金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

トレードでどうしようもない失敗した後のとっておきの方法

トレードでどうしようもない失敗した後のとっておきの方法

こんにちは、ヒナです。
毎日じめってますね~。。。
いかがお過ごしでしょうか?

この時期は蚊もぼちぼち出てくるので、
苦手な季節の一つです。
さっそく6箇所噛まれました^^;

去年読者さんが紹介してくれた
アンパンマンのムヒパッチ貼りまくってます。

さてさて、今日は米国債利回りが下がっての
ドルが売られたり相場は動いていますね。

私的の注目はユーロ。
先日5日の欧州中央銀行の発表で、
利下げ、マイナス金利の導入などなど
手持ちのカードを全て切ってしまった形に
なりました。
でもユーロ安に導きたい思惑は
じとなりました。


これだけの発表をしたのに、
下げ渋るのは不思議だな・・・と
思っていたのですが、週頭からようやく
流れが出てきた感じです。

マイナス金利は
銀行がECBに預けている資産に対して

「こんな所で眠らせておかないで、
困った所に貸し出せコラ!
貸さない罰金だコラ」

という意味合いを持ちます。
そして今回のカードの後に残るのは
QEの実施となるのですが、
これ現ユーロの体制では難しいんです。

何故かというと、様々な国の集合体で
あるがゆえに何を買ってお金を刷るの?
という問題があります。
そして、様々な国の集まりの中で、
景気の良い国・悪い国の差が激しく、
実体経済


そして、気になるところでは
シティバンクのレポート。

日本の注目イベントによっては
6月以降円高圧力が強くなる
可能性が高い、とあります。

これは日銀の追加緩和が6~7月にあるとの
予想があり、黒田さんの発言には注目です。


では、今日のお題

「どうしようもない失敗をした時の気持ちの切り替え方」

に移りたいと思います。

今回のお話は、
まだロスカットを経費として見られない、
受け入れられない。
割り切れない人向けのお話になります。

この時期はちゃんとロスカットを活かせる
ようになるまで誰もが通る時期になりますし、
ここをしっかり考えておかないと
退場の原因、ポジ病の原因にもなります。
では、行きましょう。

どうしようもない失敗とは、

ちょっと耐えられない金額をロスカット。

もしくは、

適当にトレードなどなど、
トレードが終わってみて、
頭を抱える位凹む現象だと思って下さい。

大体は、後悔をするような金額を失ってしまった
になると思うのですが、
これに関しては、

●一日の損失額を決める。
●その損失額は、耐えられる金額

をきちんと守れば、
そもそも頭を抱える位の精神的ダメージは
喰らいません。

それでも、ルールを守らないで
やっちゃった場合。

これはその時点でルールを
守らない自分がいるわけですから、

「まだ余力がある・・・取り戻せる!」

など思ってリベンジトレード又は
オーバートレード&ポジ病につながっていきます。

今日お話するのは、
その行動に対する対処法です。

これは私も散々今まで失敗してきて
今回の方法が一番、効果がありました。


では、行きますよ・・・。


血を吐く位のロスカットを
食らってしまったら、

すぐにパソコンを消す!


そしてタオルと石鹸と
シャンプーをバッグに入れて、


「銭湯へ行く」


あ。携帯は家に置いておいて下さいね。

なんだよ!
という声が聞こえて来そうですが、
これが本当に効果あるんですよ。

ちなみに、スーパー銭湯でもいいんですが、
銭湯の方がオススメです。
なぜなら、

「飛び上がるほど湯が熱い」

からです。
あまりに湯が熱いと思考停止します。
◯万円ロスカットした・・・という気持ちは
一瞬止まります。

損しちゃったものは仕方ない。
過去はその瞬間からコンクリートに固められて
変えられないものとなります。

ですから、

●同じ事をしないために復習する。
 (事実を客観視して、次に繋げる)
 
●やってしまった自分を責める
(主観・感情に支配)

この2つは別の問題です。
ですから感情だけを切り離しましょう。


この思考を一瞬止める事がすごく大事で、
まだ損失が割り切れない時期に
家にいたりすると、
ずーーーっと◯円損したとか、自分はバカだとか
エンドレスで自分に言い聞かせたりします。

で、相場が気になって、再びパソコンつけて
トレードし始めたりして、
お金を無駄に減らしていきます。

ですから、まず風呂に行かないまでも、
家から離れる+身体に刺激を与える
という事が肝心だと思います。

本当にどん底時代は銭湯に行くお金が
なかったので、土手まで走りに行き
家で熱いシャワーを浴びる。

こうやって気持ちの切り替えを
したりしてました。
(銭湯はある程度余裕が出てきてからです)

でも、これは私だけではなくて、
他のトレーダーさんに聞いたら

●スポーツジムに行く。
●サウナに行く。

という方が結構いました。
サウナは自律神経を整えるのに良いみたいですね。
あと、身体が温まったら、
気分も前向きになります。


まあ・・・でも、そうならないように
普段からのリスクコントロールに全力を注ぎましょう。

そして、ロスカットとは本来、
損した!ではなく、

私達のお金を守るものです。

せっかくですから、無意味にお金を消費するのでなく、
お互い意味のあるロスカットをしましょう。

written by mumu