Languages

インジケーターの設置手順(2015年9月17日以前の旧認証の場合)

インジケーターの設置手順(2015年9月17日以前の旧認証の場合)

本手順は、2015年9月17日12時以前に販売開始、またはバージョンアップされたインジケーターが対象です。 ▶関連動画 目次手順1 ダウンロード手順2 ダウンロードファイルの解凍手順3 インジケーターファイルの設置手順4 MT4の設定手順5 EA、インジケーターの適用Web認証のリセット(口座変更)方法認証エラーメッセージ一覧と対処方法インジケーターの設定に関連するリンク
手順1 ダウンロード
マイページの[ダウンロード]をクリックすると、購入した商品のダウンロード一覧ページが表示されます。 ダウンロードしたい商品をクリックします。 下記詳細ページが表示されます。口座番号、証券会社名(※)を入力後、[申請する]ボタンをクリックします。 次に、[商品ファイル]、[認証ファイル]ボタンをクリックして商品と認証ファイルをダウンロードします。 ※[証券会社名]にお使いの証券会社がない場合には「その他」を選択してください。
手順2 ダウンロードファイルの解凍
ダウンロードした[商品ファイル]、[認証ファイル](zipファイル)を解凍します。 フォルダの中には、ex4ファイル以外にIndicatorsフォルダやLibrariesフォルダ、PDFファイル、DLLファイル等、様々なファイルが含まれていることがあります。 DLLファイルの設置については出品者の指示に従ってください。 [商品ファイル] [認証ファイル]
手順3 インジケーターファイルの設置
①MT4(メタトレーダー4)を起動します。アイコンをダブルクリック。 ②MT4の画面上部にある[ファイル]→[データフォルダを開く]をクリックします。 ③下図のようなウィンドウが表示されます。[MQL4]をダブルクリック。 ④[Indicators]をダブルクリック。 手順2のex4ファイルをここに置きます。 ⑥IndicatorsフォルダやLibrariesフォルダがあれば、その中のファイルを[MQL4]内の同じフォルダ内に 設置します。 その他に、設置が必要なファイルがある場合には、出品者の指定するフォルダへ適宜設置してください。 ⑦[認証ファイル]auth_indicator.ex4をLibrariesフォルダ内に設置します。 インジケーターの設置は以上で終了です。このフォルダを閉じ、手順4に進んでください。
手順4 MT4の設定
①MT4の画面上部にある[ツール]→[オプション]をクリックします。 ②下図のようなウィンドウが表示されます。[エキスパートアドバイザー]タブの、「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する」をチェックします、[OK]をクリックし、MT4を再起動します。
手順5 インジケーターの適用
①MT4の[ナビゲーター]ウィンドウにある[罫線分析ツール](または[インディケータ]等と表示されています。)の「+」マークをクリックします。 ②インジケーターの一覧が表示されます。手順3で設置したインジケーターをチャートにドラッグアンドドロップ(もしくはダブルクリック)します。 ③下図のようなウィンドウが表示されます。GogoJungleのログインID、パスワードを入力し[OK]をクリックします。 「パラメータ」が設定できるタイプのインジケーターは、この画面で設定することができますので、商品のマニュアルやGogoJungleの商品ページを参照して、適宜設定してください。パラメータは後からでも変更できます。 ④正常に認証されると、MT4下部の[エキスパート]タブに「2019.07.** 12:**:**.*** Expert mypyramid_sihyotrade_ver01 GBPUSD,H1: loaded successfully」と表示されます。 インジケーターはチャート右上に顔のマークは出ません。(自動売買機能があるツールなどの場合は、右上に顔のマークが表示されます。) 正常認証されない、エラーが出る等の場合は、【認証エラーメッセージ一覧】の項をご参照ください。 インジケーターの適用は以上で終了です。
Web認証のリセット(口座変更)方法
①MT4で稼働中のインジケーターをチャートから削除しMT4を終了します。 この時、ExpertAdviser ボタンは緑(On)のままでメタトレーダーを閉じてください。 赤(Off)の状態で閉じてしまうと口座変更の処理が正常に行われません。
②ダウンロードしたい商品をクリックします。 ③下記詳細ページが表示されます。口座番号、証券会社名(※)を入力後、[変更する]ボタンをクリックします。 ※[証券会社名]にお使いの証券会社がない場合には「その他」を選択してください。 ※タイアップキャンペーン商品はリセットできませんのでご了承ください ④[申請する]ボタンを押した後、「更新しました。口座変更を行なう場合、商品ファイルのダウンロードは不要です。」と表示されたらリセット(口座変更)完了です。 変更先のMT4で稼働をお願いします。商品ファイルの再ダウンロードは不要です。
認証エラーメッセージ一覧と対処方法
認証時に表示されるエラーメッセージの一覧と対処方法を以下に記載します。 解決できないエラーにつきましては、大変お手数ですがサイトからお問い合わせください
メッセージ原因と対処方法
認証失敗 - DLLの使用を許可してください:by fx-on.comMT4の設定[DLLの使用を許可するに未チェック]が原因です。
MT4の画面上部にある[ツール]→[オプション]→[エキスパート]タブの[DLLの使用を許可する]にチェックを入れてください。
認証失敗 - 自動売買を許可してください:by fx-on.comMT4の設定[自動売買を許可するに未チェック]が原因です。
MT4の画面上部にある[ツール]→[オプション]→[エキスパート]タブの[自動売買を許可する]にチェックを入れてください。
認証失敗 - 他の口座番号が登録済みです。サイトから口座番号をリセットしてください:by fx-on.com他のMT4口座で既に使用中であることが原因です。
商品ダウンロードページの[リセット]機能で口座情報をリセット(初期化)してから再度MT4に適用してください。
認証失敗 - ブローカー名と口座番号を取得できませんでした。EA、インジケーターを一度削除して、再度適用してください:by fx-on.comブローカー名と口座番号が取得できないことが原因です。
適用済みのEA、インジケーターを一度削除して、再度適用してください。
※MT4のBuild880前後から確認されるようになった現象です。インジケーターのみ、MT4に適用したままMT4を再起動するとブローカー名と口座番号を取得できない現象を確認しています。
認証失敗 - [ファイル名].ex4 は無効です。サイトから再ダウンロードしてください:by fx-on.comファイル名の認証用の識別子(8桁程度の半角英数字)が原因です。
サイトから再ダウンロードし、そのままMT4に適用してください。ダウンロードしたex4ファイルに識別子がついていない場合はサイトからお問い合わせください。
認証失敗 - 接続エラー:by fx-on.comタイムアウト等で通信がうまくいかないことが原因です。
時間を置いても改善しない場合はサイトからお問い合わせください。
認証失敗 - 認証の情報が不足しています。サイトから問い合わせをお願いいたします:by fx-on.com認証に必要な情報(商品情報、購入情報など)の不足が原因です。
サイトからお問い合わせください。
認証失敗 - 商品が未購入の状態です。サイトから問い合わせをお願いいたします:by fx-on.com購入情報がないことが原因です。
サイトからお問い合わせください。
認証失敗 - 処理エラー:by fx-on.com処理に異常が発生していることが原因です。
時間を置いても改善しない場合はサイトからお問い合わせください。
認証失敗 - 商品が無効になりました:by fx-on.com使用できなくなった商品です。
理由の詳細につきましてはサイトからお問い合わせください。
インジケーターの設定に関連するリンク
よくあるご質問(FAQ)