日本語

指標発表裁量トレードの強い味方 MyPyramid指標発表

MyPyramid指標発表トレード専用版 というツールを ご存知の方は、fx-onユーザー様の中には結構いらっしゃると 思います。 既に107名のお客様がお買い求めになっていて、あらためて このツールをじっくり眺めてみたところ、『なるほど!これは使える!』 と感じ入る点がありましたので どういったことができるかというレポートを作ってみました。 さて、指標発表を狙って裁量トレードをする方は 沢山いらっしゃると思います。 エントリーの方向性の勝ち負けは兎も角も よくある指標時のトレードの問題点として 1.一旦、勝ちトレードとなったけれども反転して負けてしまった 2.成行きエントリーは約定し難い(FX会社により違いはあるでしょうが・・・) と言うことなどを皆さんご経験済みだと思います。 そんな問題のポイントを解決するために、トレーダー盲点さんが開発 したのが、MyPyramid指標発表トレード専用版 です。 具体的に何ができるのか? 以下の画像をご覧ください。 本日早朝 AM3:00のFOMCの値動きを参考にしてみました。 MyPyramid指標発表トレード専用版は、例えば以下のような使い方をします。 1.FOMCなどの指標発表の少し前に指標発表前ギリギリのレートを想定します。 2.裁量トレードで、売りと買いの逆指値を手動で設定するのと同じように 売りと買いの逆指値を設定します。 ユーロドルやドル円であれば15Pips程度の位置に 逆指値を置けば、恐らく国内(海外も問題ないところもあるかもしれません) のMT4ブローカーであれば約定するでしょう。 ポンド円は、もう少し広い設定が必要かもしれません。 また、FX会社毎にルールを明示している場合は、それに従った 設定をしましょう。 3.ピラミッティングの幅(Pipsで指定)を設定します。設定は、売り買いどちらに行っても発動します。 4.ストップロスを設定します。逆指値の15Pipsにヒットした後に反対方向に レートが進み含み損を抱えてしまった場合の損切決済設定値です。 なお、例えば、一旦、買い逆指値にヒット後、レートが下がり売り逆指値にもヒットする 事を避けるために オーダー削除(片方が刺さったら、もう片方の逆指値は取り消しする)機能もあったりします。 勿論、オン・オフが可能です。 【決済はどのように行うのか?】 売り逆指値、あるいは買い逆指値にヒットした後に どの様に利益確定をするかと言いますと 3つの方法があります。 ①OrderClosePips オーダー決済  まとめて一気に利確決済する方法 逆指値にヒットした後に、2ポジション、3ポジションと上手く ピラミッティングが進んだ場合、最初のエントリーから、例えば 50Pipsで全ポジションを自動決済するというものです。 ②TakeProfitPer確定利益% 逆指値にヒットした後に、2ポジション、3ポジションと上手く ピラミッティングが進んだけれども、①のOrderClosePips オーダー決済 の設定値にレートが到達せず、反転して含み益が減って来た時に 最大の含み益の〇〇%にて、自動的に利確決済するものです。 ①②の機能で、どの様に転んでも利益を確保するという 仕組みですね。 ③手動決裁は、単純に目視しながら手動決裁し利確を行なうものです。 その他の嬉しい機能として、買い売り共に逆指値にヒットしなかった場合 逆指値を放置しておくと思いもよらないエントリーが発生してはいけませんので 一定時間後に逆指値注文を削除する機能なんかもあります。 設定できる項目(パラメータ)はこのようなものです。 MyPyramid指標発表トレード専用版。如何でしたでしょうか。 指標発表時の裁量トレードで、冒頭の2つの問題点 1.一旦、勝ちトレードとなったけれども反転して負けてしまった 2.成行きエントリーは約定し難い(FX会社により違いはあるでしょうが・・・) を感じたことがある方は、必見のツールだと思います。 MyPyramid指標発表トレード専用版 written by Hayakawa