日本語

MT4の各ウィンドウの機能

MT4 各ウィンドウの機能 インストールが完了すると、MT4が開いて表示される。

インストール直後に表示される各ウィンドウは 気配値表示、ナビゲーター、ターミナルと4つのチャートだ。 順にその機能を説明しよう。 気配値表示 通貨ペアをはじめCFDなどブローカーが扱う商品が表示される。 ビット(売る時の価格)とアスク(買う時の価格)が、ティック(価格が変わる毎に記録されるレート)が更新される毎に表示されるので、 スキャルピングを行なう時に、気配値表示を見ながらトレードを行なう人もいる。 ナビゲーター 口座へのログインを行なう機能がある。1つのMT4でいくつもの口座アカウント番号(口座ID)でログインすることも可能となっている。 その他に、自動売買を実行するプログラム(ExpertAdviser、略してEAと言われる)、インジケーターが表示される。 ターミナル 保有中のポジション、過去の取引結果、メタクオーツ社からの案内、マーケット(有料無料のソフトウェアや電子書籍)、ソフトウェアのプログラム集、 接続状態やエラーを表示する機能がタブに分かれて存在している。 特に「エキスパート」タブは、エラーや接続状態を表示しているので頻繁に使うことがある。 接続状態 MT4の右下に表示される・・・kbは、通信状態を表示している。
表示状態
通信できていない状態
トレードサーバーと直接接続中
データセンターと直接接続中
トレードサーバーとデータセンターの違いは、メタクオーツ社の説明では、トレードサーバーが中心に置かれ、後者がその周りに配置されるサーバーとなっている。接続先が違うが通信状態に差はないと考えておけばよいだろう。

各ウィンドウ表示と非表示の方法
気配値表示、ナビゲーター、ターミナルやチャートを閉じるのは、下の画像の「×」をクリックする。

一旦閉じたウインドウを再度表示するには、プルダウンメニューの「表示」をクリックし、表示したいウィンドウを選べばよい。 また、ターミナルのウィンドウの左端の真ん中あたり(緑の矢印アイコンが指す個所)をクリックすると、ターミナルそのものを最小化して表示することができる。

チャートの色々な並べ方
インストール直後は、4つのチャートが表示されているが、チャートはいくつでも立ち上げることができる。 たくさんのチャートを立ち上げて見にくくなってしまった時は、 メニューの「ウィンドウ」から、チャートの表示方法を選ぶことが出来る。 あまりに多くチャートをだしていると、隠れて見えなくなるチャートもあるので、 現在どのチャートを選択しているのかを見るには、チャート下部のタブ(黄色のラインで囲った箇所)を確認すればよい。

MT4をはじめたい方へ MTを採用する国内ブローカーの口座を開くと、EAやインジケーターが貰えるお得なキャンペーンを利用しない手はありません! fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!