金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ドル円60分足スパンモデルの分析、判断結果:買いシグナル(青色矢印)点灯時点で、高値圏となったり、売りシグナル(赤色矢印)点灯時点で、安値圏となるパターンです。

ドル円60分足スパンモデルの分析、判断結果:買いシグナル(青色矢印)点灯時点で、高値圏となったり、売りシグナル(赤色矢印)点灯時点で、安値圏となるパターンです。

201405012 USDJPY H Span Model.gif

添付チャートは、午前8時40分現在のドル円(USD/JPY)60分足スパンモデルです。

60分足スパンモデルは、スイングトレードの際の売買ポイントの把握やデイトレードを行う際の大局観の把握などに重宝です。

現在、以下のように判断します。

■ここ直近は総じてレンジ、揉み合い相場の地合いにあることから、スパンモデルシグナルが「逆行パターン」となる可能性が高い局面にあります。

つまり、買いシグナル(青色矢印)点灯時点で、高値圏となったり、売りシグナル(赤色矢印)点灯時点で、安値圏となるパターンです。

■一方、レンジ相場や揉み合い相場の地合いからトレンド相場に変化していく場合は、逆行パターンから順行パターンになりますので、注意しておく必要があります。


written by エフピーネット