金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

MT4とは

(画像引用元:https://www.metaquotes.net/en/metatrader4



MT4とは

MT4とは、MetaQuotes Softwareが2005年に開発した外国為替証拠金取引プラットフォーム「Meta Trader 4」のことで、略して「MT4」といわれている。世界で750社以上の金融機関に取引プラットフォームとして採用されており、カスタマイズ性と専門性の高さから世界中の投資家に愛用されている。2010年にMeta Trader 5がリリースされたが、MT4の人気は根強く、MT5の普及は未だ進んでいないのが現状である。


MT4の入手方法

MetaTraderプラットフォーム自体は、使用ライセンスを持つ各FX会社のWebサイト上から入手するのが一般的である。

以前はMeta Quates社のWebサイト(https://www.metaquotes.net/en)からもDLすることができたが、MT4の旧ビルドのサポート終了に伴い、現在はMT5プラットフォームしかDLすることができない。

MT4の最新BuildはBuild1220(2019.9更新)となっており、公式サイトから最新Buildを確認することができる。

https://www.metatrader4.com/ja/releasenotes


MT4の対応OS

PCプラットフォーム:Windows OS ※
Web Trader:ブラウザー(Windows/MacOS/Linux)
MT4 モバイル:iOS/Android

※一部のFX会社でMacOS対応のMT4が配布されています

MT4の特徴

豊富なテクニカル分析(インジケーター)が使用でき、個人投資家自身が作成したカスタムインジケーターや自動売買ソフト(Experts Adviser)を利用できるのが最大の特徴。
また、MT4自体は取引プラットフォームなので、ログインIDとサーバーを切り替えることにより、ひとつの取引プラットフォームで複数の口座を管理することができる。
通常はFX会社の提供するパッケージングされたMT4を使用するため、口座分だけMT4を立ち上げることとなる。
FX会社毎のMT4を立ち上げて利用する場合は、それぞれのMT4でチャートやインジケーターを設定する必要がある。





FX会社毎に異なる注文処理とスプレッド

MT4という同じ取引プラットフォームを使用していますが、FX会社(ブローカー)毎に注文処理の方法や提供するスプレッドは異なります

■A-Book (NDD方式)と B-Book(DD方式)


A-BookはNDD方式とも呼ばれ、Non Dealing Desk(ディーラーを介さない)注文方式で顧客の入れた注文をそのままインターバンクなどのLiquidity Providerへ流す方法です。

また、NDD方式の中にもECN方式とSTP方式に分かれており、

A-Book(NDD) >ECN(Electronic Communications Network) 
        >STP(Straight Through Processing)

があります。
ECN方式はインターバンク直結で注文を送付し、オークション方式で反対注文をマッチングさせる方法で透明性が高いのが特徴です。
STP方式は各業者のカバー先へ注文を送付し、カバー先の提示レートで決済させる方法となります。

どちらにもメリット、デメリットはあります。ECN方式は透明性のあるオークション方式によるマッチングですが、大きなロットで注文する場合など、自分の注文に対しての反対注文の総数が少ない場合はマッチングできずに決済されない場合があります。(これを約定拒否といいます)また、すべての反対注文を拾うために、注文価格よりも離れた反対注文も拾ってしまうため、実際の注文価格とは離れた不利な価格で決済されてしまうケースもあります(スリッページ)。


B-BookはDD方式と呼ばれ、顧客の注文をそのまま市場には出さず、顧客の注文とは反対の注文(カバー取引)を出してリスクをヘッジします。
NDDのようにインターバンクへ送ることもできるため、その調整を行うのがディーリング・デスクの役目となっています。

B-Book方式のFX会社は、売買によるスプレッドと、損失を出す顧客の取引(ヘッジしている分)から利益を得ています。

顧客とFX会社の利害が相反しているため敬遠されがちですが、メリットもあり、
顧客のオーダーをマッチングさせる必要がないため、スプレッドが安定していて約定力が高いということが挙げられます。

ただし、中には顧客が利益を出しすぎてしまうとFX会社が損失を被ってしまうため、アカウントを停止したり、故意にスプレッドを広げるFX会社もあるということです。


実際には、A-Book、B-Bookどちらも提供しているFX会社がほとんどです。
スプレッドの狭さを売り出しているコースや、ECN方式を全面に売り出しているコースなどがありますので、ご自身の取引スタイルや注文ロット数に合わせた口座の種類や取引コースを選択する必要があります。


MT4の表示する時間は日本時間ではない


MT4の表示している時間は、世界中で利用されているプラットフォームのため、多くはニューヨークの市場を基準としたGMT+2時間(冬時間の場合は+3時間)を採用しています。
日本はGMT+9時間となるため、MT4表示時間から、夏時間の場合は-7時間、冬時間の場合は-6時間した時刻が表示されます。

【夏時間、冬時間の切り替え日程】
夏時間:3月の第2日曜~
冬時間:11月の第1日曜~




関連ユーザーガイド>MT4(メタトレーダー)入門講座


2019.10 GogoJungle