日本語

東京午前の動き テクニカル分析

東京午前のドル円相場は、 序盤はオバマ次期政権の 景気対策への期待感や、 英政府の金融機関に対する、 追加支援策の報道などから 窓を開けてオープンし、 91円台乗せとなりました。 クロス円の動きにつれて 91.30円台の高値を更新した後は、 本邦実需筋などの売りによって 90.60円台まで売られましたが、 現在はやや値を戻し、 90.90円台で推移しています。 東京前場終値は、 N225 8293.07[+62.92] TOPIX820.93 [+3.04 ] と、プラスにて終了しています。 ■GBP/JPY 1時間足チャート■ 1時間足システムトレードでは、 ロングサインが出ています。 60MAの132円付近を下回らない限り、 上昇トレンドは継続する可能性が高そうです。 今後の動きに注目しましょう。