日本語

東京午後の動き ポンド円史上最安値を更新

東京午後のドル円相場は、 安値更新後に反発をみせました。 序盤は東京午前に引き続き、 本邦株式市場が軟調に推移したことや 欧州通貨の下落を受けた事で、 90円付近まで下げ幅を拡大しましたが、 クロス円の買い戻しに連れ高となり、 90.40円台まで急反発しました。 一方、英大手銀RBSの 巨額損失計上の見通しを背景に、 ポンド売りが加速した模様で、 ストップロスを巻き込みながら ポンドドルは1.4130ドル台の 安値を更新する展開となりました。 その後はショートカバーによって 値を戻す場面も見られましたが、 現在は1.4100ドル付近で揉み合いとなっています。 また、ポンド円も127.30円台の 史上最安値を更新する展開となりましたが、 現在は若干値を戻しています。 東京終値は、 N225 8065.79[-191.06] TOPIX805.03 [-12.70 ] と、大幅マイナスにて終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。