金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

強い通貨がわかる!「通貨の強弱マトリックス FXエントリー」

強い通貨がわかる!「通貨の強弱マトリックス FXエントリー」

その時強い通貨がわかる! 通貨の強弱をリアルタイムでお知らせしてくれる エントリータイミングツール 『通貨の強弱マトリックス FXエントリー』 USD/JPN  EUR/JPN GBP/JPN EUR/USD GBP/USD EUR/GBP の6つの通貨ペアのティックデータをもとに、 1分、5分、15分で通貨の強弱のシグナルを出してくれるエクセルのエントリータイミングツールです。 取引する通貨ペアがいつも固定の方は、ボラティリティが低かったりするとず~~っとボラが上がるまで 待ちの状態が続く・・・・  そんなことが多々あるかもしれませんが、「通貨の強弱マトリックス FXエントリー」を立ち上げておけば この6つの通貨ペアのうち最も強くなっている通貨、最も弱くなっている通貨がわかるので、取引する通貨ペアを迷いません。 逆に、何も色がついていないときはあまり動いていないときなので、余計なエントリーをしなくて済みます。 トレードの勝率をもっと上げたい! できるだけ利益を伸ばしたい! ボラティリティが低いときに出る騙しに引っかかりたくない! エントリータイミングの裏付けを取りたい! そんな方にオススメです♫ メール送信機能がついているので、メールを受け取ってからチャートを見てトレードをするのもありですね。 では実際に どうやってトレードで使うのか、制作者のムラごん様に聞いてみました! 『私のトレード方法を紹介いたします。 順張りの裁量トレードになります。 チャートは、日足、4時間、30分、5分、テクニカルはBBバンド MAぐらいでシンプルな構成です。 メインのチャートは30分を基準に1日1回のトレードです。 もう一つのチャート(画像右)を見ていただくと、緑が一番上で水色が一番下になっています。 つまりポンドが買われて、円が売られている状況というのがわかります。 一番強い通貨を買って、弱い通貨を売るが基本になります。これだけでも通貨ペアの選定 ミスはなくなります、ただし、上記のチャートでは、どの通貨がどれだけ買われている、 売られている、どの通貨に移動しているというのがわかりません それを、リアルタイムで見るのが『FXエントリー』です。 以上の条件でエントリーサインを使用すると、勝率が格段にあがります。 購入者様のトレードの勝率アップや、無駄トレードの回避のお役に 立てれば、幸いです。 応用例として ポジションを持った状態で、シグナルが発生したので もう少し利食いを遅らせた。 ポジションを持ちたいが、エントリの通貨の動きがハッキリしない。 トレード見送り。 ポジションを持ったが、マイナス方向に動いているので損切り、 等です。 また、 リスク回避で、円買いドル円下落、ドルストレート下落の時もクロス円がトレードしやすいですよ。 同調している場合はクロス円(ドル円、ポンド円、ユーロ円)が有利です。 逆に、ドル円とドルストレートが逆行の場合、クロス円が(ドル円とドルストレートの逆行により) 綱引きとなって、浮動が多くトレードが難しい状況となります。 その場合は、ドルストレートが有利です。 』 (※上記画像内にある通貨の強弱のインジケーターは、Ku-chartというフリーインジケーターです。) ということでした! 多通貨を監視してトレードチャンスの多い通貨ペアを選定するという見方は、ぜひ取り入れたいですね! 毎日の詳しいトレード方法などは、ムラごん様のブログで確認できます! ムラごんのFX挑戦 販売ページは↓をクリック! ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