日本語

東京午後 クロス円堅調に推移

東京午後のドル円相場は、 東京午前に見られたドル買い一巡後、 利益確定の売りが散見されたことで 89.20円台まで反落する場面も見られました。 その後は本邦株式相場が 前日比+370円の大幅プラスで引けたことや 欧州勢が参入したことに伴って、 ドル円は一時1月21日以来となる、 90円台乗せとなりました。 一方、ユーロ円もドル円同様、 買い一服後は短期筋からの戻り売りにより、 一時117.60円台まで値を下げましたが、 欧州勢参入後は、過度の信用不安の後退から ショートカバーが優勢になったことに連れて、 1月19日以来となる119円台乗せとなりました。 東京終値は、 N225 8061.07[+378.93] TOPIX805.49 [+37.21 ] と、8000円を回復して終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。