日本語

【NY市場】大幅利下げ期待でドル売り復活

◆ドル円 軟調な動き 円売りよりドル売り勝る ドル円は、FRBの利下げ期待によるドル売り優勢の展開から、NY 時間に入って売りが加速した。株式市場はモノラインの格付け維持 や利下げ期待、IBMの自社株買いや業績見通し引き上げなどの発 表もあって、きょうもリバウンドの動きが強まり、大幅続伸となったが、 きょうは円売りの動きよりもドル売りの動きが勝ったようだ。 ドル円は、節目となっている107.50近辺で一旦、攻防戦を繰り広げ ていたが、売りが制し、次のサポートの107.20近辺まで下落した。 ただ、この水準では輸入企業の買いオーダーなども観測され、 一旦サポートされている。完全にブレイクしてくるか注目される水準。 ◆ユーロドル 史上最高値更新 ドル売りが優勢の中、ユーロドルは1.49台後半に急伸、史上最高値を 更新している。ロンドン時間の朝方の安値から、Ifo景気指数が予想を 上回ったことで、ユーロ買いに拍車がかかった格好。NY時間にかけて 200ポイント超上昇。欧州系からの買いが断続的に入り、ショート勢の 買戻しが強まったようだ。 原油がきょうも終値ベースで史上最高値を更新しており、成長リスク もあるが、インフレリスクも懸念が強い。ECBの利下げ期待は根強い ものの、現状は据え置きが優勢のようだ。 ◆カナダ買い続く 政策金利の見方は拮抗 きょうもカナダ買いが続いた。ドル安の動きもあって、ドルカナダは0.98 台まで下落、ユーロカナダも一時1.4650近辺まで下落している。きょう 発表になった12月のカナダの失業保険申請件数は2.2%上昇、予想を 上回る悪化となった。しかし、カナダ買いの勢いは強い。原油が再び 100ドル台に乗せ、高値を更新してきていることもポートとなっている面 も。 来月4日にカナダの政策金利が発表される。利下げは確実視されている ものの、利下げ幅が0.25%か0.5%かで、ほぼ拮抗しており、見通しが付 けづらい状況。