日本語

今!旬!バイナリーインジケータ用圧巻のバックテストツール!

今!旬!バイナリーインジケータ用圧巻のバックテストツール!

流行りのバイナリ―用インジケータを入手したけど本当の実績を知りたい? そこそこ行けてるインジケータだけど何だか負ける時がある!取引時間や曜日を限定したらパフォーマンスが上がるかも!? 自分の手法をインジケータにすることはできるけど、バックテストで試したい と仰る方にとって、かつてない強い味方が登場しました。 恐らく他にはどこにもないバイナリー用インジケータ解析ツールをソフトウェアエンジニア『だいご』さんが 開発をしてくれました!! 2014年3月16日(日) 17:00発売です。 早速ですが、fx-on社内で作成したインジケータとサンプルインジケータとを使用し余計な取引を削った 最大パフォーマンスはこのようなものです。 驚愕のトレード結果だけど、驚異の機能です。 使用方法はいたって簡単です。 MT4のごく普通の使用方法を知っているだけの小職ですが、1時間程の操作でほぼ一通り 操作ができる様になりました。 MT4の操作はこれからという方でも、マニュアルに沿って行えば問題なく使用できるでしょう。 では、ここからは具体的に、設定の流れと、こんなこと出来ちゃいましたレポートをお送りします。 まずは、『バイナリーオプションシグナルバックテスト解析ツール BOAnalyzer』(以下、BOAnalyzer)を入手します。

ダウンロードしたファイルを解凍して2つのフォルダと1つのマニュアルが登場します。 最初にやることは、プログラマーさんの環境であれば既にインストールされているかもしれませんが 小職のような一般事務系のような人のPCには、まず入っていない .NETのインストールをしておきます。 ← これ重要です。 マニュアルにこのようなリンクがありますので、クリックしてインストール。

フォルダ MT4 内のファイルを、夫々の保存先に移動します。 使用するインジケータも保存箇所に設置しました。 今回のテストには、社内で作成したインジケータを使用しましたよ。
MT4を起動して、インジケータを表示してみました。実施にはこの操作は不要ですが 派手派手なサインを見ていただきたかったので。
バックテストを行ないます。 ヒストリカルデータはFXと同じように入れます。 バックテストの仕方はこちら → http://fx-on.com/lecture/duty.php?c=30&i=287 バックテストのテスターを使って エキスパートアドバイザー → BOAnalyzer_EA 通貨ペア モデルは全ティックを必ず選び 期間は インジケータの指定する時間足を選択 開始日~終了日を選びます。
パラメーターがとっても味噌で ・5分毎エントリーの5分毎決済、10分毎エントリーの10分毎決済(最大1時間毎エントリーの1時間毎決済) といったNEXT TOP OPTIONのようなタイプ ・エントリータイミングは任意、判定タイミングは15分毎(1分毎~1時間毎まで1分単位で指定可能)といった TrendOptionやSmartOption、TradeRushのようなタイプ に合わせて設定ができます。 バックテストで作成されたバイナリー用インジケータのトレード結果ファイルの保存先も指定します。 スタートボタンをクリックして、バックテストスタート!
おー、全然ダメダメな結果ですが、ここからが BOAnalyzer の腕の見せどころ、見せ場が到来しますよ。 いよいよ BOAnalyzerを起動します。 起動したら、先程バックテストした時に生成したトレード結果ファイルを読み込みます。
取込んだトレード結果ファイル → 識別名 掛金 バイナリ―の会社が指定する払戻率 開始日~終了日はバックテスト期間と同じもの を指定して、解析開始をクリック!
あ~あ、やっぱりダメダメでした。 しかし!、案じることはありません。ここからが  BOAnalyzer の本領発揮です。
BOAnalyzer には、総損益グラフ以外に 月別、曜日別、時間帯別の損益グラフがあります。
曜日別損益グラフ
時間帯別損益グラフ
特に、時間帯別損益グラフで負ける時間帯を確認し BOAnalyzerのタイムフィルター設定で、負ける時間帯の チェックを外して、 BOAnalyzer_Sample_EURUSD_2_A というインジケータに保存して解析したら キター!
ダメダメインジケータでも勝てるじゃないかー! と言うことが分かったりします。 そしてそして、更にポートフォリオ分析機能を使えば 複数のインジケータを使って、最高のパフォーマンスを 発見することもできます。 今回は、サンプルでついていたBOAnalyzer_Sample_EURUSDと 先程、fx-onのインジケータのバックテスト結果からできた BOAnalyzer_Sample_EURUSD_2_A を複合してみました。 2本のインジケータはこんな感じです。

ツールのポートフォリオ分析をクリックし、2本を選択しポートフォリオ名『絶好調2』で保存します。
『絶好調2』を解析開始すると、すごすぎる結果が出て来ました! ざーっと、一連の流れをご案内しましたが、如何でしたか? インジケータの実力を知るだけでなく 月、曜日、時間帯でいつトレードをすれば最高のパフォーマンスが出るかを教えてくれ 手持ちの複数のインジケータでポートフォリオを組み 夫々の得意な月、曜日、時間帯で使い分けて、トレードに使用すれば 最高のトレード結果を生み出すことができます。 また、ご自身の裁量バイナリ―手法をお持ちの方にも 簡単なシグナルインジケーターを作成いただくだけで バイナリーオプションのバックテストが可能となりるので 編み出した手法の有効性を検証すると言うことができます! 正に画期的なツールではないでしょうか。 2014年3月16日(日) 17:00発売 ※バイナリーオプションシグナルバックテスト解析ツール BOAnalyzer 今回は、発売前にお客様がお持ちのバイナリインジケータを解析し、解析結果レポートをお届けする モニターキャンペーンを実施いたします。 先着3名様! バイナリーインジケータ 解析レポート モニターキャンペーン fx-on宛にインジケータを添えて申込みいただいた方の中から先着三名様に 『バイナリーインジケータ 解析レポート』(1本、1通貨ペア分、期間は1年程度)をご進呈いたします。 バイナリーインジケータ 解析レポート ご応募方法 バイナリ―用インジケータ 1本を添付の上、support@fx-on.com宛に お申込ください。 応募メールにご記載いただく内容 件名 『バイナリーインジケータ 解析レポート モニターキャンペーン』 1. テストして欲しい時間: 5分毎エントリーの5分毎決済など 2. 対象の通貨ペアお一つ ※以下のインジケータは測定ができません。 マルチタイムフレーム(MTF)タイプのインジケータ リペイントするタイプのインジケータ 応募期限 2014年3月9日(日)中 解析レポートは、レポートができ次第順次お届けいたします。 なお、解析できないインジケータの場合、解析レポートのお届けができません 事を予めご了承ください。 ご応募をお待ち申し上げております。 written by Hayakawa