金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ドル円60分足スパンモデルの分析、判断結果、昨日、ドル買いシグナルが点灯して4本目のローソク足にて高値を付けた

ドル円60分足スパンモデルの分析、判断結果、昨日、ドル買いシグナルが点灯して4本目のローソク足にて高値を付けた

201405013 USDJPY H Span Model.gif

添付チャートは、午前8時45分現在のドル円(USD/JPY)60分足スパンモデルです。

60分足スパンモデルは、スイングトレードの際の売買ポイントの把握やデイトレードを行う際の大局観の把握などに重宝です。

現在、以下のように判断します。

■昨日、ドル買いシグナルが点灯して4本目のローソク足にて高値を付けた後、反落したものの、その後、再度上昇し、高値をブレイクした時点で、逆行パターンから順行パターンに変化しました。

■今後の注目点は、実勢レベル60分足終値がサポートゾーン上限ラインである青色スパンに支えられ続けるかどうか、遅行スパンが陽転続けるかどうか、赤色スパンが上向きのまま推移するか等々です。


written by エフピーネット