日本語

東京午後 クロス円荒い値動き

東京午後のドル円相場は、 午後に入って日経平均株価が 一時前日比200円超のプラスとなったことで、 90円台目前まで上昇しましたが、 同株価が上げ幅を縮小したことで、 一時89.30円台まで下落しました。 また高値付近では本邦輸出筋や、 オプションに絡んだドル売りが散見されていることも、 ドルの下落要因となった模様です。 現在ドル円は89.60円台で 小動きとなっています。 東京終値は、 N225 7825.51[-48.47] TOPIX773.79 [-4.06 ] と、マイナスにて終了しています。 全般的にクロス円は、 方向感に乏しい動きとなっています。 急激な動きには充分ご留意下さい。