日本語

東京午後 クロス円売りが優勢

東京午後のドル円相場は、 午前に続き本邦輸出企業のドル売りや 本邦株式市場の下落を背景に、 ドル売りが優勢となった模様で、 一時90.80円台まで値を下げました。 その後はマーケットを動かす、 主な要因が見当たらない中、 30銭ほど反発する場面も見られましたが、 現在は91.50円台で推移しています。 市場では米金融安定化策への 期待感が高まっていることもあり、 下げ渋る展開となっている模様です。 一方、ユーロ円もドル円同様、 本邦株式市場の下落を受けて 117円ちょうど付近まで下落し、 ユーロドルもユーロ円の下落に伴って 一時1.2870ドル台まで値を下げました。 東京終値は、 N225 7969.03[-107.59] TOPIX778.90 [-11.94 ] と、8000円を割って終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。