金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

TrendMaster_USDJPY_M5

TrendMaster_USDJPY_M5 自動売買
質問はコチラ(0)
トレンドの初動に乗る中長期トレードEA。損切小さく、利益を大きくが理念。
自動売買システム
MetaTrader 4
出品者
アカシック
登録更新日
2020年9月2日
バージョン情報
1.0
マイプロフィール
アカシック
  • 全期間
  • 2年
  • 1年
  • 6カ月
  • 3カ月
  • 1カ月
収益
-77,973円
プロフィットファクター
0.00
リスクリターン率  ?
-0.89
平均利益
0円
平均損失
-12,807円
口座残高  ?
922,027円
収益率(全期間)?
-13.19%
勝率
0% (0/6)
最大保有ポジション数  ?
3
最大ドローダウン  ?
14.78% (87,359円)
最大利益
0円
最大損失
-14,600円
推奨証拠金  ?
591,029円
含み収益
0円
初期額  ?
1,000,000円
通貨
円建て
運用可能会社
-

公式運用(収益額)

商品のデータ
商品のコミュニティ

詳細統計(月別)

2020
2019
2018
2017
2016
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

今月のカレンダーを表示

ストラテジーについて

通貨ペア
[USD/JPY]
取引スタイル
[スイングトレード] [ポジショントレード] [デイトレード]
最大ポジション数
3その他: 1セット3ポジション制限あり
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
20その他:  非複利運用時は最大20ロット制限があります。
使用時間足
M5
最大ストップロス
200その他: リスク回避のため、最大損切・利確幅を設定可能です。
テイクプロフィット
400その他: リスク回避のため、最大損切・利確幅を設定可能です。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
なし
(1)TrendMasterについて このシステムは一度の取引で大きく利益を取り、小さい損失に収める事を理念に作られた利大損小中長期トレードEAです。 そのため勝率35%程度ではありますが、プロフィットファクター1.3~1.5前後と右肩上がりで資金を増やすことに特化しています。 当方の考え方と致しましては、プロフィットファクタが高すぎるEAなどは数値等のカーブフィッティングの可能性があり、余り長期間の信頼性のない物も多いと考えています。すなわち、長期のバックテストにおいて、プロフィットファクタが1.3~1.5前後の物のほうが長期的に機能する可能性が高いと考えています。 当システムに関しては、バックテスト期間を約10年と長い期間でとっておりますので、取引サンプル数も比較的多いと考えています。 また、当システムの優れている点としては、スプレッド耐性が優れています。 スキャルピングEAなど細かく利益を取っていく勝率の高いEA等は、スプレッドの変動に成績が左右されやすく、バックテストと実際の運用では大きく結果に差が出ることがあります。 しかし、このEAに関しては一度の利益を大きくとる仕様となっているため、スプレッドには結果が左右されにくいようになっています。 また、当システムはエントリー時に3つの注文を発注するように作られており、最低ロット数は0.06ロットとなっています。例として、0.06ロットを設定している場合は、0.03ロット、0.02ロット、0.01ロットの注文が発注され、それぞれ個別のポイントで利確損切されるようになっております。そのため、ポジションによっては数日間で決済されるものもあれば、1か月単位ほどポジションを持ち続ける場合がございます。 EA表示時間足は、5分足を推奨しています。 (2)バックテストについて バックテストは、2011年から2020年8月23日現在までの約10年間の期間で単利運用と複利運用の2通りで行いました。 USDJPYスプレッドは1Pips(MT4上の数値は10)で海外FX会社の平均スプレッド値でバックテストを行いました。 ・単利運用の場合 単利運用USDJPYバックテストはプロフィットファクター1.46で優秀な結果となりました。 ・複利運用の場合 複利運用USDJPYバックテストはプロフィットファクター1.38と単利運用よりは数値は落ちますがしっかりと利益を出す結果となりました。 単利複利ともに、良好な結果が出たと考えています。 (3)リスク管理について 当システムは、損切利確幅が自動的に定められるように出来ています。 リスク管理としてはパラメーターでMaxTP、MaxSLを設定することにより、チャートで異常値が発生した際に、大きすぎる損切利確幅を取らないように設計されています。 パラメーターにおいて、標準偏差下限レベルを設ける事により、ボラティリティが低すぎる状態での取引を行わないように設定しています。 複利機能利用時に関しては、下限ロット・上限ロット・複利レバレッジの設定をして頂く事が出来るようになっております。 (※パラメーターの設定数値によりバックテストとは違う結果が出る可能性があります。バックテスト時のパラメーターに関しては、パラメーター説明の項目でご説明致します。) (4)TrendMasterのパラメーターや設定について ・パラメーター項目の説明 --トレード設定-- Slippage::スリッページの設定項目になります。設定の数値によっては、注文が約定しない場合があります。 MAGIC:EAを識別する数字になります。別EAを動かされる際やポートフォリオ運用をされる際は、他EAや別稼働のEAと違う数字を使用してください。 Lots:複利機能オフの場合の注文ロット数になります。証拠金のリスクを考えた上でご設定ください。設定可能最低ロット数は0.06ロットになります。 StdDevLevel:売買注文を入れる際の14期間の15分足標準偏差の下限レベルを設定します。15分足の標準偏差がこの設定数値以上の時のみ注文が行われます。(ボラティリティが低いときに注文をしないための設定です。設定値を下げすぎるとトレンドがない場合にも、注文が行われる可能性があります。) ---------------- --利確損切設定-- SLR:自動的に算出された損切幅に対して掛ける係数になります。 TPR:自動的に算出された利確幅に対して掛ける係数になります。 MaxSL:最大で注文されうる損切幅Pips数 MaxTP:最大で注文されうる利確幅Pips数 ) ----------------- --複利機能設定-- MMFunction:trueで複利機能がオンになります。複利機能がオンの場合は、残高からロットが自動算出され注文がなされます。オフにする場合はfalseにして下さい。 AccountUSD:ドル建て口座の場合は、trueに設定して下さい。円建ての場合は、falseにして下さい。間違った設定をすると複利機能が正常に動かない場合があります。 MMLeverage:複利機能で算出したロット数にレバレッジをかけるかの設定です。大きくしすぎると、資金が破綻する可能性がごさいます。 LowerLots:複利機能で算出された際に適用される最小のロット数(最小下限値は0.06ロットです。) UpperLots:複利機能で算出された際に適用される最大のロット数 ) ----------------- パラメーターの設定方法は以上となります。 次にバックテスト時のパラメーター一覧になります。 ・USDJPY複利なし --トレード設定-- Slippage:3 MAGIC:任意の数字 Lots:1(最低ロット数は0.06) StdDevLevel:0.075 ---------------- --利確損切設定-- SLR:1.5 TPR:4.0 MaxSL:200 MaxTP:400 ----------------- --複利機能設定-- MMFunction:false AccountUSD:true(口座がドル建ての場合) MMLeverage:10 LowerLots:0.06(最低ロット数は0.06) UpperLots:20 ----------------- ・USDJPY複利あり --トレード設定-- Slippage:3 MAGIC:任意の数字 Lots:1(最低ロット数は0.06) StdDevLevel:0.075 ---------------- --利確損切設定-- SLR:1.5 TPR:4.0 MaxSL:200 MaxTP:400 ----------------- --複利機能設定-- MMFunction:true AccountUSD:true(口座がドル建ての場合) MMLeverage:10 LowerLots:0.06(最低ロット数は0.06) UpperLots:20 -----------------TesterGraph.gifTesterGraph.gif
販売開始日: 2020年9月14日 10時55分
利用者数: 0名

