日本語

手動での新規注文もできる!

手動(裁量)で新規注文する場合の方法を紹介します。 発注の方法には大きく2種類あり、「成行(なりゆき)注文」と「指値・逆指値注文」があります。 ①成行(なりゆき)注文 成行注文とは、発注時点での価格で注文を行うことをいいます。 注文の仕方は3種類 -1.通常の注文発注画面 上部メニューの「新規注文」あるいはチャート上右クリックででる「注文発注」から行う注文画面です。 注文種別はデフォルトで「成行注文」が選択されていますが、「指値または逆指値注文」も選ぶことができます。 「数量」はLot数で、MT4の場合は0.1で1万通貨の場合が多いです。 決済逆指値(Stop Loss)は損失の決済Pips,決済指値(Take Profit)は利益の決済Pipsとなります。 予め決済のPipsを入れておくことで、急激な相場の変動の際も損失(利益)を限定して注文することができます。 -2.ワンクリックトレード ワンクリックトレードは、最も手軽で簡単な注文方法で、発注画面を開くことなく即時注文ができます。 注文数量を入れるところ以外はS/L、T/Pの設定が予めできないのでご注意ください。 -3.板注文画面 板注文画面では S/L,T/Pつきの成行即時注文のほか、現在の価格よりもほんの少し上、少し下の提示レートで予約注文することができます。 ▼▲を押すことで予約注文が実行されます。値動きが激しい時などは成行注文が通りにくいことがありますが、 この板注文では限りなく現在レートに近い値で予約注文することが可能です。 決済もこの板画面で行うことが出来るので、慣れると一番使い勝手のよいスキャルピング注文方法です。 ②指値・逆指値注文 指定した価格に市場価格が到達した場合に注文を出す方法です。 買い指値 (Buy Limit) :現在のレートより低い値で買い注文を設定する 買い逆指値 (Buy Stop) :現在のレートより高い値で買い注文を設定する 売り指値 (Sell Limit) :現在のレートより高い値で売り注文を設定する 売り逆指値 (Sell Stop):現在のレートより低い値で売り注文を設定する 通常の発注画面で、Buy Limit(現在値よりも低い価格で買い注文する)を選択しているにも関わらず、 価格を現在値よりも高い価格に設定すると、「無効な注文」となり注文が通りませんのでご注意ください。 以上がMT4での新規注文方法となります。

MT4をはじめたい方へ MTを採用する国内ブローカーの口座を開くと、EAやインジケーターが貰えるお得なキャンペーンを利用しない手はありません! fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!