日本語
<一覧に戻る
2014年3月10日
お知らせ
■■求む!証券会社接続の可能なEA !■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

invest-on.com からご出品者様へのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  2011/09/28   ━━



平素はfx-on.comnk-on.comをご利用いただき誠にありがとうございます。



■■■■■■■■求む!証券会社接続の可能なEA !■■■■■■■■


この度、当社のAPIにEAを接続し、お客様の売買高に応じて

EAの使用料として報酬をお支払いすることなどが可能なスキームで

新たに2社に向けて当社にて契約している証券会社様用のEAの

ご出品をお願いいたします。

今回求めているEAはその2社の証券会社のホームページにて

掲載され、ユーザー様に選んでいただきEAのシグナルを受けていただきます。

今後もこのスキームは拡大する予定ででございます。

その2社の証券会社様のご意向が下記の条件となりますので

是非多くの開発者様、出品者様にご出品のご協力を頂けますよう

お願いできれば幸いです。


■■A証券の基準■■


システムトレードによる売買シグナルを算出する売買システムに限る。

裁量による売買シグナルを配信する売買システムは不可

同時に複数ポジションを保有しない売買システムとする。

難平・利乗せ・両建は不可

サーバー型自動売買に適合する売買シグナルを算出する売買システムとする。

スキャルピングは不可(新規から決済までの時間は30分以上とする)

売買シグナルの売買指示情報のうち、数量については1万通貨固定とする。

売買シグナルによって取引数量が異なる売買システムは不可



■■B証券の基準■■



最大保有ポジション数は4以下

1つ以上のポジションを持ち続けたまま30分以内に2回以上のトレードはできない
1時間のトレード回数の上限は60回。1日のトレード回数の上限は60回。

1ストラテジーの1トレード(1万通貨)当たりの最大ドローダウンは-300pips。これを超えた場合は自動的にロスカットを行います。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆「みんなのトレード」に参加してトレード力アップ!☆
http://fx-on.com/lecture/duty.php?c=37&i=275
☆あなたのトレード結果がブログパーツに!☆
https://fx-on.com/blog/blog_parts.php
☆アフィリエイト登録で報酬ゲット☆
https://fx-on.com/asp/if/aff/
☆貴方のトレード能力、システム開発能力を可視化し証明しよう☆
http://fx-on..com/lecture/duty.php?c=1&i=301