価格:¥25,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

フォワードテスト
バックテスト

販売開始日: 2020年9月14日 10時55分
利用者数: 0名

価格:¥25,000 (税込)

DVD郵送オプション対応商品
DVDに記録してお届け(+550円)詳細
購入額5,001円以上で
銀行振込手数料をお戻し中

お支払い方法

特定商取引法に基づく表示

会社名

株式会社ゴゴジャン
運営統括責任者

早川忍
郵便番号

〒113-0033
所在地

東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F

お問い合わせ

お問い合わせページよりお願い致します。

電話番号

03-5844-6090

営業日

月曜日~金曜日

営業時間

10:00~19:00

販売商品・サービス

セミナーのリアルタイム動画配信サービス・動画配信サービス、対面式セミナー、電子書籍、ソフトウェア、シグナル配信、セミナーのビデオ



※セミナーのリアルタイム動画配信サービスとは、セミナー実施時に即時弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーの動画配信サービスとは、保存されたセミナー動画を弊社サーバーより配信するサービスです。

※セミナーのビデオとは、保存されたセミナー動画をお客様のPCにダウンロードするサービスです。

商品の発送方法、ご提供方法

オンライン上でのダウンロード、または配信

ホームページURL

https://www.gogojungle.co.jp/

商品の発送時期、 ご提供時期

原則として弊社によるお客様のご入金完了後即ご提供いたします。
商品代金以外の必要料金

銀行振り込みご利用の場合は、商品代金(税込表示)に加えて振り込み手数料がかかります。
ご注文方法

ホームページ上の専用申込フォームよりご注文ください。
お支払い方法

銀行振込 / クレジットカード決済/ Web口座振替/ コンビニ決済


ファミリーマートでのお支払い方法


デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアーでのお支払い方法


お支払い期限

お申込み日から2日以上経つ場合、お申込をキャンセルさせていただきます。予めご了承ください。
商品注文後のキャンセルについて

1.セミナーのリアルタイム動画配信サービス、動画配信サービスは配信実施24時間前以降のキャンセルはお受けいたしておりません。ご返金対応ができませんので十分ご注意ください。

2.対面式セミナーは、開催の3営業日前以降のキャンセルおよびご返金はお受けいたしておりません。

3.電子書籍、ソフトウェア、ビデオは、著作権保護の観点からお客様のダウンロード実施、または購読開始以降はキャンセルできません。ご返金対応ができません。予めご了承ください。


ご返金にかかる費用

お客様のご都合によるご返金は、銀行振込・コンビニ決済・Web口座振替の場合振込手数料がすべてお客様負担となります。

カード決済ご利用の場合手数料は生じません。あらかじめご了承ください。


注意点


当ページに記載する「発送方法、ご提供方法」「発送時期、 ご提供時期」「代金以外の必要料金」「注文方法」「お支払い方法・期限」
「商品注文後のキャンセル」「返金にかかる費用」の各項目はGogoJungleで販売する全ての商品に適用されますが、商品毎にご案内がある場合は、
商品毎に記載いたします。
GogoJungleが販売者である場合は、商品ページにGogoJungleの「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が販売者であり、且つ出品者が「事業者」である場合は、出品者の「特定商取引に関する法律」に基づく表記を行ないます。
出品者が「事業者」に該当するかは出品者の判断によります。ただし、 経済産業省 特定商取引法の通達の改正について
「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/amendment/2016/pdf/amendment_171206_0001.pdf

を鑑み「事業者」であることが明らかな出品者については、「事業者」として扱い開示請求があった場合は迅速に対応します。