日本語

インジケーターの表示の仕方

MT4には、殆どのテクニカル指標が備わっていると考えてよい。 しかも、日本のFX会社が提供するチャートツールと比べると、動作が軽く使い易い。 MT4などのチャートツールでは、表示させるテクニカル指標のことをインジケーターと呼んでいる。 テクニカル指標(インジケーター)は、そのタイプ別に大別して、相場の方向性を指し示すトレンド系 売られ過ぎ、買われ過ぎを示すオシレーター系があるが、MT4に最初から備わっているインジケーターは 以下のものがある。(2016年6月5日現在) MT4のインジケータ―一覧
タイプインジケーター名
トレンド系Moving Average (移動平均線)
ADX
Bollinger Bands (ボリンジャーバンド)
CCI
Paraboric SAR
Standard Deviation(標準偏差)
オシレーター系一目均衡表
ATR
Bears Power
Bulls Power
DeMarker
Envelopes
Forse Index
MACD
Momentum
Moving Average of Oscillator
RSI
RVI(Relative Vigor Index)
ストキャスティックス
William's Percent Range
ボリュームAccumulation/Distribution
Money Flow Index
On Balance Volume
Volumes
ビル・ウィリアムスAccelerator Oscillator
Alligator
Awesome Oscillator
Fractals
Gator Oscillator
Market Facilitation Index

早速、テクニカル指標のインジケーターを表示してみよう。 MT4でチャートにインジケーターを表示させる方法は3つある。 1つは、上の画の左サイドにあるナビゲーターの中の「カスタムインジケーター」の中に 沢山のインジケーターが並んでいるので、そこからチャートにドロップする方法である。 その他は、プルダウンメニューの挿入の中の「罫線分析ツール」を選ぶ方法とMT4の上部にある 「Indicators」アイコンを選択する方法がある。 ここでは、Moving Average(移動平均線)を表示させてみよう。 Moving Averageを表示させようとすると、下の画の様な小ウィンドウが開いて来る。 パラメーターのタブでは、移動平均線の期間、線の色、太さなどを選ぶことができる。 また、移動平均線の種類の項目では Simple → 単純移動平均線 Exponential → EMA などを指定することもできる。 一度表示したインジケーターのパラメーターの変更、削除は、チャート内のインジケーターが表示されている個所で マウスを右クリックし「表示中の罫線分析ツール」を選び行うことができる。 written by Hayakawa

MT4をはじめたい方へ MTを採用する国内ブローカーの口座を開くと、EAやインジケーターが貰えるお得なキャンペーンを利用しない手はありません! fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!