日本語

東京午前の動向 本日の重要ポイント

東京午前のドル円相場は、 序盤は新規材料に乏しい事から しばらく小動きとなっていましたが、 前日の反動による利益確定や、 本邦輸出企業からのドル売りを背景に 90.70円台まで下落する展開となりました。 現在は売りに一服感が見られており、 90.90円を挟んでの小動きとなっています。 東京前場終値は、 N225 8149.34[+199.69] TOPIX797.48 [+ 11.07] と、大幅プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 14:00 (日) 12月景気動向調査・速報 15:45 (スイス) 1月失業率 16:45 (仏) 12月貿易収支 18:30 (英) 12月鉱工業生産 18:30 (英) 1月生産者物価指数 18:30 (英) 12月製造業生産高 20:00 (独) 12月鉱工業生産 21:00 (加) 1月失業率 21:00 (加) 1月雇用ネット変化 22:30 (米) 1月非農業部門雇用者数 22:30 (米) 1月失業率 29:00 (米) 12月消費者信用残高 本日は注目材料が多く特に、 18:30 (英) 12月鉱工業生産 21:00 (加) 1月失業率 21:00 (加) 1月雇用ネット変化 22:30 (米) 1月非農業部門雇用者数 22:30 (米) 1月失業率 に注目が集まるでしょう。 中でも、22:30 (米) 1月非農業部門雇用者数は、 非常に注目度の高い経済指標となっているため、 発表前後は相場が荒れる可能性があります。 急激な動きには充分ご留意下さい。