This website requires JavaScript.
日本語

【動画】最新価格を素早く反映する特殊な移動平均線を売買のサインにする手法を平野朋之さんが解説

一目均衡表講座開講直前! 特別コメントVol.1

株・為替のチャート分析で最もメジャーな、”一目均衡表”の確立者「一目山人」の三代目・細田哲生氏の動画コンテンツ・「一目均衡表の本質とその活用」がついに2017年3月に開講します。 それに伴い、一目均衡表の今年の相場変動日について解説して頂きました! 一目均衡表の観点からみた相場観をぜひお楽しみください! 細田哲生氏の動画コンテンツ詳細はこちら http://fx-on.com/douga/detail/?id=37 【細田氏コメント】 直近の相場変動に関してfx-onのこちらのサイト http://fx-on.com/douga/gogojungletv/?id=101 で阪谷先生と一緒にお話ししています。是非ご覧ください。 さて日経平均株価ですが重要変化日が1月17日、2月7日とそれぞれ安値決まりの形を作り(17日の一日違い18日が安値)一段上げる結果となりました。 問題はここから簡単に1月高値を超えるかどうかとなりますが弊社メールマガジン、あるいはラジオ日経さん相場コメントでは 昨年11月1日E値20082円の早期達成あるかどうかが大事としています。 達成するまではモミアイの範疇を超えることが出来ず、大きな三波動構成変化日3月10日、17日、27日までの上昇余力が確実視できないこと。 その場合は、次の変化日2月28日まで波乱含みの可能性ありということであります。 今週金曜日2月17日の勉強会では重要変化日を経過しての日経平均株価解説を中心にNYダウ、ドル円相場解説を行います。 3月初めには一目均衡表解説動画の発売が開始されますが、それに先立って勉強される良い機会かと思います。 初めての方にとっては難しく感じることが多いかと思いますが、ぜひご参加ください。 阪谷先生の登壇ありませんが、勉強会後の懇親会には参加くださる予定です。 懇親会参加は勉強の進んだ方も多いので、こちらも参加されると得るものは多いでしょう。 有料勉強会となりますが、初めて参加される方は弊社メールマガジンを一か月間無料配信いたします。 会場は狭いので人数が埋まり次第締め切りとさせていただきますがご了承ください。 詳細はこちらからお申し込みください http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html