日本語

FXのリスク

業者のリスク  1998年の外為法改正で様々な会社が外国為替証拠金取引に参入しましたが、中には悪質な業者も一部に存在していました。2005年からは金融庁への届出許可が必要となり、それにより悪質な業者は淘汰され、外為証拠金取引をする投資家にとっては安心できる環境になりました。 ■ 資産保全のリスク  あくまで保証金は顧客の資産なので、事業者の事業資金とは分別管理がなされていることが必須条件です。「改正金融先物取引業法」が施行されてからは、顧客資産の分別管理が義務付けられているので問題はありません。 しかし、分別管理に加えて現在では信託保全が一般的になっています。 万一、会社が倒産しても自分の資産が返還される信託保全がされている会社を選びたいところです。 ■ 元本保証ではない  日本は元本割れがなく確実に利息がらえる形式を好む人が多いようです。しかし、そもそも完全にリスクがない金融商品はありません。元本保証でないという事に不安を感じる人には、外為証拠金取引は向きません。リスクをとった短期的な投資であると割り切れば意外と長く付き合っていけるはずです。 ■ 流動性  重要指標が発表された後など、値段が飛んでしまったり、相場が安定しない場合、画面上に表示されている値段で売買できない事もあり得ます。 ■ 個人情報の管理  個人情報管理に対して万全を期しているかどうか、業者のセキュリティポリシーや顧客情報保護に関しての姿勢についても事前にチェックしておきましょう。