Languages

各国の金融政策が裏目になる年に。いずれ相場が答えを出すことに・・・・年末ドル円、ポンド円の下落を的中させたAsk Ultimate次なる注目通貨はユーロドルへ

各国の金融政策が裏目になる年に。いずれ相場が答えを出すことに・・・・年末ドル円、ポンド円の下落を的中させたAsk Ultimate次なる注目通貨はユーロドルへ


年が明けて市場は、2週目の週末となったが一向に落ち着きを見せない状況になっているようだ。今週は、ECB追加緩和後退や日銀黒田総裁からも緩和期待を後退させる発言もでて今この相場での材料(リスクオフで株安、円買い、ユーロ買い)に対して追い討ちをかける材料にもなったようだ。
ただ何時までも緩和政策を継続させるわけにもいかずどこかでタイミングをはかり政策変更をしなければならないのも事実であるとともにいち早く政策の変更をした米国も以前実行した緩和を正当化させる上で昨年正常化ではあるものの利上げを実行した行動もどちらが正常の道を歩んでいるのかは今後市場が答えを出していくことになるだろう。
早ければ今年なのかもしれない。これまで各国が行為に金融市場を動かして成功した例は無く少なからず金市場は振り出しに戻る修正も頭の隅においていきたいとことだ。さて日経平均、ドル円共に週明けは、数年ぶりに週足に売り点灯が確定の模様で少なくとも今後数ヶ月戻り売りが優勢となりそうだ。ブログ等でも日足などで解説していたので既に利益を得た状況なので本日は、ユーロドルに注目してみた。チャートは、Ultimateインジケーター日足で週足こそまだ売り優勢だが直近の安値が昨年最安値でダブルボトムを伺う動きとなっており先週ようやく日足で強サイン点灯した。
週足では、早ければ2、3週間後に買い転換する可能性がありこの辺りにも注目しながら日足での一目雲の下限をサポートしながらの展開をうかがいたいところだ。まだまだ米ドル大転換という流れにはなっておらず米ドル相場を見極めるには豪ドルドルなどの底打ちを確認したいところで目先ユーロドルが先導して上昇できるかに注目となりそうだ。
安値圏での日足、週足での買いサインがでればポンド円大暴落時のように一気に動き出すチャンスを物にできそうだ。年末コメントしていたようにユーロドルは、大反転の準備期間継続中とみてもいいでしょう。

16-1-16-ultimate-yurodoru-hiasi.png