日本語

東京午後 リスク回避の動きが活発化

東京午後のドル円相場は、 午後に入って日経平均株価が 前日比300円超のマイナスとなったことで、 リスク回避の動きが活発となり、 一時89.10円台まで下落する展開となりました。 本邦輸出筋からのドル売りも 下落要因となった模様です。 ただその後は同株価が 下げ幅を縮小して引けたことで 現在は89.40円台まで反発しています。 一方、ユーロ円相場は、 本邦株式相場の一段安を受けて 一時114.90円台まで弱含んだものの、 欧州勢参入前の持高調整により、 一時115.30円まで値を回復しましたが、 現在は再び弱含んでいます。 東京終値は、 N225 7994.05[-257.19] TOPIX794.03 [-24.44 ] と、大幅マイナスにて終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。