日本語

東京午前 クロス円上昇後に下落

東京午前のドル円相場は、 上昇後、反落する展開となりました。 序盤は米金融安定化策への期待感などから 買い戻しが優勢の展開が続き、 先週末高値を抜けるとストップロスを巻き込み、 ドル円は一時92.40円台まで上昇しました。 ただその後は本邦輸出企業からのドル売りや、 日経平均株価の伸び悩みを背景に 一時91.40円台まで売られました。 一方、その他クロス円相場も ドル円同様の動きとなっており、 本邦株価の伸び悩みなどを受けて、 ユーロ円は118.10円台、 ポンド円は134.70円台まで下落しました。 東京前場終値は、 N225 8159.40[+82.78] TOPIX792.45 [+1.61 ] と、プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 16:00 (独) 12月貿易収支 16:00 (独) 12月経常収支 22:15 (加) 1月住宅着工件数 特に、 22:15 (加) 1月住宅着工件数 に注目が集まるでしょう。