金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ZIGZAGのおすすめパラメーター

最近、ZIGZAGの記事を書いてるのですが意外と好評です。

ZIGZAGベースのサポート&レジスタンス
【MTF】ZIGZAGベースのサポレジインジケーター

メッセージを頂いてるのですが、
その中で一番多いのがパラメーターについてです。

「おすすめのパラメーターを教えてほしい」

といったメッセが多いですので、今回はZIGZAGのパラメーターについて書いてみます。


まず、ZIGZAGのパラメーターですが、
各パラメーターは何を示してるのか?を書いておこうと思います。

ZIGZAGには、3つのパラメーターがあります。

ExtDepth ExtDeviation ExtBackstep

ですね。

 
・ExtDepth  ZIGZAGが示す山&谷の最少期間

・ExtDeviation  転換率

・ExtBackstep  反転の判断に必要な期間


基本的な考え方としては、各数字を大きくすれば、山と谷が形成される期間が長くなりますし、小さくすれば、期間も短くなると考えていいと思います。


小さなブレイクアウトを狙いに行くのであれば、数値を小さくすべきですし、サポレジを確認したければ、数字を少し大きくすべきだと思います。


有名なパラメーターとしては、12・5・3 とかですね。

ジグザグ
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログだけの特別キャッシュバックあり)

私は5・5・5を使うことが多いです。

ジグザグ2
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログだけの特別キャッシュバックあり)

ちなみに、5・5・5で1分足に5分足のZIGZAGを表示させたのがこちら

MTF
チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログだけの特別キャッシュバックあり)

わかりやすそうですね。


でもあれです、サポレジを確認したいという目的であれば、短いパラメーター―でも、MTFのZIGZAGを使えばいいと思います。

パラメーターの考え方的には、どの時間足に表示させるかで変わってくるのかなと思うんですね。


なので、ご自身が常に見ている時間足にマッチするパラメーターを探してみるのが、一番良い最適なパラメーターを探す方法なのかもしれませんね。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

written by kaz