しかもMT4は世界中で利用されているので、公開されているインディケーターももちろん世界規模! 世界の英知を活用できるという優れもの。 では、カスタムインディケーターはどこから入手すればいいのか? 実はネット上にもメタトレーダー(MT4)用のカスタム・インディケーターは溢れています! ※もちろんfx-onでもカスタムインディケーターは入手可能!! http://fx-on.com/ebooks/ たくさんのサイトでインディケーターを紹介しているので、お気に入りのものがあれば簡単にダウンロードできます。 『カスタム・インディケーター』の設置 お好みのインディケーターが見つかったら、自分のパソコンのわかりやすい場所にダウンロードする。 メタトレーダー(MT4)のカスタム・インディケーターは拡張子が「ex4」というファイルになっています。 その後、ダウンロードしたファイルをタトレーダー(MT4)の「所定の場所」に保存する。 それでは「所定の場所」とはどこなのか? その場所は、メタトレーダー(MT4)の「ファイル」→「データフォルダを開く」というメニューを選択する。 そうすると以下のような画面が表示されます。 カスタム・インディケーターは以下のフォルダがその場所になります。  「データフォルダ」→「MQL4」→「Indicators」  ここへ先ほどダウンロードしたインディケーターのファイルをドラッグ&ドロップして入れるだけで、カスタム・インディケーターのインストールは完了です。 『カスタム・インディケーター』の表示 ダウンロードしたカスタムインディケーターの表示方法についてご案内いたします。 「カスタム・インディケーター」の表示は、赤枠をクリック⇒「カスタム」をクリックすると カスタム・インディケーターの選択画面が表示されます。 『パラメーターの設定』 表示させたいカスタム・インディケーターを選択してクリック。 表示されたウィンドウの「パラメータ」タブをクリックするとパラメータを設定できるようになります。 パラメーター調整後「OK」ボタンを押す。 『カスタムインディケーター』の確認 設定完了後、インディケーターが表示され確認できます。 ※画像は「ichimoku」を表示 メインチャート以外にも、サブチャートに表示させるインディケーターもあります。 ※画像は「ATR」 以上、カスタムインディケーターについてのご案内でした。 本当に優秀なカスタムインディケーターを探してみてはいかがでしょうか!? http://fx-on.com/ebooks/ MT4をはじめたい方へ MTを採用する国内ブローカーの口座を開くと、EAやインジケーターが貰えるお得なキャンペーンを利用しない手はありません! fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!


また次回をお楽しみに♪